著作権フリーだから誰でも自由にDLできる…三重・四日市ののゆ るキャラ?こにゅうどうくん?のテーマ曲

 三重県四日市市のマスコットキャラクター〝こにゅうどうくん〟のテーマ曲「SUNRIZE!43〜こにゅうどうくんのテーマ〜」が制作された。パーカッショニストで音楽プロデューサーの斎藤ノブがプロデュースし地元出身のボーカリスト、浦嶋りんこが歌っている。東京では日本橋の三重テラスで浦嶋が参加してのトークショーが開催されたが、地元では8月5日に開催される「大四日市まつり」の中の「おどりフェスタ」で披露されるという。
2017071723200000.jpg

↑こにゅうどうくんと浦嶋りんこ

〝こにゅうどうくん〟は、同市に伝わる〝からくり人形〟の「大入道」の息子という設定で、市制施工100周年だった97年に生まれた。一昨年の「第66回NHK紅白歌合戦」にも出場し、得意なダンスを披露し人気を集めた他、昨年はくまモン(熊本県)や出世大名家康くん(静岡県浜松市)などがグランプリとなった「ゆるキャラ・グランプリ」で17位を獲得した。全国で1500体以上が活躍していると言われるゆるマスコットキャラクターの中でも注目を集めているという。
その?
〝こにゅうどうくん〟も今年は生誕20周年。しかも市制120年を迎えることから新たにテーマ曲を制作し、活動の幅を全国に広げて行くことになった。〝成人〟になったことで「これまで以上に四日市のシティプロモーションの一翼を担ってほしい」と厳しい?任務が与えられた格好だ。
テーマ曲をプロデュースしたのは音楽プロデューサーで、パーカッショニストとしては松任谷由実や中島みゆき、吉田拓郎、B’z、浜田省吾などの作品にも参加している斎藤ノブ。そしてボーカルに抜擢されたのは四日市出身で久保田利伸やDREAMS COME TRUE、B’z、KinKi Kidsなどのバックボーカリストとして知られる浦嶋りんこ。
作品としては「若者らに応援メッセージを送る」ことをコンセプトに、ポップなダンスミュージックに仕上げている。「浦嶋のパワフルなボーカルと、こにゅうどうくんのエキサイティングなダンスは注目を集めるはず」とは同市シティプロモーション課の担当者。また、森智広市長も「(〝こにゅうどうくん〟と)一緒に四日市を盛り上げていきたいといきたい」とアピールしている。
特に、同曲の特徴は「著作権フリー」としているのが大きなポイントだ。斎藤や浦嶋を含め楽曲に携わった全員の承諾を得た上で楽曲はJASRACに登録していないことから、同市のホームページ上から誰でも自由にダウンロードが出来る他、ダウンロードではなくCDが欲しい人や楽曲利用を希望する人に対しても同市のシティプロモーション課に問い合わせれば対応するという。
東京・日本橋の三重テラスでは先ごろ「四日市STYLE〜120年の絆 これからもずっとこの街で」と題した市制施行の記念イベントが開催された。イベントでは浦嶋が参加してのトークショーも行われテーマ曲が紹介された。
地元の四日市では8月5日に開催される「大四日市まつり」の中の「おどりフェスタ」で浦嶋とこにゅうどうくんが登場しての〝生うた〟とダンスが初披露される予定だ。

〝メギド〟だとか〝アクロ〟だとか、そんなのどうでもいいじゃな いか…PIERROT とDIR EN GREYがジョイント・ライブ

ビジュアル系ロックの「二大カリスマ」と言われる〝PIERROT(ピエロ)〟と〝DIR EN GREY〟が7、8日の両夜、横浜アリーナで初のジョイント・ライブ「ANDROGYNOS」を行った。常に対立してきたバンドの競演だけに「宗教戦争勃発」と言われるなど注目度も高かったが、「戦ってますか?でも、戦いなんてどうでもいい、楽しんじゃえばいい」とPIERROTのキリトは雄叫びをあげた。
IMG_5696.jpg

