25年ぶり‼︎ 中森明菜の新曲がたけし、西島主演の映画「女が眠る時」のイメソン! 映画の予告編ではタイトルコールも…。

中森明菜の新曲「FIXER」がビートたけし、西島秀俊が共演して来春公開される映画「女が眠ると時」(ウェイン・ワン監督=東映配給)のイメージソングに決まった。明菜のオリジナル曲が映画楽曲になるのは91年公開の角川映画「天河伝説殺人事件」で「二人静」が起用されて以来。公開に先駆け11月27日からは全国映画館で予告編もスタートする。予告編では明菜自らタイトルコールも務めている――。
イメージソングに起用されることになった「FIXER」は、6年ぶりに発売(12月30日)するオリジナル・アルバムのタイトルにもなっている。ミディアムテンポの英語詞の作品で、明菜の繊細なボーカルがバック演奏と見事に融合し妖艶で独特な雰囲気を描き出している。
映画「女が眠る時」は、95年公開の「スモーク」がベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いたウェイン・ワン監督が、ニューヨーカー誌に掲載されたヨーロッパで著名なスペイン作家ハビエル・マリアスによる短編小説「WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING(女が眠る時)」を映画化出来ないかと提案、実現したもので同監督としては初の日本映画となる。
出演者は、ビートたけしが自作以外の映画としては12年ぶりに出演、西島秀俊と共演する。他にも忽那汐里、小山田サユリ、リリー・フランキーらが名を連ねている。ストーリーは、若く美しい女性と男との異常な愛、変わっていく妻との関係、覗きへの罪悪感と止まらない好奇心などを描いていくミステリー。関係者は「イメージに合う楽曲を探していた中で、映画の深淵となる魅惑のミステリー感と明菜の楽曲のイメージが見事にマッチしていたようだ」と言う。
明菜は、06年に公開の徳永英明初主演映画「旅の贈り物/0:00発」で、カバー曲「いい日旅立ち」が主題歌になったことがあったが、オリジナル曲としては91年公開の角川映画「天河伝説殺人事件」で主題歌になった「二人静」以来、25年ぶりとなる。また、今回は、27日からの予告編で使用するタイトルコールについても明菜自ら務める。
明菜の起用に「女が眠る時」の木藤幸江プロデューサーは「ウェイン・ワン監督、ビートたけしさん主演の映画にまさか中森明菜さんがイメージソングを歌って頂ける…そんな豪華過ぎるコラボレーションが出来たことを製作一同大変嬉しく思っています」とした上で「中森さんの歌とタイトルコールを聞いた瞬間、日常の景色が非日常に見えてくる。映画の世界観と同様な感性を共有させて頂いたことに興奮が冷めません」と語っていた。
ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返してきたが昨年の「紅白」で4年3ヶ月ぶりに芸能界に復帰した明菜。その後、1月に新曲「Rojo ―Tierra―」を発売、さらに50歳を迎え、通算50枚目の新曲「unfixable」を9月30日に発売したものの本格的な活動には至らなかったが、念願だったオリジナル・アルバムも完成、さらに25年ぶりの映画音楽参加で「2016年 は、さらなる中森明菜へ」をキャッチフレーズにしていきたいと関係者。「当然、来年は歌姫・中森明菜のパフォーマンスを期待したい。明菜自身もようやくエンジンがかかってきたし、ナマ明菜を望むファンの期待にも応えられるのでは…」と完全復活は目前であることをアピールしていた。
映画は来春2月27日から全国東映系劇場で公開。

日本コロムビア執行役員からMXTV編成局企画M部長に電撃転職した水上真君を叱咤激励する会への誘い!!

