4年3ヶ月ぶりの音楽活動再開を前に12年ぶり「紅白」出場が決定‼︎ レコーディングの米ラスベガスから生中継へ!

中森明菜の「紅白」12年ぶり出演が決まった。来年1月に新曲シングルと新録アルバムを発売し4年3ヶ月ぶりの音楽活動再開を目指す明菜にとって、復帰第1弾が「紅白」というのはインパクトも大きい。明菜の出演を「紅白」の最大の目玉としたいNHKとの思惑が一致した格好だ。ヒット曲がない中での「紅白」だが、明菜の出演で視聴者の関心が高まることは確かだ――。
音楽関係者は「NHKは明菜の出場を最大の目玉と考えてきた」とした上で、次のように言う。「松田聖子と明菜が一つの番組で顔を揃えることだけでもサプライズ。そういった意味で、今年はヒット曲がなくても話題の大きい〝紅白〟になります」。
25万枚を超えるビッグセールスになった初のベストアルバム「オールタイム・ベスト―歌姫―」に貼付されていた特典DVDは09年に放送されたNHKの「SONGS~歌姫スペシャル~」だった。その放送スタッフとの信頼が今回の出演に結びついたことは間違いない。
特に、明菜に出演を交渉しているだろう中で放送したのが11月15日の「SONGS」だった。単に過去の放送済み番組を再編集して放送したものだったが「視聴率が5.7%を獲得するほどだった。当然、数字を見てサプライズは明菜しかないと思ったはずです」(関係者)。
明菜の出演は新曲レコーディングの米ラスベガス。生中継だという。「体調面を考慮して出演交渉しているはず。もっともファンは、どんな形にしても明菜の元気な姿を見たかっただけに喜びも大きいと思います」。
昨年の「第64回NHK紅白歌合戦」は、第1部(午後7時15分~8時55分)が36.9%、第2部(午後9時~11時45分)が44.5%だった。さて、果たして吉高由里子と嵐を司会に起用し、サザンと明菜出演、聖子大トリで今年の「紅白」の視聴率は?