夢叶った!! 人気グラドル篠崎愛ソロ歌手デビュー! “歌に力を入れたい”グラビアは卒業!?

FullSizeRender.jpg「ソロ歌手デビューは小さい頃からの夢でした」。23歳を迎えた人気グラビア・アイドルの篠崎愛の生誕祭イベント「平成二・二六事件」が26日夜、東京・新宿のライブハウス新宿ReNYで行われ、4月29日の昭和の日にソロ歌手デビューすることが発表された。記念すべきデビュー曲は英人気ロックバンドのワン・ダイレクションや安室奈美恵、松田聖子などを手がけた海外の音楽プロデューサーらを起用している。篠崎は「夢が叶いました。これからは歌にも力を入れていきたい」と意欲を見せていた。
「グラビアを卒業するわけではありませんが、ソロデビューは小さい頃からの夢だったので、これからは歌にも力を入れていきたいと思っています」。
23歳を迎え篠崎愛は心機一転。
ソロデビュー曲は「A-G-A-I-N(アゲイン)」。アップテンポのノリのいい作品だという。篠崎の歌唱力は誰もが認めるところ。「歌唱力は?音痴とか下手ではないと思っています。デビュー曲は、アップテンポですごい前向きな作品なので、今の私のイメージにはピッタリだと思います。もっとも踊りは苦手なので歌唱力重視で頑張ります」。
好きな歌手は倖田來未だそうだが目標とする歌手はいない。「主張をもった女性になりたいと思っているし、自分らしさを出していきたい。今まではグラビアだけでしたが、これからは歌でも自分自身が表現できるので楽しみ」と目を輝かす。
ソロ歌手デビューに連動してファンクラブも結成される。また4月4日からは主演映画「東京闇虫パンドラ」も公開される。