これが有権者の民度? 地方統一選挙は知名度だけ!? 各地でグラドルやタレント候補が軒並みトップ当選!!

第18回地方統一選挙が終わった。
それにしても…、率直に思うのは、この国の有権者の民度である。名前を知っていれば誰でもいいって感じの投票結果には正直言ってビックリだ。
地方統一選挙の後半戦は89市長選と295市議選。そして東京特別区の11区長選、21区議選が繰り広げられてきた。で、その結果は、まるで“ミスコン”である。
まず、青森県八戸市。
八戸市と言ったら〝美人すぎる市議〟の藤川優里だったが、その藤川にグラビア・アイドルの久保百恵(芸名は久保百香)が挑んだ。結果は藤川は4584票。何と2位候補を1409票も突き放した(前々回は6962票、前回も5574票で連続トップ当選だった)。因みに、定員32人で32番目の当選者は1691票と言うから、ある意味で圧勝である。で、対抗の久保だが、これまた3116票で3位。これじゃ真面目にやってきた議員が情けない。
因みに、久保は八戸市出身。映画「タイヨウのうた」などに出演、グラドル時代は歌手も目指し写真集やDVDも出してきた。
驚きと言ったら、東京都の区議会議員選挙。北区に初出馬した「日本元気にする会」公認候補の斎藤里恵。彼女は聴覚障害者で“筆談ホステス”として知られるが、これが何と6630票でトップ当選。しかも、2位の候補を1824票も突き放した。これには斎藤本人が驚いたんじゃないか?北区の有権者は27万2295人。果たして斎藤里恵に何を期待して投票をしたのか?ぶっちゃけ「謎」である。
ところで「日本元気にする会」からは、港区で元アイドルの橋本樹里(芸名は笹秀樹里、堂園樹里)が出馬した。六本木で飲食店を経営しているそうで、現在33歳。現役中は千葉ロッテのマスコットガールや鈴鹿8耐レースでは元SMAPの森のチームでマスコットキャラクターまで務めたらしく「勝負の女神」なんて言われていたらしいが693票で落選。港区民は真っ当だった?ま、彼女は、もっと勉強そしてもらって「次を頑張って」って感じだ。
それはいいとして、「噂の刑事トミーとマツ」などのドラマに出演した女優・石井めぐみも国立市議選に無所属で立候補したが、これまた2位当選である。しかもトップ当選の青木健(自民)の1704票とは18票差の1686票と言うから、ある意味で凄いことである。
そういった中で、とりあえずマトモだったのは目黒区議として実績をもつ元芸能レポーターの須藤甚一郎だろう。今回で5期目だが、過去3期はトップ当選してきたが、今回も4303票でトップ。しかも2位の候補を1511票も突き離しての当選だった。
目黒区内の清掃工場問題からJR跡地問題、保育施設問題まで幅広く問いただし、区長に対しては「判断能力がないなら辞めろ」とまで言っている。須藤氏は実績もあるし評価も高いだけに期待したいところだ。
因みに、世田谷区議に立候補していた加藤大毅。ヘッドロックでも意味もなく注目していた。もっとも自民党候補の新人というのが引っかかったが、業界内に推す声が多かった。
彼はフットボールに力を入れ「松丘フットボールのコーチ」や「成城大学女子サッカー部」のコーチも務めている。「世田谷区は、ここ5年間に子供が増えている。そういった意味でも保育施設の増整備は急務」と主張していたが、どうやら彼の狙いは子供を増やし「結果的にスポーツ人口の多い世田谷にしていきたい」らしい。で、「サッカーのプロフェショナル化を…」と訴えている。どうやら世田谷区に“プロサッカーチーム”を作ろうというのが持論のようだ。さすが33歳。若さだけが自慢?の加藤ならではの“長期戦取組み”と言ったところ。

