“仮面女子”がグループ分けて韓台同時進出!! 韓国版TGC で初ライブパフォーマンス、日台香で同時中継も…

アイドルグループ”仮面女子”が台湾と韓国に同時進出することになった。同グループは現在、アリス十番、アーマーガールズ、スチームガールズの3つで組織されているが、9月13日にグループ内のアリス十番が台湾、そしてスチームガールズが韓国でライブパフォーマンスを繰り広げることが決まった。1つのグループが2つの国と地域に同時進出するのは音楽業界でも初めて。
アリス十番がライブを行うのは台湾・花博公園 争艶館で開催される「Tokyo Crazy Kawaii Taiwan」。日本のカワイイを世界各地でローカライズするイベント。「ファッション」「音楽」「フード」「アニメ&ゲーム」「キャラクター(雑貨)」の5ジャンルを一堂に集め紹介するもの。
一方、スチームガールズの出演するのは韓国・一山(イルサン)KINTEXで行われる「7th SEOUL GIRLS COLLECTION”SGC SUPER LIVE IN SEOUL”」。2PMやDJ DOCをはじめDynamic Duo、TEENTOP、B.A.P、BOYFRIENDなど韓国でも人気のあるアーティストが多数出演するもので、いわば韓国版”東京ガールズコレクション”。今年7回目を迎えるが、韓国では最大のイベントとなっており今回は4万人の動員が見込まれている。

※韓国進出のスチームガールズ
image0007.jpg

※台湾進出のアリス十番
image0008.jpg

このイベントに日本から仮面女子のスチームガールズが公式ゲストとして出演することになった。「日本独自のヲタ芸が韓国で受け入れられるか疑問」との声もあるが、日韓関係が問題視される中で「韓国の若い世代との文化交流」(関係者)という狙いからキャスティングされたとも。
また今回は、スチームガールズと同時に、やはり地下アイドルで結成4ヶ月足らずの女子高生アイドル3人組「SWEET BULLET」も出演することになっている。
当日はライブとファッションショーが予定されている。また、イベントは彼女たちのステージも含め日本、香港、台湾の映画館にてライブ・ビューイングすることが決定している。
※SWEET BULLET↓
image0009.jpg因みに、SWEET BULLETは、それぞれが別々に活動してきた一色杏子(16)、長岡真由(18)、椎名成美(17)が今年の5月に結成した。リーダーの一色は高校生ながら自分で振り付けを担当。日本の中学生ダンス大会で優勝し、アキバの”ヲタ芸界”で一目を置かれるぐらい、ヲタ芸パフォーマンスのプロフェッショナル女子高生として君臨。活動開始とともに東京・秋葉原発の地下アイドルのニューフェイスとして話題をさらった。