DIR EN GREYとPIERROTは、ビジュアル系のバンドが全盛期だった95年後半から00年代前半にかけて?二大カリスマ?として人気を集めた。特に、東京・原宿の神宮橋には、双方のファンが詰めかけ、彼らの楽曲「アクロの丘」(DIR EN GREY)と「メギドの丘」(PIRROT)というタイトルが地名がつけられたと言う。2つのバンドのファンはコスチュームで競い合い、その後「2つの宗教(バンド)の信者(ファン)による抗争」にもつながったそうで、「ファンの間では〝神宮橋の宗教戦争〟として語り継がれている」と言う。  今回のコンサートは、その〝二大カリスマ〟が同じステージに立ち演奏で戦うだけに、ビジュアル系ファンにとっては「今年、最大のイベント」と盛り上がってきた。
PIERROTのキリトは「〝メギド〟だとか〝アクロ〟だとか、そんなのどうでもいいじゃないか。もともとは1つだった。その後、分かれていた時もあったが、今夜、また1つになった。みんなが楽しめればいい」とファンに呼びかけると、「MAD SKY」「Adolf」「脳内モルヒネ」など全14曲を歌いきった。
2017070915500000.jpg
一方のDIR EN GREY も「ピエラー(PIERROTのファン)の皆さん、今晩は。DIR EN GREY です。今日は1つになるんだ」と登場するや「朔ーSAKUー」や「GRIEF」「アクロの丘」など、アンコールを含む15曲を歌った。
今回のコンサートでは、ステージは「危険地帯」とし、ステージの最前列を「前線基地」、さらに、その周囲は「緩衝地帯」、そしてセンター席の後方を「中立地帯」、スタンド席を「非武装地帯」と細かく分けるなどでファンのモチベーションを上げていた。さらに、座席内には両バンドの曲目が使用されている。会場内の趣向を凝らした配置はファンにも大好評だった。
2017070916240000.jpg

※プロフィル
DIR EN GREYは、今年、結成20年目を迎える。
「世の中の矛盾や人のエゴから発生するあらゆる痛みを世に伝える」ことをコンセプトに結成した5人組。インディーズ時代からコンサート中心の活動を続け、ビジュアル系ロックの雄として圧倒的な人気を誇る。
一方のPIERR0Tはメンバーはボーカルのキリトと中心にアイジ、潤、KOHTA、TAKEOの5人組。メジャーデビューは98年だが、活動開始は95年。デビューの翌年には、デビュー最短で日本武道館公演を行い話題になった。しかし、06年4月2日の東京・日比谷野音でのライブを最後に突如、解散を発表、その後はコンサートはもちろん、釈明もしないままファンの前から姿を消していた。ところが、3年前の14年10月に、さいたまスーパーアリーナで2daysのライブを突然に敢行、ビジュアル・ファンを熱狂させていた。

湘南出身の注目アーティスト…ヴィオラ&ピアノの異色姉妹デュオ〝MARIERIKA〟

東京・恵比寿の恵比寿アート・カフェ・フレンズにヴィオラとピアノの姉妹デュオ〝MARIERIKA〟のライブ「SKY EYE LIVE♪ vol.5」を観に行った。ANA機内上映番組「SKY EYE〜空からのメッセージ〜」のテーマ曲「雅〜mi ya bi〜」などを手がけている。「SKY EYE〜空からのメッセージ〜」に合わせてのスペシャル・ライブで、「空」をテーマにした作品を中心に姉妹ならではのコンビネーションで会場を魅了していた。 2017070202300000.jpg