地方統一選挙はグラドルの人気投票に!? 5期に挑む須藤甚一郎や世田谷にサッカーチームをと訴える加藤たいきなど… 

第18回地方統一選挙が盛り上がっている。
後半戦は89市長選と295市議選、東京特別区の11区長選と21区議選が告示されている。
その統一選の後半戦の何が盛り上がっているかというと、各地でグラビア・タレントが火花を散らしていることである。それこそ、誰に政治を任せるか…というより、どのグラドルが人気あるか!!まさにグラドルの人気投票と化しそうな雰囲気である。
まず、地方から見ると、何と言っても青森県八戸市である。
八戸市と言ったら「美人すぎる市議」の藤川優里だが、今回の市議選では、その藤川にグラビア・アイドルの久保百恵(芸名は久保百香)が挑戦状を叩きつける。八戸出身の久保は、映画「タイヨウのうた」などに出演、歌手も目指し写真集やDVDも出してきた。32の定数を40数人で争うが…。因みに藤川は前々回6962票、前回5574票で連続トップ当選だった。果たして久保は何票を獲得できるか注目である。
続いて東京都の区議会議員選挙。
北区には、聴覚障害者で“筆談ホステス”として知られる青森市出身の斉藤りえが「日本元気にする会」の公認候補として出馬。さらに「噂の刑事トミーとマツ」などのドラマに出演した女優・石井めぐみも、都下・国立市議選に無所属で立候補している。さらに、“筆談斎藤”と同じく「日本を元気にする会」からは、もう一人、元アイドルの橋本樹里(芸名は笹秀樹里、堂園樹里)が港区から出馬、自ら飲食店を開いている六本木界隈を「橋下じゅり」と書いた宣伝カーでアピールしている。「日本を元気にする会」が何で区議なのかは分からないが、新党は派手さで勝負である。それにしても、橋本はUSENヒットチャートで1位の実績を持ち、千葉ロッテのマスコットガールや鈴鹿8耐レースでは元SMAPの森のチームでマスコットキャラクターまで務めたらしく「勝負の女神」なんて言われているだけに注目率は高い。
さて、女ばかりを紹介したが、気になった男性候補もピックアップしておく。
何と言っても、目黒区議として実績をもつ元芸能レポーターの須藤甚一郎である。今回で5期目だが、過去3期はトップ当選している。目黒区内の清掃工場問題からJR跡地問題、保育施設問題まで幅広く問いただし、区長に対しては「判断能力がないなら辞めろ」とまで言っている。一方では集団的自衛権など国政の問題に対しても意見を言うのだが…。「実は、共同通信や東京新聞に記事を送っているんですよ。ところがすべて無視されてきた。結局、僕の意見を扱ったのは東スポだけだよ、本当にどうしょうもないね」。いやー、同じ目黒区民として須藤さんには頑張ってもらいたい。
あと…。タレントとか何とかではないが、業界筋で評判が高かったのが世田谷区議に立候補している加藤たいき。若駒で元俳優、スタントマンの加藤大樹ではない。自民党候補の新人。人気なのは33歳と言う若さか。ボロ市を推進したり、ボーイスカウトに汗を流したり、フットボールにも力を入れ「松丘フットボールのコーチ」や「成城大学女子サッカー部」のコーチも務めている。
「少子高齢化と言われているが、世田谷区は、ここ5年間に子供が5500人増えている。そういった意味でも保育施設の増整備は急務」と主張している。もっとも、その一方で「早朝や日中にゴミ出しできない人のために夜間にもゴミ出しできるように…」とも言っているが、この訴えには須藤甚一郎が異論を唱えそうな気配も…。
しかし、それでも加藤氏の評価が高いのはスポーツ人口の多い世田谷で「まずサッカーのプロフェショナル化を…」と訴えていることかもしれない。世田谷区に“プロサッカーチーム”を作ろうというのが加藤氏の持論のようだが、その無謀さが人気なのだろうか?業界内では応援する声が高まっているようだ。
いずれにしても、26日の開票結果が楽しみである。

“必殺・京本政樹”が新曲発売で全国キャンペーン。シンガーソン グライター30 周年を過ぎ音楽的にはこれで一段落!?

