AKBは終焉を迎え今年は“仮面女子”…地下女性アイドル初快挙に諸星和己がお祝い&応援!!

FullSizeRender.jpg
元旦に発売された新曲「元気種☆」が、地下女性アイドルとしては史上初めてオリコンのシングル・チャートで1位を獲得した仮面女子が、秋葉原の常設劇場P.A.R.M.Sで“雄叫びイベント”を行った。週刊誌に何だかんだと書かれるのも、ある意味で人気の証だろう。芸能界、今も昔も書かれてナンボの世界である。
 …と言うわけで会場には元光GENJIの諸星和己がお祝い&応援に駆けつけ「初めて見た時は、仮面をしていたから、どこのアイスホッケーチームかと思った。その後は一生懸命に頑張ってる姿を見てきて応援したくなった。それにしても今回は、どんな手口で20万枚も売ったんだ」と言い放っていた。 いずれにしても、今年で結成10周年を迎えるとかいうAKB、もはやも新鮮味も何もない。どっちにしても終焉を迎える。と言うより「羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹…」というように、1匹づついなくなっていくだろう。とてもじゃないが、AKBが東京オリンピックまで存在しているなんて妄想だ。そんなわけで、時代は“仮面女子”に代わることは確実だろう。 IMG_3244.jpg
さて、今回、会場に登場した諸星は、光GENJI時代に10作品連続1位の記録を作ってきた。「紅白」にも6回出場している。要は、「オリコン1位」→「さいたまスーパーアリーナ単独公演」そして「紅白出場」…と、現時点で仮面女子の目指す位置にいるというわだ。 「売れて来ると、悪い大人が近づいてくるから気をつけた方がいい」 と助言をしたかと思えば、その一方で 「僕は当時、天狗の仮面をしていた。そのおかげで、天狗になった」 とも。さらに 「アイドルというのは人が決めること。でもアイドルというのは、ある種、神のようなものだからね。それを自分で言っちゃいけない。俺?俺はスーパースターだった。ただ、僕の時代は、音楽はレコードだった。レコードは基本的にA面、B面だったが、その後はCDになりカップリングというようになった。今の時代は、その上にイベント(E)やファン(F)が重要になっている。それが、この世界のABC…じゃないか」 なんて、真面目なトークも。 IMG_3291.jpg
いずれにしても仮面女子にとって諸星は、お父さんやお母さんの年齢である。そういった意味じゃ、少しぐらいは真面目なことを言わないと…。 因みに仮面女子は、諸星について「今まで、私たちのイベントで黄色い歓声は少なかったが、今日は、これまでにないくらいの黄色い歓声を浴びた」 なんて言っていた。 ま、それはさておき、注目の「元気種☆」だが、すでに20万枚を突破している。