〝MARIERIKA〟は、国立音楽大学楽器学科卒業のERIKA(ピアノ=姉)と東京音楽大學楽器専攻のMARIE(ビオラ=妹)の姉妹で2006年に結成された。「湘南の姉妹デュオ」として茅ヶ崎市を中心に注目を集めてきた。 「人の声に近い音色のヴィオラと、キラキラと輝くピアノの音色を生かして?ヴィオラとピアノのツイン・ボーカル?と自分たちではアピールしてきました」(MARIE)と言う。  年齢は4歳の違いはあるが意気はピッタリ。「年齢差は感じません」。 「SKY EYE〜空からのメッセージ〜」の音楽担当して5年魔になる。現在、彼女たちの書き下ろした「雅〜mi ya bi〜」が起用されているが、搭乗者からの問い合わせも多いと言う。 内容は、47都道府県を〝MARIERIKA〟の音楽に乗って紹介するもので「基本的には機内上映ですが、最近はYouTubeでも観ることが出来るようになりました。今は千葉県の紹介映像になっています」(ERIKA)。 その他にも、千葉・舞浜で行われた「モスバーガー共栄会全国大会」のテーマ曲を担当したり、そごう横浜店30周年を記念して制作された開店と閉店時に使用される音楽も担当した。その一方、熊本城・本丸御殿内でのライブを機に、昨年の熊本地震以降は定期的に「熊本地震復興支援チャリティー・コンサート」も行なっている。 既に4枚のオリジナル・アルバムを発売している。今回のライブでは、最新アルバム「雅〜mi ya bi〜」の収録曲を中心に演奏した。「SKY EYE〜空からのメッセージ〜」は5年目の今年が一区切りになるが、来年以降は「SKY EYE WORLD」として、海外便での起用も検討されていると言う。「新しい曲を作って、今度は海外の搭乗者からも評価されたい」(MARIE)と言う。その上で「海と空は繋がっていると思うし、湘南の出身なので、そういったイメージを大切にした曲作りをしたい」とも。 新曲は、洋楽器で〝和〟のテイストを取り入れたサウンドを独自の感性で奏でたと言う「利休」と言う作品も作った。ERIKAは「和ジャズだと思っています。将来、お茶のCMに使ってもらえたら嬉しいですけどね」。 ヴィオラとピアノ演奏で、ボーカルがないだけにインパクトに欠けると言う声もあるが、そういった部分も2人のキャラクターで補っていけそうだ。 <br class=”shot-clear” />

紗倉まなが司会に初挑戦!SEXY−J が新宿ReNYでファン・イベント…白石茉莉奈、天使もえ、浅田結梨、尾上 若菜ら9人が総出演

2017070203110000.jpg人気セクシーアイドルが一堂に会した〝SEXY−J〟のファン・イベント「SEXY−J FANMEETING LIVE2017」が、東京・新宿ReNYで行われ、紗倉まな(24)が司会に初挑戦した。「出演者が気持ちよく歌ってもらえるように頑張りました」。
 〝SEXY−J〟は、3年前に結成したセクシーアイドル・グループ。
関係者によると〝恵比寿マスカッツ〟に対抗して活動をしていると言い、白石茉莉奈や天使もえ、きみと歩実、浅田結梨、尾上若菜ら9人が参加した。
もっとも〝恵比寿マスカッツ〟との大きな違いは「セクシーアイドルに昭和歌謡を歌わせる」のが基本コンセプト。これまでにグループとしては「セーラー服を脱がさないで」や「青春のフラッグ」などを歌ってきた他、個人としても小島みなみと紗倉がデュオで「後から前から」、続いて、白石茉利奈「1986年のマリリン」、天使もえ「亜麻色の乙女」、きみと歩実「学園天国」などを発売してきた。「70年代、80年代ブームに乗ってファンも増えている」と言う。
FullSizeRender.jpg

また、セクシー女優というイメージを取り払い楽曲を優先した振り付けにしているのも、これまでにない戦略。イベントやコンサートも大盛況で、今回のファンイベントも発券分の700枚が即日完売だったという。
 ステージはメンバー全員による「セーラー服を脱がさないで」で幕を開けた。続けて白石が「DESIRE〜情熱〜」、栗原里莉が「気まぐれヴィーナス」、そして春原未来が「タッチ」などを熱唱、約2時間にわたってのエキサイティング・ステージを繰り広げた。
 「音楽活動は18禁じゃないので、幅広い人たちから支持されるように頑張りたい」(白石)と意欲を見せていた。紗倉も「歌は大好き。?SEXY−J?が歌うことで、出来れば老若男女、幅広い世代に親しまれ流ようになればいいなと思っています」とアピールしていた。
 紗倉は、2ヶ月前(5月)に「腎盂(じんう)腎炎」に感染して入院、何本かのスケジュールをキャンセルした。「イベント会場に移動中、急に高熱(39.8度)になって動けなくなった」と言う。「風邪かと思って風邪薬を飲んでいたんですが高熱になって驚いた」とも。しかし、今回のイベントでは元気一杯、初挑戦とは思えないほどの堂々とした司会、進行ぶりを見せた。
「これからも、色々なことにチャレンジしていきたい」と意欲十分だった。