フジテレビ開発のソフトが米Appleの映像フォーマット「Apple ProRes」に公式認定

 フジテレビが自社開発し製品化しているCG画像計算の分散処理ソフトウェア「RENDER SPICE」が、米Apple社の映像フォーマット「Apple ProRes」の公式認定を取得した。従来、公式認定される企業の多くはメーカーだった。日本の放送局では初めての取得となったが、放送局としては世界で5社目だという。番組制作はダメでもソフト開発は負けてない?
 今回の公式認定を受けて「RENDER SPICE」の計算結果がProResの公式フォーマットで出力できるようになり「編集作業や素材の受け渡しの効率が大幅に高まり、CG制作現場のワークフロー改善も可能となる」と関係者。
 なお、ProResフォーマットが出力できる「RENDER SPICE」の新バージョン(macOS対応Ver2.0)は、年内のリリースを予定している。
 映像フォーマット「Apple ProRes」は、Apple社が開発した高品質の映像フォーマットの1つで、世界中の放送用コンテンツを中心に映像制作の中で幅広く使われている業界標準のプロ仕様のファイルフォーマット。
 HD以上の高度なCG制作において、単一の作業マシンだけではCG画像の計算時間(レンダリング)が膨大にかかることを解消するために、同局では、複数マシンの巨大な計算パワーを連携させてCG画像計算を高速に処理するソフトウェア「RENDER SPICE」を、局内CG制作向けインハウスツールとして06年に開発。その後、08年に特許出願・製品化しており、同局が制作するドラマやアニメなどのコンテンツ制作過程で使用しているほか、同局以外のCGプロダクションでも多くの使用実績があり、その処理能力の高さで好評を得ている。
開発者はフジテレビIT推進センターの新井清志氏、フジテレビデジタル技術運用部の遠山健太郎氏。製品の標準小売価格は税別2万円。

黒沢清監督が日本とウズベキスタンによる国際共同で「世界の果てまで」製作へ!

映画「トウキョウソナタ」や「リアル〜完全なる首長竜の日〜」「岩辺の旅」などで知られる黒沢清監督が、日本とウズベキスタンによる国際共同製作作品「世界の果てまで(仮)」を手がけることになった。1992年1月の国交樹立から25周年、日本人が建設に関わり47年10月に完成したナボイ劇場の70周年を記念した合作映画。東京テアトル配給で2019年に公開を予定している。
黒沢監督が自身のオリジナル脚本で挑む。日本のテレビバラエティ番組のクルーとともにウズベキスタンを訪れた女性タレントが、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって、新しい世界が開かれ成長していく姿が描かれる。
撮影は駐日ウズベキスタン大使館、ウズベキスタン政府国家観光発展委員会、国営映画会社ウズベクキノなどの全面的協力のもと、ウズベキスタンでのオールロケーションで4~5月に撮影するという。
今回の映画製作とテーマについて黒沢監督は「シルクロードのど真ん中に、何の予備知識も持たないひとりの若い日本人女性を放り込んでみた」とした上で
「彼女の唯一のとりえは並外れた用心深さ。押し寄せる異文化を警戒し、拒絶し続ける彼女は、果たしてこの国を理解することができるのか。また、この国の人たちも、そんな彼女をひとりの人間として認めてくれるのか。今回の映画が扱うテーマはそれ。実は、私自身もう何年もそういう状況に直面している」
と意欲を語っていた。