新曲「Doubt〜ダウト〜」を4月1日に発売した“必殺・京本政樹”が渋谷タワーレコードでトーク&握手会イベントを行った。どうしても“必殺”のイメージが強い京本だが、実はシンガーソングライターとの二足わらじ。しかも昨年、シンガーソングライターとして30周年を迎えBOXアルバムも発売した。
IMG_4301.jpgFullSizeRender.jpg「一般的には役者のイメージが強いから、どうしてもシンガーソングライターとして活動をしていることが知られていないんだ。でも、最初の頃は渋谷公会堂とか日比谷野音なんかでライブもやっていたからね」。
現在、放送中のニッポン放送「京本政樹のラジとばっ!」も5年目。昨夜は「オールナイトニッポンGOLD」の生放送だった。その「オールナイト〜」も3回目だという。番組は音楽的な要素が大きい。それだけに、ファンばかりではなく若いリスナーも多い。
「だからって言うことでもないけど、若い人にも聴いてもらえるような曲を書いてみたかった」と言う。そんなこともあって、今回の新曲「Doubt〜ダウト〜」は、今のロックテイストで書き上げたとか…。「まあイメージ的にはミスチルのような感じかな…。で、今回はミスチルのアルバムを聴きまくりましたよ」と冗談ぽい口調で言う。
いずれにしても、京本は真剣に新曲と向かい合ってる。30周年だった昨年は「滝沢秀明との舞台があったりで、スケジュールが取れなくてキャンペーンが出来なかったんですよ…」というが、今年はスケジュールを音楽活動に合わせた。今回のトーク&握手会イベントは大阪に続くもので、来週以降は名古屋、福岡と回る。
FullSizeRender.jpg 現在56歳。
「今回の新曲、イベントで音楽的には一段落しようと思ってるんですよ」。
どういう意味か?
「今回のようなアイドル的なイベントというのは、これが最後だと思っているんですよ。とにかく今の気持ちとしては30年間、シンガーソングライターとして現役で続けてこられただけでもよかったと思っているんですよ」。
新曲を出して全国を回るのは大変だ。それを続けてきたのは、やはり京本の底力だったのかもしれない。今の時代、なかなかできることじゃない。今後は、役者の比重が高まるのだろう…。
…と言って、音楽活動を完全にやめてしまうってことでもないようだ。ラジオ番組「京本政樹のラジとばっ!」は今後も続く。続く以上は、少なくとも音楽活動からも離れられないはずである。

サスケとビッグダディのトークライブにテレンスリーの制止を押し 切り? 慶大生シンガーの桑名愛素佳が飛び 入り“激白”出演!!

ザ・グレート・サスケのトークライブが新宿ロフトプラスワンであった。で、ライブのメインはサスケとビッグダディとの対談「さらばさらばビッグダディ 五十路記念、男と女は○○○○だあ TVでは言えない話をするぞ!」だった。
FullSizeRender.jpg
結婚と離婚を繰り返し、挙句の果ては火事……。どんな話をするかと思ったら、子作りと栄養の話…つまんねェ〜。司会のネェーちゃん“iPad 尻アイドル ホンメイ”なんてのはミスキャストだった。とにかく、他にも大食い選手権でお馴染みの中村ゆうじ、世界最強のミュージシャン矢口壹琅、日本一ネットで顔写真が使われている大川竜弥、先祖が5000円札で有名なアクア新渡戸…いろいろと出てきたが、実にゆる〜いトークライブだった。
もっとも驚いたのは、単にライブの宣伝で井上昌己が来たことだった。
が、そんなトークライブを一気に盛り上げたのは、あの傭兵のテレンスリーに弄ばれたと訴える慶大生シンガーソングライターの桑名愛素佳(クワナ・アスカ)が飛び入り出演したことだった。
ウソかホントか写真誌「FRIDAY」で激白(告発)、そして最後にはヌードまで披露した。ここまでやったら“売名行為”と言われても仕方ないが、桑名は「すべて事実です」。テレンスリーも災難と言ってしまえばそうだろう。しかし、テレンスリーも傭兵だったはずなのに…危機意識の欠如だったことは否めない。それより、彼女を満足させることが出来なかったとも。
FullSizeRender.jpg
いずれにしても「弄ばれた」と言われちゃったのは辛い。しかも「18回やられちゃいました」。もはや言われたい放題。
今回のイベントに対してテレンスリーは、企画・主催者関係者にLINEで「今夜のイベントに俺を嵌めたバカ女が出演するそうですね。再三にわたり出演させないようお願いしたんだけどダメでした。(中略)バカ女に関係する連中とは一切共演も交際も不可なんで、今後はお付き合い出来なくなります」と送ってきた。
一方、桑名の事務所も負けちゃいない。
「(イベント出演について)テレンスリーから中止を求められ、警察には不当介入され、売名を疑われた桑名は一時、警察圧力により出演しない旨の念書を取られイベント出演も揺れましたが、警察側からも理解して頂き出演が決定しました」「今後、桑名は今回の経験を踏まえDV、ストーカー被害者を支援発表とCDリリースの予告をする」とコメントしていた。
もっとも桑名は「音楽のことを、ちゃんとやってくれたらよかったんです」。ってことは、単に目的は…?「電動歯ブラシで、一番敏感なところを…」。まるでAVだ。いやいや慶大は軟派だって言うけど…実感。それも学生証付きでの激白だった。
FullSizeRender.jpg
ただ、トークライブ出演者からは「テレンスリーも言いたいことがあるなら…。彼女も堂々と来てるんだから、ここで決着つければよかったのに」と言っていた。
いずれにしても、イザとなると男は弱い?桑名は最後に「テレンスリー出てこい」と笑顔で吠えていた。女は怖い!!

