Archive for 2月 8th, 2014

偽ベートーベン佐村河内守の“暗”と新垣隆氏の“明”に分かれた?利用価値十分の新垣氏

土曜日, 2月 8th, 2014

自称作曲家となった佐村河内守。
他人――桐朋学園大音楽学部非常勤講師の新垣隆氏に曲を作らせて、自分の作品として発表する…ゴーストライターと言う仕事は存在するが、佐村河内守というのは、やはりペテン師である。
おそらく、タレントがゴーストライターを使って書物を発刊するのは、読者も大抵は想像しているものだ。では、音楽の場合は…?作詞の場合…ま、大抵は、日記程度に詞を記したものをプロデューサーかなんかが詞にするなんてことがあるだろう。曲の場合にしても、楽譜が書けない場合なんかは曲をテープに吹き込み、それを五線譜にしてもらうケースは多々あるだろう。しかし、佐村河内守に場合は、自分の作り出した作品ではなく新垣氏の作り出した作品を自分のモノとしてきたわけだから、これはゴーストライターとは言わない。ある意味で“盗作”と似たり寄ったりだろう。
難聴かどうかは、他人には分からない。が、そりゃ、明らかに聞こえているのに、それでも「聞こえない」というんじゃ、いくら病院で検査したって「原因不明」だろう。どうせなら、漫才師に頼んで、佐村河内守の前で漫才をしまくってもらったらいいだろう。腹を抱えて笑い出したら、何だ聞こえてるんじゃ…ってことになる。
いずれにしても、佐村河内守は“平成のペテン師”だったことになる。
しかし、そんなペテン師と仕事をしてきて、全く気づかなかった連中っていうのは、案外、いい加減な仕事をしてきたことにもなる。だって、新垣氏は「普通に会話してきた」っていうのに、他の人は、どんな仕事のやり方をしてきたのか? 佐村河内守を大絶賛したNHKの番組スタッフも、レコード会社のディレクターやプロデューサーも…実は、それとも気づいていながら、知らない顔をしてきた?
真相は今後、徐々に明らかになっていくだろうけど、今回の発覚で分かったことは、新垣氏の才能だろう。もちろん、ペテン師・佐村河内守の存在が大きなプロモーションになったことには間違いはないが、新垣氏の作曲能力は十分にアピール出来たはずだ。
今回の発覚で、新垣氏も「同罪」「共犯」となるのだろうけど、ま、1年ぐらい経ったら…。所詮は何でもありの芸能界、音楽業界。「あの佐村河内守のゴーストライター新垣隆」として使えると思ったはずだ。CMはイメージ的に難しいかもしれないが、テレビドラマや映画の音楽――主題曲やエンディング曲、挿入曲なんかで新垣氏の作品は確実に才能を発揮するハズである。一発目の新作だったら話題性もある。
そういった意味では、今回の発覚は佐村河内守の“暗”と、新垣隆しの“明”と真っ二つに分かれた感もある。それにしても、新垣氏は桐朋学園を辞めるのか? この少子化が叫ばれる中、学生を集めたいのなら「非常勤講師」を、まずは「准教授」ぐらいにして、絶対に辞めさせないことだと思うのだが、やはり、ヘンな世間体を考えるのかな?