余りの成長の無さに制作現場サイドも…。〝1年経っても成長しない〟と評判のラジオ・パーソナリティーが5時間の生番組を担当⁉︎

「1年経っても成長しない」と評判のラジオ・パーソナリティーが評判になっている。埼玉県のFM局、FM NACK5で4時間ものアイドル系生番組「i Meet Up!]を担当しているだいすけ(33)だ。余りの成長の無さに制作現場サイドは、頭を悩ませ何度も交代を上層部にて意見してきたが、上層部は「素人ぶりが逆にアイドルの番組らしい」と交代を認めず、何と番組改編期を乗り越え2年間に突入することになった。
FullSizeRender.jpg
「おそらく、日本全国のどこを探しても彼以下のラジオ・パーソナリティーはいないと思います」。
同局の放送本部長の片岡尚常務は逆に胸を張る。
だいすけは、大学在籍時に「料理人になる」と言い出し、大学を中退、神奈川県内のレストランで修行を重ね、独学で調理師免許を取得した。現在も、パーソナリティーとして出演する一方、神奈川県内の居酒屋で魚をさばいている。さらに俳優を目指して日夜、レッスンにも励むという変り種だ。
そんな、彼の姿に興味を抱いた片岡常務が異例の抜擢をした。
「料理人が番組をやるというのは珍しくはないのですが、成功もするわけがないのに何故か俳優も目指しているし、しかも会ってみると特異なキャラの持ち主。今は、アイドルも素人感覚になってきてるし、彼のようなラジオ・パーソナリリティーがいてもいいと思った」と片岡常務は言うが。
その一方で「正直言って酷い。現場が嘆くのも分かるが、出演したアイドルは逆にそれを楽しんでいる」とも。
局に届いたメールを読めずに、ゲスト出演したアイドルが読んで進行することも珍しくない。かと言って、アシスタントを入れると、頼ってしまって喋らなってしまう。
「ど素人に4時間の生放送を担当させるのは、一歩間違えたら放送事故にもつながる」と制作現場もハラハラしているが、その緊張感が逆に聴取者にも受けているようで「反響も大きい。怖いもの見たさで聴いているリスナーも多い」と言う。
ただ、他のパーソナリティーにはない、決めセリフがある。言葉に詰まると「さばいちゃうぞ!」と一言。「魚をさばく」から来ている言葉だが、この一言がリスナーから大ウケだというのだ。そんなことから、代えたいけど、代えるのも怖いという不思議な感覚に見舞われているという。
同業者からは「ウチでは絶対に使えない」とも言われているが、首都圏ではトップクラスの高聴取率を独走する同局の余裕かもしれない。

収録曲60曲の歌詞を自筆、35 年前の映像が特典DVD に…松山千春デビュー40 周年記念ベストアルバムの中身は !?

2016032903490000.jpg

2016032903490000.jpgデビュー40周年を迎えた松山千春のベストアルバム「松山千春の系譜」が4月13日に発売される。4枚組CDボックスに60曲が収録されている。
千春は、キャニオンレコード(現ポニーキャニオン)からデビューし、その後、加川良らと設立したNEWSレコード、アルファーレコード、そして現在の日本コロムビアに所属してきた。その4レーベルから発売してきたシングルは通算76作品、オリジナルアルバムは33作品にも及ぶが、今回のアルバムは、それら4レーベルの垣根を越え、レーベルごとに自ら選曲、音源も、当時のアレンジとボーカルを残して収録している。文字通り「松山千春の系譜」となっている。
しかも、今回は全収録曲の歌詞を千春自ら手書きで書き記している。まさに前代未聞の「歌詞カード」と言える。そればかりではない。120頁に及ぶ豪華ブックレットも封入され、その中には30ページもの写真集なども含まれている。「デビューから現在までのレアな写真を厳選して盛り込んでいる」という。
さらに…初回生産のDVDボックスには、デビュー当時の映像を編集して特典DVDとして付いている。内容は、北海道のSTVが79年に制作した「松山千春 大空と大地の中で」と、80年に制作した「松山千春スペシャルCHIHARU 25 TAKE OFF」の中から名場面を抜粋して約24分の映像作品に再編集したもの。「網走のコンサートや真駒内での野外コンサートなど、当時のコンサートのリハーサル、さらには楽屋のシーンなどを貴重な映像と共に盛り込んでいます」とか。
発売に合わせて4月11日から北海道・札幌を皮切りに2週間かけて「アドトラック・松山千春号」が縦断するという。デビュー40周年を記念したデザインの大型トラックで日本を南下しつつ仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7大都市を走るという。
2016032903520000.jpg

