過去10年間に4件を確認! 福田会長、谷岡副会長…日本レスリング協会での伊調馨パワハラ問題で往生際の悪い面々

五輪4連覇を達成、国民栄誉賞を受賞した女子レスリングの伊調馨(33)らに対するパワハラ問題。発端は日本レスリング協会で強化本部長を務めていた栄和人氏(57)から「パワハラを受けた」と、同協会の所管である内閣府に告発状が送られたことだった。
この問題を巡って、当初、レスリング協会は福田富昭会長が「パワハラはなかった」と断言。さらに栄氏が在籍し、レスリング部の監督を務める至学館大学の学長で、レスリング協会の副会長も務める谷岡郁子氏に至っては「(栄氏は)パワーのない人間」とし、その上で「パワーのない人間によるパワハラというのは、一体どういうものなのか、私には分かりません」「そもそも、伊調馨さんは選手なんですか?」などと憮然とした表情で言い放っていた。
ところが、この問題で同協会が設置した第三者委員会が「パワハラがあった」と認定したことから、さすがに面目丸潰れだ。
それによると、第三者委員会は3人の弁護士によって、08年8月から18年3月8日までの10年間についての状況を、伊調ら19人から聞き取り調査をしたという。で、その中から4件のパワハラがあったことを認めた。
そのうち2件は伊調が栄氏から離れた10年に直接受けたもので、女子合宿中に伊調を部屋に呼び「よく俺の前でレスリングができるな」という発言をしたことと、その後の代表選手の選考で11月の「アジア大会」に選出しなかったことを挙げている。
また、告発状に関しては、以前に、この欄でも記したのだが、実際にはレスリングの元男子日本代表コーチの田南部力氏と安達巧氏も関わっていたことが明らかになっているが、今回のパワハラ問題では、栄氏が「(伊調のコーチだった)田南部氏に伊調のコーチをやめさせようとした」ことや「男女合同合宿で田南部氏の外出だけを叱責した」ことも認定した。
その一方で、警視庁の練習場への出入りを禁止したことなどは除外させており、曖昧にした感じだったが、どっちにしろグレーな部分が多々あることは否めない。
五輪を目指す選手にとっては、それこそ人生を賭けた「勝負の世界」である。それだけに、常にフェアであることが要求されているのだが、現実は「嫉妬」と「妬み」が渦巻いている。馳浩元文科相は、今回の事態に「顔面蒼白になったようにショックだった」なんて言っているが、五輪代表(84年=ロス五輪)の経験もある元プロレスラーなんだから、そういった現実は十分に認識していたはずである。〝ヤンキー先生〟(義家弘介文科副大臣)といい、国会議員になると人格が変わってしまうのは何故でしょう…。
何れにしても、今回の調査結果に伊調は「日本レスリング協会がアスリート・ファーストの確立に尽力されること信じており、私なりに努力してまいります」とする一方で、内閣府の調査結果も待つ意向を示した。しかし、このコメントを見た限りでも、この協会の実態が透けて見えてくる感じだった。
そもそも至学館大学の谷岡学長がレスリング協会の副会長で、その協会の強化本部長が同大のレスリング部監督の栄氏ということ自体がアンフェアであり、それこそ一極集中になりやすい。確かに、至学館大学は過去にも有能な選手を多く輩出しているが、それは、ある意味で、当然だろう。と言うより、ここまで組織の中で強大になれば、福田会長だって選手より栄氏を庇ってしまい、谷岡学長が伊調に対して暴言を吐くのも当然といえば当然だったのかもしれない。
今回のことで栄氏は「自分の不徳の致すところ」として強化本部長を辞任した。だったら、道義的に福田会長はもちろん、谷岡学長についても協会副会長を辞任すべきだろう。実に往生際が悪いと言うしかない。
それにしても、ここにきて日本相撲協会にしても、財務相や厚生省、文部科学省…など各省庁も含め思うのは、やはり内部の人間だけで組織を固めると腐敗していくということである。結局は、外部の――第三者の目を取り入れることは重要だ。
ま、そういった部分でレスリング協会は救われた部分があったと思うしかない?