研ナオコの45周年記念盤に玉置浩二が書き下ろし新曲‼︎ 今年は「紅白」と「レコ大・アルバム企画賞」目指す!!

歌手デビュー45周年を迎えた歌手の研ナオコが記念盤「雨のち晴れ、ときどき涙」を5月13日に発売する。スタンダード作品と描き下ろし作品で構成したフルアルバム。研は「今年は音楽活動に全精力を注ぐ」と意欲満々で、年末には「日本レコード大賞」のアルバム企画賞と22年ぶりの「紅白」復活を目指す――。
研は、新曲とカバー曲を合わせたミニアルバム「一途」を4年前の11年に出しているが、フルアルバムは08年7月の「LOVE LIFE LIVE 弥生」以来、実に7年振り。しかも、関係者によると前2作は研のプライベートレーベルから「通信販売のみ」で発売されたそうだが、今回はキングレコードが販売を行うことになったことから実に15年ぶりのメジャー・アルバムとなる。
同アルバムで研は「アカシヤの雨がやむとき」や「夢芝居」「別れの朝」。さらには中島みゆきの「糸」などを選曲しているが、その一方で、玉置浩二や中村中が研のために新曲を書き下ろし、BEGINの「恋しくて」のカバーでは、高見沢俊彦が新たにアレンジ、THE ALFEEがコーラスを買って出るなど、デビュー45周年の記念盤を豪華な顔ぶれで彩ることになった。
中でも、玉置が書き下ろした「ホームレス」は、「かもめはかもめ」(中島みゆき)、「泣かせて」(小椋佳)と並ぶ渾身のバラード曲に仕上がっている。制作関係者も「玉置さんが、これほどまでに研ナオコのボーカルにぴったりの作品を書き下ろしてくださるとは思ってもなかった。平成の代表曲になることは確かです」と驚きを隠せない。その上で「この作品で、今年は年末に突き進んでいきたい」とも。
研は、45周年とアルバム発売に合わせ、5月26日の北上市文化交流センターを皮切りに全国ツアーも繰り広げる。「今年から来年にかけて、全国各地を感謝の意味も込めてくまなく回りたい」と言う。

【スタンダードアルバム「雨のち晴れ、ときどき涙」収録曲】
1 アカシアの雨がやむとき (詞:水木かおる/曲:藤原秀行)
2 舟唄   (詞:阿久悠/曲:浜圭介)
3 別れの朝 (詞:Joachim Fuchsberger 曲:Udo Juergens/訳詞:なかにし礼)
4 壁の向こう(★書き下ろし新曲 詞:中村 中/曲:中村 中)※中村 中の書き下ろし新曲
5 ちっちゃな時から(詞:浅川マキ/曲:むつひろし)
6 恋しくて (詞:BEGIN/曲:BEGIN) ※編曲:高見沢俊彦/コーラス:THE ALFEE
7 夢芝居  (詞:小椋佳/曲:小椋佳)
8 糸    (詞:中島みゆき/曲:中島みゆき)
9 忍冬   (詞:ちあき哲也/曲:杉本真人)
10 ホームレス(★書き下ろし新曲 詞:玉置浩二/曲:玉置浩二)※玉置浩二の書き下ろし新曲

「売れたら、お返しするから…」。“業界の妖怪”宮西渡さん がホンキに売れると信じている“浪ちひろ& 張麗華”とは…

FullSizeRender.jpg“業界の妖怪”こと宮西渡を囲む会「宮西会」が東京・飯倉のレストラン、ブルーシャトウで。この店は、あのジャッキー吉川とブルーコメッツに因んだ店で生演奏がウリになっている。その店で、今回は宮西さんイチオシの“浪ちひろ&張麗華”の歌「ぽろり」を聴く…というのが主旨だった。
宮西さんといえば、かつて200誌とも300誌とも言われるぐらい週刊誌や月刊誌、雑誌の表紙を総ナメしたことで知られ、写真集だけでも20冊を出してきた伝説のグラビア・アイドル、嶋村かおりをスターダムに押し上げたことで知られる御仁。その宮西さんも今や74歳。で、何故か力を入れているのが“浪ちひろ&張麗華”だというから「なるほど…」とも思えるのだが、これがホンキで売れると信じている。
浪ちひろは、北海道・利尻島出身で「男気のある渋いボーカルと、飾らない人柄が魅力」なんだとか。すでに日本クラウンからCDも出している。
一方の張麗華は、中国人の父親と日本人の残留女性との間に生まれた(中国・天津出身)という。これまた驚くのはテレ朝「徹子の部屋」や「ニュースステーション」(「情報ステーション」ではない)、NHK「ミッドナイトジャーナル」に出演したり、香港、英BBCでも紹介されているらしい。何だか分からないが有名な歌手のようだ。
いずれにしても、宮西さんの直感なのだろう、ホンキでイケると思っているようで「売れたら、お返しするから…」と耳元で囁かれた。こうなったら、宮西さんの感性を信じるかどうかってことであるが…。
ま、売れるか売れないかは結果。ただ、70歳を過ぎても「売りたい」というエネルギッシュな気概を持ち続けているのは、それが何であれ、素晴らしいこと、見習いたいものである。
IMG_4034.jpg
しかし、店には次期横浜市議会選に出馬するという“次世代の党”所属の佐々木信也氏や現役の競馬ジョッキー、某シンガソングライター、モデルの姿も…。宮西さんの交際範囲も幅広かった。