Archive for 2月 9th, 2014

舛添要一新都知事…「脱原発」は都知事選の争点にならず!? 細川・小泉陣営の戦略ミスも…

日曜日, 2月 9th, 2014

予想通り東京都知事選は舛添要一氏が当選ということになった。
結果として脱原発は争点にならなかった…ということになるのだろうけど、やはり放射能とか何だとか、目に見えない原発問題は実生活の中では論議にならないってことなのか…
結局は脱原発も考えているだろうけど、誰も「急にはなくせない」って思うだろうし、もはや大多数の都民の頭の中は東日本大震災の復興とか何だかより、今日のこと明日のこと将来の年金。ま、正直、東京五輪のことまで頭の中は回ってはいないとは思うが…
いずれにしても「脱原発」に集中し過ぎた感のある細川護煕・小泉純一郎陣営の戦略ミスは否めないかもしれない。あと、細川・小泉陣営は脱原発で前日弁連会長の宇都宮健児氏(共産党、社民党支持)を取り込んで、候補者を一本化出来なかったことも敗因だろう。もし、細川陣営と宇都宮陣営が共闘路線をとってきたら、舛添とはかなり接戦だったかも。そう考えたら、「脱原発」も今回の都知事選の争点になり得たかもしれないが、とにかく何事も一本化できない、まとまらないのも敗因の一つだったろう。もっとも、その場合には共産党がどう反応するかは分からないが…。
いずれにしても、今後の流れとしては震災被災地の復興と騒いでいても都民も国民も関心は薄らいでいく。今回の選挙戦でも思ったのは、何だかんだ言って文化人とかと言われる人間の影響力の無さ、インパクトの無さである。細川・小泉陣営には、多数の芸能人や文化人がついて支持を訴えていたのに票は伸びきれなかった。もちろん細川さんも、どこか迫力に欠けていた部分があるし、どこか中途半端な感じもあったことも確かだったが…。だけど、震災以来、脱原発は叫ばれてきた。そのたびに芸能人や文化人も参加して「脱原発」を訴えてきたはずだが、どうもムードを作り切れない。
いずれにしても、誰が都知事になったとしても近い将来、大地震は必ず来るだろうし、万が一、この6年以内に大地震が関東地方に来たら、そんな五輪どころじゃない。もしかしたら再び原発問題も出て来るかもしれない。そうなったら、もはや“御臨終(五輪終)”である(もちろん、どの候補者も地震対策も訴えていたが…)。もろもろ都知事は大変だ…。