夢叶った!! 人気グラドル篠崎愛ソロ歌手デビュー! “歌に力を入れたい”グラビアは卒業!?

FullSizeRender.jpg「ソロ歌手デビューは小さい頃からの夢でした」。23歳を迎えた人気グラビア・アイドルの篠崎愛の生誕祭イベント「平成二・二六事件」が26日夜、東京・新宿のライブハウス新宿ReNYで行われ、4月29日の昭和の日にソロ歌手デビューすることが発表された。記念すべきデビュー曲は英人気ロックバンドのワン・ダイレクションや安室奈美恵、松田聖子などを手がけた海外の音楽プロデューサーらを起用している。篠崎は「夢が叶いました。これからは歌にも力を入れていきたい」と意欲を見せていた。
「グラビアを卒業するわけではありませんが、ソロデビューは小さい頃からの夢だったので、これからは歌にも力を入れていきたいと思っています」。
23歳を迎え篠崎愛は心機一転。
ソロデビュー曲は「A-G-A-I-N(アゲイン)」。アップテンポのノリのいい作品だという。篠崎の歌唱力は誰もが認めるところ。「歌唱力は?音痴とか下手ではないと思っています。デビュー曲は、アップテンポですごい前向きな作品なので、今の私のイメージにはピッタリだと思います。もっとも踊りは苦手なので歌唱力重視で頑張ります」。
好きな歌手は倖田來未だそうだが目標とする歌手はいない。「主張をもった女性になりたいと思っているし、自分らしさを出していきたい。今まではグラビアだけでしたが、これからは歌でも自分自身が表現できるので楽しみ」と目を輝かす。
ソロ歌手デビューに連動してファンクラブも結成される。また4月4日からは主演映画「東京闇虫パンドラ」も公開される。

京都府在住47歳自営業者がAKB“じゃんけん大会”TV放送の海賊版BLを販売して逮捕!!

岡山県警生活環境課と玉島署は先ごろ、WebサイトでBSスカパー!が放送したAKB48 の番組を無断で海賊版ブルーディスクに複製して販売していた京都府京丹後市の自営業男性A(47歳)を、著作権法違反(海賊版の頒布)の疑いで逮捕したという。どーでもいいが、47歳にもなって、こんなもの売る奴も売る奴だが、それよりも買う奴も買う奴である――。
要は、こういうことである。自営業のAは昨秋、㈱AKSが著作権を持っている「第5回AKB48じゃんけん大会完全生中継」(9月17日にBSスカパー!が放送)を録画。その後、録画した番組を今度は海賊版のブルーレイディスクに複製し東京在住の男性に、2512円で販売したというのである。たった1枚の海賊版ブルーレイで人生ボロボロってわけである。
今回の容疑は、岡山県警の捜査員がサイバーパトロールで発見したという。一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)を通じて㈱AKSへと連絡されていた。
「男性Aは〝じゃんけん大会〟の模様を収録した海賊版ブルーレイを自らが開設したWebサイトを通じて販売していたんです」。
捜査関係者によると、この他にも3つの放送番組の海賊版ブルーレイを販売していた疑いがあり、再逮捕されていることも明らかになっている。

三度目の正直!? ASKAの愛人の栩内に偉そうに言い放っていた小向美奈子が覚醒剤剤逮捕!!

元グラドルで現在はAV嬢として活躍している小向美奈子が覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された。3度目の正直と言うが、もはや覚せい剤との縁は切れないと言ってもいいかもしれない。
だいたい、ASKAの愛人・栩内が覚せい剤の使用を否認していた際には「警察をナメない方がいい」とか「罪を認めて出直した方がいい」なんて偉そうなことを言っていたが、何ってことはない自分は覚醒剤の常習犯だった。最近の事件を見ても、よく犯人はテレビなどメディアに登場してきて他人事のようにコメントしたりしている。小向もそうだった…。
それにしても、09年に六本木で逮捕された時は「もう二度としません」と言いながら、2年後の11年にはフィリピンに逃亡?実際にはAVのビデオを撮ってきたのだが、帰国後に逮捕(処分保留で不起訴となったが…)。いずれにしても、覚醒剤の常習犯になっていたことは確かだろう。
覚醒剤所持・使用は再犯率が高いと言うが、小向が証明してしまったことになる。しかも、逮捕時は泥酔い状態だったという。もはや廃人と言ってもいいかもしれない。どっか、隔離病棟に入院させて治せるもなら徹底的に治すのがいい。
しかし、小向の覚せい剤逮捕で気になるのが、のりピーこと酒井法子である。当然、「のりピーも…」と思っているマスコミ関係者は多いはずである。覚せい剤の場合は、やはりしっかりした専門家がついて、メンタルな部分でのケアが必要である。では、のりピーは…。ここは、例え、パフォーマンスであっても、やはり専門家を傍につけるようなことをすべきだろう。そうでなければ…。元夫の高相祐一氏の行動も意味不明だし、のりピーの場合の完全復帰はまだまだ時間がかかりそうである。
いずれにしても、小向美奈子の場合は、余りにチヤホヤさせ過ぎた。CDデビューだ、AVデビューだ、と騒いで、チヤホヤしてきたメディアにも責任がある。いや、何だかんだ常習犯にさせたのはマスコミの責任かもしれない。そういった意味でも今回は、絶対に芸能界に復帰させるべきではないだろう。