北陸新幹線開業…盛り上がりムードに乗り遅れた新潟県は?小林幸子が上越妙高駅でお出迎え

IMG_3864.jpg

北陸新幹線の東京―金沢間が開業になった14日、長野や富山、金沢では大盛り上がり。経済効果はどうだとか、観光客が増えてホテルが足りないとか…。そかし、そんな盛り上がりに何となく遅れた感じだったのが新潟県だった。そんなわけで「新幹線の停車駅は新潟県側にもある」とでも言いたかったのだろうか?開業直前になって上越妙高駅(上越市)と糸魚川駅(糸魚川市)も便乗してきた。中でも上越妙高駅では、演歌歌手の小林幸子が、泉田裕彦・新潟県知事とともに乗降客に手を振るなどして北陸新幹線を出迎えた。また住民らも、この日に合わせてお出迎え隊を結成。「ようこそ上越妙高駅へ」などと書かれた横断幕を掲げていた。…とは言っても結局は「通過駅の盛り上がり」でしかなかった?