M.ジャクソンに” 隠し子”騒動!! DNA 鑑定の結果99.9 %の確率で歌手ブランドン・ハワードは息子!!

image0077.jpg
故マイケル・ジャクソンさんの”隠し子”が話題になっている。
今さら…の話である。が、全米では、この”隠し子”で大騒ぎらしい。
“隠し子”とされているのは、31歳のシンガーソングライター、ブランドン・ハワード。
DNA鑑定の結果「99.9%、マイケル・ジャクソンさんの息子である」という結果が出たと言う。
ブランドンは、この件について
「僕はTMZ.comなどのゴシップサイトに連絡していないし、この話を世間に広めたりしていない。また、僕自身はマイケル・ジャクソンの息子であると主張したこともない。それに僕はマイケル・ジャクソンの遺産管理人を訴えるつもりなど全くない。そもそも金銭面で困っていることもない。確かにDNA検査を受けた。しかし、それはそうした目的で受けたものではない」
とコメントしている。
image0076.jpg
image0075.jpg
4年前の2010年6月。マイケルの一周忌に合わせ、ブランドンは来日したことがあった。当時、筆者も会ったが、マイケルの命日の前日――6月24日には東京・日比谷のクラブでプレミア・パフォーマンスも行っている。当時、音楽関係者は「父であるマイケルの追悼ライブになるのでは…」と言っていた。マイケルが愛した日本の地で、マイケルの血を受け継いだ実の息子がライブをやったことは注目すべきことではあったが、殆どニュースにならなかった…。
当時、マイケルの”隠し子”と言われていることについて、ブライアンのマネジャーは、彼の母親が80年代のブラック・ミュージック・シーンでサイド・エフェクトのリード・ボーカリストとして活躍し、ソロでもヒットを連発したミキ・ハワードであることは認めているものの、マイケルさんの”隠し子”などかどうかについては歯切れが悪い。戸惑いの表情を隠せなかった。
この一件について当時、米ロス在住の日本人音楽ライターに聞いたところ
「マイケルの子供と言ったら、プリンス君とパレスちゃん、そしてブランケット君でしたからね。マイケルの側近だったら誰だって戸惑いますよ。ただ、マイケルの父親のジョー・ジャクソンがCNNのインタビューで、ブランドンが実子ではないかと聞かれ、言葉を失ってしまったことは認めざるをなかった。いずれにしてもブランドンがマイケルの血を受け継いだ実子であることは確かでしょう。もっとも、『今さら…』と言うのか、認めたくない勢力もあることも事実です」。
しかし、その一方では、こんな意見も…
「日本が大好きだったマイケルの遺志を受け継いだような印象さえ受けます。世界の中でマイケルを暖かく迎え入れたのは何といっても日本でしたからね。マイケルの血を受け継いだブランドンは、マイケルの命日に日本で自らのデビュー・アルバムを世界に発信したいと考えているのかもしれませんね」
と分析していた。
いずれにしても、ブランドンはマスクも歌声も雰囲気もマイケルさんにそっくりで、特に、ダンスはマイケルさん張りと評判である。
「ビリー・ジーン」は、マイケルさんの82年のヒット曲。日本のファンの間でも最も人気のあるが、この曲は、マイケルさんがブランドンの母親であるミキ・ハワードをモデルに書き下ろしたとされているだけに、ブランドンが『ビリー・ジーン』を歌ったら、誰もが認めるに違いありません」(音楽関係者)
いずれにしても、FilmOn.comというサイトを運営するアルキ・デヴィッドが、ブランドンとマイケルのDNA鑑定を行ったところ、99.9%の親子関係が認められるという結果が得られたと発表した。デヴィッドは、オークションで入手したジャクソンの歯列矯正用の歯型から検出されたDNAを使用したというが、ブランドンがマイケルの実子の”隠し子”であることは明白。ま、これからマイケルの命日が近づくにつれ、新たな展開が注目されそうだ。

偽ベートーベンの佐村河内守氏が謝罪会見。嘘を言ったゴーストライターを名誉棄損で訴えてやる!!

