セクシー・アイドルから脱却⁉ マキタスポーツがプロデュース…紗倉まなと小島みなみの“乙女フラペチーノ”第3弾新曲

格的なアーティストを目指したい――人気セクシー・アイドルの紗倉まな(23)と小島みなみ(23)のユニット“乙女フラペチーノ”が、8月26日に発売される新曲「私ほとんどスカイフィッシュ」に意欲を見せている。
3年前の13年に、畑中葉子が歌って大ヒットした「後から前から」のカバーで歌謡界に電撃デビュー。その後、アニメソングの「ムーンライト伝説」を発売し、今回が第3弾目となる。「過去2作はカバー曲だったんですが、今回はオリジナル曲で勝負しようということになったんです」と小島。
2016072911100000.jpg
新曲は、たけし軍団の一人でお笑いミュージシャンとしても人気急上昇中のマキタスポーツがプロデュースしている。紗倉は「今回は作詞をマキタさんが自ら書き下ろしてくれこともあって、新しいタイプの個性的な作品になっています。でも、詞の内容は意外に女の子目線で描かれていて、私たちの好きなワードが各所に盛り込まれているんです」と紗倉はアピールする。
曲はアップテンポでリズミカルなダンスナンバー。「ダンスは好きなので楽しい」と紗倉が言えば、小島は「耳に残る曲なので、きっと興味を持っていただけると思っています」(小島)と自信を見せる。
セクシー女優というイメージを取り払い楽曲を優先した振り付けにしているのも、これまでにない戦略で現在、ユニットとは別に昭和歌謡を蘇らせるセクシー・グループセクシーJとしても活動している他、小島は恵比寿マスカッツにも参加している。
イベントやコンサートはどこも盛況だ。「音楽活動は18禁じゃないので、幅広い人たちから支持されるように頑張りたい」(紗倉)と言う一方で「歌手デビューして3年ですからね。ワンランクアップしてアーティストの仲間入りをしたい」(小島)と意欲を見せていた。