一部から「日本コロムビアの将来を担う男」と期待されてきた日本コロムビア執行役員兼A&C本部長・水上真君が、その一部からの期待を裏切って9月末に電撃退任、10月1日付で〝新天地〟に飛び立ったことは記憶に新しい。
その彼が〝新天地〟として選んだのが「東京メトロポリタンテレビジョン(MXTV)」でした。そして「編成局企画マーケティング部長」の要職に就きました。
くちさがない業界筋からは「もはや斜陽のレコード業界に見切りをつけんじゃないか」と囁かれているが、噂によれば「5時に夢中」に続く人気番組を作ると意気込んでいるそうです。
…とは言いつつも、これまで同じ釜の飯を食ってきた仲、ここは〝新天地〟でも大いに活躍してもらおうと改めて叱咤激励する機会を設けたわけであります。
それにしてもレコード業界から放送業界…もう若くはないのに実に無謀なチャレンジ精神であることは確か。
そんな彼の心中も察した上での宴にしたいとは思っていますが11月も下旬。何かと慌ただしい時期に誠に恐縮です。が、「紅白」出場者発表の前日あたりに設定したつもりです。
事情はどうであれ当日の集まり具合が〝新天地〟での活躍にも結びつくものと思われます。ここは単なる冷やかし、あるいは名刺交換だけでも構いません。何卒、にぎにぎしくご参会頂けますように、心からご案内申し上げる次第であります。

■日時 平成27年11月26日(木曜日)
19時から21時まで

■会場 BRAND TOKYO(旧六本木エーライフ)
(東京都港区西麻布1-7-2 ECONACH西麻布ビル)

■会費 10,000円(領収書を発行します)

■出欠はTiGET(チゲット)サイトで受付中
https://tiget.net/events/2478

大腸摘出ロッカー。医者からは“生存率低い”と言われ……腸閉塞で入院中に一時退院してエイズ撲滅ライブ‼︎ 

 新宿ReNYで行われた「HOPE AND LIVE 〜HIV/AIDS治療支援ペネフィットコンサート2015」でTHE SOUND BEE HDのボーカル、DaISUKE DARK SIDEと会った。
彼は、現在46歳だが、今年7月に「潰瘍性大腸炎」という病気にかかり、大腸を全摘。生死の境を彷徨ったという。
「異変を感じたのは3月くらいでした。血便が出て、大腸癌かと思っていたら、潰瘍性大腸炎だったんです。大学病院で検査がしっかりしていたので早期に発見できたのかもしれません」
「潰瘍性大腸炎」は、大腸に炎症を起こして穴が開いてしまう病気らしい。かつて、安倍晋三総理がこの病に侵され総理を辞任したことがあった。「それまでは、この病気にかかっても保険がきかなかったようですが、安部総理がかかったおかげで治療に保険が適用されるようになったようなんです」とDaISUKE。
ところが、DaISUKEの体内を蝕んだ「潰瘍性大腸炎」は、安部総理とは違い前例のない実に厄介な症例だった。
「何でも、自分の免疫によって腸を侵食してしまうんらしいんです」。
医学的なことは分からないが、どうやら安部総理は薬が効いたが、DaISUKEの場合は薬が効かなかったという。
そこで「ヒュミラ」という劇薬を使用することになった。「ヒュミラ」は、かつては保険外で1本50万円だったが、安部総理のおかげ?で現在は7万円まで落ちたらしい。「このヒュミラの効力で助かりました」とDaISUKE。そして、手術によって大腸を全摘した。
「医者から生存率は低いから気をつけて下さいと注意されたんだけど、気をつけろって言われても、何を気をつけたらいいの分からないよね」。
いずれにしても「いつ、何が起こっても後悔しない」という思いで音楽活動を続ける決心をしたという。「生きているうちは、やれることは何でもやっていきたい」。
8月20日に退院後は自宅療養をしてきたが、きのう(11月7日)に、今度は腸閉塞を起こして大学病院に搬送された。応急手当をして、今日のReNYでのライブに挑んだ。「病院の許可を得て、一時帰宅を許してもらったんです。ライブが終わったら病院に戻ります」。
因みに、同イベントにはSUGIZO、C4、らが参加してエイズ撲滅を訴えていた。DaISUKEもTHE SOUND BEE HDとして参加して、闘病アイーティストとは思えないほどのステージを披露していたが、まずは自らの健康が第一だろう。