活動休止の5人組アイドル“青春!トロピカル丸”のリーダー百川晴香が新ユニット“RuRian”を結成し再活動!!

今年1月に活動休止した5人組人気アイドル・ユニット青春!トロピカル丸のリーダーだった百川晴香(ももはる・はるか=19歳)が、新たなユニットRuRian(ルリアン)を結成して再活動することになった。4月18日には東京・渋谷クワトロでお披露目ライブを行い、今夏のメジャー・デビューを目指す。
青春!トロピカル丸は4年前の11年に怪傑!トロピカル丸から派生したグループとして結成された。百川を中心とした5人組でライブを中心に活動し人気を集めてきた。主演映画「カマトト」も今年の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」で上映されている。もっとも、人気の中心はリーダーの百川だったらしい。ってことは4対1だったってことなのか?アイドルの内情は分からないが、今年1月末でユニットとしての活動を休止、リーダーの百川だけが「新たな活動」となった。いずれにしても「もっと活動の範囲を広げたい」と思ったのだろう。それが今回、新たに結成したRuRianだった。
FullSizeRender.jpg
ユニット名は「造語」。フランス語のル・リアン=絆を大切にするという意味が込められているそうで、百川によると「青春!自然!全力愛!がテーマ」だとか。何か、同じ事務所で篠崎愛が結成していたAeLLに似ているような…。ま、色々と勘繰りたくなるが、基本的には「3つのテーマで、さまざまな活動をしていきたい」と言う。いずれにしても青春!トロピカル丸では実現できなかった新しい時代のアイドルを実現したいということか!?
メンバーは百川の他、山下はるひ(18)、田中可恋(17)、江室里香(18)、佐藤絵里香(17)で、平均年齢は18歳。ま、アイドルなんだから可愛けりゃ、どんなユニットでも何でもいい。
因みに、百川は公開中の篠崎愛主演の映画「東京闇虫 パンドラ」や今夏にも公開される映画「向日葵の丘―1983年夏」にも出演している。

六本木にもご当地アイドル!? “あやまんJAPAN”が宿敵・サラリーマン軍団と対決イベント…その隠された狙い

「あやまんJAPAN vs リーマンマイク」というイベントが六本木のバーレスクTOKYOであった。
「書かなくてもいいから来てくれ」と言われ、行ったが…。
“あやまんJAPAN”は自称・六本木のご当地アイドルらしく、噂には聞いてはいたが、正直言ってアイドルには程遠い感じ。しかし、それでも「週刊プレイボーイ」なんかのグラビアに登場しているんだから、不況の出版業界は何でもアリってことだろうか。
一方の“リーマンマイク”は現役サラリーマン。こちらの論評はなし。…と言うより「あっ、そう…」って程度。
IMG_4200.jpg

IMG_4204.jpg
要は、この二組が“宿敵のステージ対決”というわけだが、確かに、どーでもいいようなイベントだった。ところが、何が楽しいのか、一般客が多数入り盛り上がっていたのにはビックリ。それどころか、マスコミも数社来ていて、女性記者が真剣に質問していたのには二度ビックリ。そもそも、質問をされている“あやまんJAPAN”は、冗談交じりに答えているんだから、そんなのロクな記事になるわけがない。ま、記者より一枚も二枚も上手ってことか。
IMG_4222.jpg
で、このイベントの主旨は何だったのかと言ったら、要は“あやまんJAPAN”のメンバー募集だった。果たして、応募者がいるのか?そっちの方が興味深い…