Archive for 9月 5th, 2015

千葉県の森田健作知事がチットラーダー宮殿にシリントーン王女を表敬訪問。テロ事件に対する安倍晋三首相からの弔意も手渡す…

土曜日, 9月 5th, 2015

“青春の巨匠”千葉県の森田健作知事がトップセールスでマレーシアに続いてタイ・バンコクを訪問、その中でタイ王国プーミポン・アドゥンヤデート国王の次女であるマハー・チャクリー・シリントーン王女と面会するためチットラーダー宮殿を訪れた。
タイ国内でのシリントーン王女は福祉活動など内政問題に対して積極的なこともあって、国民から圧倒的な人気と支持を得ていると言う。また、タイでは日本で制作されたテレビドラマが多数放映されているが、中でもシリントーン女王は森田知事が主演した日本テレビ系「おれは男だ!」がお気に入りだったそうで、森田知事の大ファンだったことを自ら公言していただけに森田知事の表敬訪問には大喜びだった。
森田知事は「タイは親日の方々が多く、日本はもちろん千葉県にとっても大切な国。今回は千葉県を代表してお会いしているが、それ以前にドラマを通して知っていただけていたことは光栄なこと」と言う。
シリントーン王女は今春4月に非公式に来日した。森田知事は「(スケジュールの調整がつけば)来日中にもお会いしたかった」と言うが、今回は訪タイでの対面となった。森田知事は県産梨の「豊水」とマスクメロン、県の伝統工芸品を作る職人による羽子板をお土産に持参。「タイからの日本来訪者も増えている。成田国際空港にはLLCの専用ターミナルもオープン、5年後には東京五輪も開催され、千葉県内でも競技が行われる。そういった意味から県としてもさらなる交流促進に努めていきたい」と意欲を見せていた。
FullSizeRender.jpg

なお、森田知事は去る8月17日に起きた爆弾テロ事件の現場となったエラワン廟(びょう)を訪れ犠牲者を悼んで献花も行ったが、表敬訪問では、テロ事件に対して安倍晋三首相から託された「犠牲になられた方々及びそのご遺族に対し、衷心よりお悔やみ申し上げ、負傷された方々の一刻も早いご回復をお祈りします」との弔意を表した親書をシリントーン女王に手渡した(写真)。