鬱病、子宮筋腫、骨折、そして子宮頸がんを克服の愛葉るび…「水優里」に改名し心機一転〝スピリチュアル・ナビゲーター〟で再出発!

FullSizeRender.jpg鬱病を患う中、子宮筋腫、骨折、そして子宮頸がんで入退院を繰り返し、芸能界から遠ざかっていた元祖お菓子系セクシー・アイドルの愛葉るび(33)が、心機一転水優里(みゆり)に改名して芸能界復帰を目指すことになった。闘病生活を克服するキッカケになったのが都内近郊のパワースポット。復帰後は女優や歌手活動の他、日本を訪れるアジア各国の人たちに日本のパワースポットを紹介するスピリチュアル・ナビゲーターを目指すという。
大学で哲学を学ぶ傍らお菓子系アイドルからAVに転身、その後、本格的な女優を目指して舞台や映画、さらにはライブ活動にまで活動範囲を広げた。彼女の異色の活動が注目されドキュメンタリー「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ)で放送されたこともあった。
しかし、「仕事の幅を広げすぎた」ことが、逆に精神的負担になり「精神不安定な状態が続いていった」と言う。そういった状態に耐えられず3年前に芸能界からの引退を宣言。私生活は「引きこもり状態になっていた」そうだ。
そういった中で、体調を崩し、診断されたのが「子宮筋腫」だった。薬物での治療と手術で体調は改善したが、その数か月後、今度は都内の地下鉄の駅の階段で誤って転倒、左腕を骨折する大けがを負った。「とにかく、何もやる気が起こらず気持ちに緩みがあったんだと思いますね」と当時を振り返る。骨折は完治するまでに半年以上かかったという。
ようやく、骨折が治った昨春、再び体調を崩し、病院で診断してもらったところ、今度は「子宮頸がん」が発見された。ステージ3と告知された。あまりの衝撃に「正直言って生きていることがイヤになった」とも。担当医から、早期の手術を勧められ入院した。「鬱病になる直前は、テレビやビデオで心霊スポットの潜入レポートするお仕事が増えていたので、生霊が乗り移ったんじゃないかと思いましたが(笑)、その後の2~3年は精神的にも生活的にも絶望と悲観の毎日でした」。
昨夏までは再び治療に専念したが「抗がん剤の治療が一番辛かった。正直言って後遺症も酷かったし…」。その一方で「不思議と興味を抱くようになった」のがパワースポットだった。ネットや関係書などを調べ都内近郊のパワースポットを回った。すると「不思議に心が癒されるようになった」という。「具体的には言えないのですが、何か、気持ちの中に吹っ切れたものがあったんです。自分でも意外だったんですけど、もう一度頑張れるような…」。
昨秋から、気持ちの整理を始め、今年に入ってから本格的な活動を目指して動き出した。心機一転の気持ちから名前も「愛葉るび」から「水」を一文字入れて気運と運気を高めるために「水優里」(みゆり)に変えた。
「年齢的にはセクシー系ではありませんが、以前のようにお芝居や歌はやっていきたいと思っていますが、一番やりたいのはパワースポットを紹介するスペシャリスト。ここ数年、アジア各国から日本に多くの観光客が来ていますが、その人たちに日本のパワースポットを紹介したんです。今、進めているのは情報アプリを使ってのものになりそうですが…」と言い、心機一転〝スピリチャル・ナビゲーター〟として再出発したいとか…。