image0074.jpgimage0073.jpgimage0072.jpgimage0071.jpg

報道陣が多かった。
結局、髪を切ってサッパリした雰囲気で出てきて
「(ゴーストライターの)新垣隆氏を訴える」と吠えたことぐらいか…。
「新垣さんは嘘をついている。新垣さんから、こんなことはやめよう…なんて言葉は1回も聞いたことはなかった」
「後ろから声をかけたら振り向いたとか電話で喋ったなんて嘘」。
あとは「アッコにおまかせ」でスキンヘッドになってるとか、埼玉に猫と住んでいるとか…どうやら、そんなことはなかった。
因みに、障害者手帳は返上するらしい。障碍者年金はもらっていない…って断言していた。
今後については「自給自足の生活をしていくのか、今後についてはまだ分からないが、音楽に関してはやめる」。
いずれにしても、今回の会見を最後に、もうメディアには出ないと言っていたが、果たして…。
ということで、この会見で得をしたのは、これまで知名度ところか存在感すらなかった「東京グランドホテル」なるものが有名になったことぐらいか。佐村河内氏は宣伝料をもらっていたりして…。
しかし、本当に聞こえないのか?疑問は消えなかった。

レディー・ガガ、来日公演日程を自らフライング発表!? 8月13日にQVCマリンフィールドで初のスタジアム 公演!!

holiday-LADYGAGAARTWORK2014-.jpg
ガガのフライングで来日公演大わらわ!? 2年5ヶ月ぶりオリジナル・アルバム「アートポップ」を発売した米国の女性シンガー、レディー・ガガ(27)の約2年ぶりの来日公演が決定した。8月13日に千葉・幕張のQVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)で行われる。8回目の来日で3度目の公演、しかも初のスタジアム公演と、主催する米イベント会社、ライブネーションも意気込んでいたが、何と公演発表前にガガがフライング。自らのツイッターで日本公演を明らかにしてしまうというハプニングが起こった。
単独での公演は12年5月のさいたまスーパーアリーナ以来2年3か月ぶり3回目となる。昨秋11月7日に世界に先駆け日本先行発売された最新アルバム「アートポップ」は、やはり日本でも絶大な人気を誇るカナダの女性シンガー、アヴリル・ラヴィーンの最新アルバム「アヴリル・ラヴィーン」との同時発売ということもあって、ガガ対アヴリルの歌姫対決が注目された。その結果、アヴリルのアルバム・セールス4万7873枚をガガが1万620枚も上回って初登場1位に輝いた。
ガガは「新しいアルバムを出す時は期待と不安でいっぱいになるが、たくさんの人にアルバムが届いて、1位(93の国や地域のiTunesでトップ)をとれたのは嬉しいし感動している。夢や勇気など私のエネルギーの詰まったアルバムなので1人でも多くの人に聴いてもらいたい」と語っていた。
このムードに乗って、ガガの来日公演が決定した。「AetRave::The ARTPOP Ball」とタイトルされた今回のツアーは、現時点で日本を含む23ヶ国64ヵ所での公演が予定されている。関係者によると「音楽、ファッションとテクノロジーを混ぜたエキサイティングなパーティー感覚のステージになる」と言う。ガガ自身も「宇宙のダンスパーティーになる」とコメント。その上で「私のツアーには全てストーリーがあるの。今回のツアーの設定はVenus=金星よ」と言い切っている」。
そのツアーの日本公演に対しては、ガガも意気込んでいただけに、関係者も発表のタイミング伺い「3月7日午前3時」に世界同時発表と決めていた。が、何と、その発表を待っていられなかったのがガガ本人だった。自らのTwitterで公演を発表、さらに「3月11日からファン先行予約を開始する」とも書き込んでしまった。このガガの行動に主催者はもちろん、所属レコードのユニバーサルミュージック。「まさか、ガガ本人が言うなんて思ってもなかったので…。3月11日の先行予約も聞いてません」と大わらわ。
ある音楽関係者曰く「アーティストのフライングとしては珍しい話。ただ、フライングにはフライングですが、ガガにとっては案外、計画的だった可能性もあります。東日本大震災が起こってからというもの、ガガは何かと日本を意識した活動を展開してきました。そういった意味で今回の来日公演も少なからず、そういった被災地のことを意識していたはずで、大震災の3月11日に向けて何らかのアクションをしたいと考えていたんじゃないでしょうか。それがチケットのファン先行発売になったとも考えられなくもない。それに公演を日本のお盆に合わせたのもガガならではの意図があるのかもしれませんね。もっとも、Twitterの公演日程は後で削除したらしいですが、案外、ニンマリしているかもしれませんね」と見るのだが…。
因みに、チケットの一般発売は4月5日を予定している。