2016032903480000.jpg

2016032903470000.jpg

※収録曲60作品
DISC1
1.君のために作った歌 2.旅立ち 3.銀の雨 4.これ以上 5.足寄より 6.良生ちゃんとポプラ並木 7.時のいたずら 8.季節の中で 9.ピエロ 10.恋 11.窓 12.私を見つめて 13.帰りたい 14.歩き続ける時 15.父さん 16.大空と大地の中で
DISC2
1.人生の空から 2.ひとりじめ 3.悲しい時には 4.長い夜 5.浜辺 6.もう一度 7.炎 8.ふるさと 9.空-翼を広げて 10.感謝 11.黄昏 12.男と女 13.流れ星 14.大いなる愛よ夢よ 15.はまなす
DISC3
1.燃える日々 2.七つちがい 3.写真 4.君は… 5.麗‐Rei‐ 6.抱きしめたい 7.途上 8.バラード 9.午前3時 10.SWAY 11.置き手紙 12.純‐愛する者たちへ‐ 13.明日のために 14.凡庸
DISC4
1.INTENTIONAL 2.ひまわり 3.君を忘れない 4.君に 5.生命 6.クリスマス 7.雪化粧 8.ガリレオ 9.La La La 10.祈り 11.オロオロ 12.我家 13.生きている 14.伝えなけりゃ 15.春は来る

政界ばかりじゃない!? アイドル再編で東京と福岡のアイドル・グループが合体!!

政界では「民主党」と「維新の党」が合流して「民進党」なる新党を結成して自公民に対決を挑むが、アイドル界でも東京発の「Ru:Run(ルーラン)」と福岡発の「流星群少女」が合体、新たなアイドル・グループ「全力少女R」を結成して4月から混迷するアイドル界に挑むという。
2016032715500000.jpg
「Ru:Run」は日テレフォトジェニックでも知られる百川晴香をリーダーとする5人組で昨秋にCDデビューした。一方の「流星群少女」は3年前にデビューした福岡の、いわば?ご当地グループ?である。現在は廣川かのん、岡崎絵理菜、舞花の3人編成で活動中だったが、今回、両者の利害が一致して合体することになった。ピンキリの地下アイドルーーそれでも雨後の筍の如く次々にアイドルが出てきているが、もはや限界近し。いよいよ…ってところか。
ところで、合体して新たな活動を展開していく「全力少女R」のビジョンと言うと「日本武道館より大きな会場でのライブ」。で、まずは4月23日に東京・東京キネマ倶楽部でイベントを行うという。

薬師丸には程遠かった!? 可愛いけどオーラを感じない橋本環奈では厳しかった「セーラー服と機関銃」

FullSizeRender.jpgこれは悲惨という言葉しかないのかもしれない。
世間的には人気だと言われている橋本環奈が初主演した映画「セーラー服と機関銃ー卒業ー」である。
正直言って予想はしていた。が、もはや「カ・イ・カ・ン」なんて言っている場合じゃない。
この映画は、かつて薬師丸ひろ子が演じて大ヒットした映画だ。それが35年経って、今度は橋本環奈が演じたのだが、やはりパワー不足だったことは否めない。
橋本は、福岡を拠点に活動するアイドル・グループRev. from DVLの一員。もっとも、そのグループ自体も橋本で持っているような感じだ。要するに橋本が可愛い…という一点に尽きるわけだが、単に可愛いという、それだけ。申し訳ないが、彼女には人気アイドルとしてのオーラを全く感じない。
ま、それは筆者の好みって言われちゃそれまでだが…。けど、世間かどうかは知らないが1000年に一人の逸材とか天使過ぎるとか言われて、CMにも出てきた。イベントにも多数呼ばれてきただろう。そして、今回の主演映画抜擢である。さぞ本人も、人気があると思っているに違いない。そう思っても当然だ。でも、それっておそらくギョウカイ受けだったり。だいたい、ギョウカイ受けしちゃったアイドルって、あまり盛り上がらないもの。結局、ギョウカイ受けでオシマイ??でも、よく見ればオヤジ好みの可愛さがあることだけは間違いない。
いずれにしても、橋本が可愛いかどうかはいいとして、映画の入り具合である。
これが全国238館で公開して、初日2日間の興行収入が1億どころか2800万円。何と3000万円にも満たなかった。これは深刻という事態を通り越した数字だろう。場合によっては打ち切りなんてことにもなり兼ねない。
某業界スズメが言い放った。
「興収2800万円ってことは、1館あたり12万円。要するに初日2日間で、1館にたった80人しか入っていないってこと。比べちゃ悪いけど妖怪ウォッチの劇場版第二作は、公開関数は倍近くあったけど初日だけで10億円を超えていた」・
それにしても、この映画は「角川映画40周年」のアニバーサリー作品。しかも、その記念作の第一弾である。ぶっちゃけ記念作が、かつて公開した大ヒット映画の延長線上のものというのも情けない。そういった意味では企画自体がどうかとは思うのだが、それでも「どうしても…」というのだったら、少なくとも主演女優は橋本環奈ではなく、それこそ全国的オーディションで決め、これまた主題歌も過去の「夢の途中」なんかを橋本に歌わせ使うのではなく、全く新しくすべきだった。
まあ、無理だったとは思うけど、薬師丸ひろ子を母親役に据えるサプライズなんかがあったら面白かったかもしれない(^ ^)
いずれにしても、ここは企画と主役の失敗とも言えなくもない。だいたい、どう考えても武田鉄矢についてもミスキャストだった。誰が見ても金八なのに、それをヤクザ役にするのはどうかと思う。どうもセンスが分からない。
角川は有村架純が主演した「ビリギャル」のような映画も企画するのだから、まだまだ可能性はある。とは言っても、今回の「セーラー服と機関銃」については、おそらく10億円は目指していただろうけど、それは「夢の途中」どころか「夢のまた夢」ってことだ。