小林幸子が自らの作品をタイトルにしたに新潟・佐渡ヶ島の日本酒「越後情話」をプロデュース

 新潟県出身の演歌歌手・小林幸子が、新潟県産の日本酒「越後情話」をプロデュースすることになり、JR目黒駅近く、ホリプロ脇の居酒屋「庄や」でお披露目イベントを行った。
プロデュースするのは自身の代表曲をタイトルにした日本酒。
FullSizeRender.jpg「私には『雪椿』と言う新潟を歌った代表曲があるんですが、その他に、もう一曲、『越後情話』という作品があったので、そのタイトルを今回、使用することにしました」。
新潟県は日本酒が一番多いところ。その中で、今回は敢えて「佐渡の酒」を使うことになった。
小林は「『越後情話』の中の詞で〝佐渡ヶ島〟という地名が出てくることも大きな要因になりました」と、自らの作品を引き合いに出して説明するが、実際には佐渡ヶ島が、酒造りにおいて最も大切だとされている「良質な酒米」「綺麗な水」「澄んだ空気」と三拍子揃っていたことが決定打となった。初めて自らプロデュースする日本酒だけに小林の拘りは人一倍だったよう。
「とにかく飲み口がいいんです。キリッとして爽やかな酒に仕上がっています」。
その上で「やはりプロデュースする以上は佐渡の自然の恵みを大切に米・水・風土・人に拘った酒造りをしたいと考えました。もちろんお酒には〝美味しくなれ美味しくなれ〟と、私の歌をいっぱい聴いてもらっています。ですから、男性ばかりではなく、女性からも〝美味しい〟と言ってもらえるような日本酒になっていると思います」。
酒だけではない。ボトルもプロデュースしている。
「ブルーに拘ったボトルとデザインにしました。もちろん、ラベルの文字も私が書かせていただきました」
11月下旬に発売されると言うが、今回はラベルに日本酒としては初めて「QRコード」を入れているという。スマホなど携帯でアクセスすると、カウンターに座った着物姿の小林の映像が流れ「私 と一緒に飲みましょう」と囁いてくれるのだ。これは酒の肴になりそうなネタである。
「スマホに映った私と乾杯してもらえたら嬉しいですね」。
2017年の年末年始は、小林幸子と「越後情話」で乾杯か!?

新宿の人気ラーメン店「桂花ラーメン」

2017090318400000.jpg


「桂花ラーメンは美味しい」
「業界人ならみんな行ったことあるんじゃないの」
なんて某氏が言うから、どれどれと新宿アルタ裏近くにある新宿東口駅前店に。 初心者なので、ここは基本の「桂花拉麺」720円を注文。
確かに、出て来たラーメンの豚骨鶏がら白湯のスープは「美味しい」と言うより「旨い」。具もメンマ・茎ワカメ・わけぎが合っていた。
が、中太でやや固めの麺には個人的に残念だった。
もちろん好みだから何とも言えない。けど、ラーメンはスープと麺とのコンビネーションが重要。そう考えたら、このスープだったら麺はやや柔らかめの方が良かった。次に行くとしても好みに合わせて麺の固さに幅がないのが難点だろう。
と言うわけで評価は星3つ半ってとこか。 とは言いつつもスープだけはマジに旨かった。
結局、人気店というだけの話。美味しいかどうかは十人十色。
だけど、その昔、東横線の学芸大駅の近くで深夜に出ていた屋台のラーメンは絶品だった。あのラーメンの味だけは忘れられない…。
因みに、「桂花ラーメン」は太肉麺の人気が高いようだ。また、新宿ふぁんてん店は、麺の硬さを選べるらしい。