18歳年下の一般女性と再婚していた元プロボクシング世界王者でタレントの薬師寺保栄が盛大な挙式・披露宴‼︎

FullSizeRender.jpg18歳年下の一般女性のM子さんと再婚した元WBC世界バンタム級チャンピオンで現在はタレントとして活躍中の薬師寺保栄(47)が22日、愛知・名古屋市内のホテルで挙式・披露宴を行った。薬師寺は、今年2月10日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿‼︎」に出演し、M子さんと再婚していたことを明らかにしていた。
薬師寺は3年前の2012年に18年間連れ添った前妻と離婚していたが、その直後に共通の友人を通じてM子さんと知り合ったという。約2年半の交際を経てのゴールインとなった。そのM子さんは現在、薬師寺が経営するボクシング&フィットネスジムでスタッフとして働いているそうだ。
披露宴には210人が招かれ盛大なものだった。が、せんだみつおが司会だったのも何だが、その中に何と吉川銀二の姿も…。K−1ファイターの我流真吾は分かるが、これは意外なツーショットだった。が、純白のタキシード、ウェディングドレス姿で笑顔を振りまきながら現れた薬師寺は何故か銀ちゃんに気を使っていた(^^)
IMG_6156.jpg
18歳も年下との再婚。羨ましい限りだ。もっとも気になるのは、薬師寺の酒癖ぐらいか。もっとも、M子さんは「大きい子どもみたいで一緒にいて飽きない」なんて言っていたが…。

「紅白」復帰目指し、ついに伝家の宝刀!? 小林幸子の初のライブDVD は薬師寺公演!

IMG_5394.jpg 演歌歌手・小林幸子の初のライブDVD「世界遺産『薬師寺』復興祈願コンサート」が10月7日に発売されることになった。今年5月9日に奈良県の世界遺産・薬師寺で行われたコンサートの模様を収録したもの。「世界遺産の薬師寺で日本の歴史を愛し、後世に残していきたいという日本人の想いを一曲一曲に込めて歌い上げました」。年末の「紅白」復帰を魅惑のステージ映像でアピールするーー。
薬師寺では、これまで南こうせつ、さだまさし、安全地帯、甲斐バンド、堂本剛、徳永英明などがコンサートを行ってきたが、女性アーティストでは5年前の平成22年にAKB48が?奉納公演?を行って以来2組目、演歌歌手としては初めてのものだった。
「光栄なことでした。しかも演歌歌手では初めてと聞いた時は大きな責任を感じました。でも、それが私に与えられた歴史的な使命だと思って力の限り歌いました」と、小林は振り返る。
同コンサートは、薬師寺が現在、進めている改修や三重塔(西塔)の復元をバックアップするためのコ
ンサートとして催された。因みに、世界遺産にもなっている三重塔の復元費用は現時点で26億8000万円ともいう巨額の費用がかかるという。
「従来は歌の奉納という意味合いでコンサートをやってきました。しかし、今回は初めて薬師寺の修復・復元を目的にした支援コンサートとして催されました」(関係者)。 
そういった意味もあって従来のステージとは趣向を大きく変えた。小林によると「通常のバックバンドを入れず和楽器と弦だけの演奏に初挑戦しました」。ステージは金堂と大講堂の鐘の突き合いで幕を明ける。
能管と尺八の生演奏をバックに三重塔(東塔)を望む大講堂前の特設ステージに小林が現れる。会場は拍手に包まれた。オープニング曲「恋桜」で幕を明けたステージは「福寿草」や「黄昏のビギン」「胸の振り子」と続き、「おもいで酒」「雪椿」などのヒット曲、さらには先ごろ全国のアニメイトなどで発売された話題のアルバム「さちへんげ」にも収録されているボーカロイド曲「千本桜」など全17曲を熱唱している(収録時間75分)。
デビュー50周年を迎えたが、自身のステージを映像化して発売するのは今回が初めて。年末の「紅白」復活を目指し、人気の健在ぶりや存在をアピールする。「これからの活動の新たなステップにしたい」と意欲を見せる小林の渾身のライブ映像となっている。
なお、10月18日には宮崎県のサンマリーナ宮崎多目的広場で開催される「水平線の花火と音楽6」に加山雄三らと共に出演する。