自主映画での公開先も募集!! 原発計画を住民の反対運動で阻止した町を描いたドキュメンタリー映画公開へ!!

原発計画を住民の反対運動によって阻止した町を描いたドキュメンタリー映画「シロウオ~原発立地を断念させた町~」が公開されることになった。1月18日に東京・小金井市民交流センターで昼夜2回上映する他、1月25日には神奈川県横浜市鶴見区にある鶴見公会堂でも上映される。
製作・脚本は矢間秀次郎、撮影は中井正義が担当した。
製作と配給については映画「シロウオ」製作委員会が組織され現在、自主上映での公開先も募集を受け付けている。因みに、貸出の条件は「5万円+(動員数×500円)」(※上限10万円)だという。なお、18日の小金井市民交流センターでの上映会についてはすでに前売券が完売しているという。
この映画は30年以上も前の出来事。当時、原発計画があったにも関わらず、住民の反対運動によって原発計画を阻止した町があった。チェルノブイリや福島で原発事故が起こる以前に、なぜ住民らは原発の危険性に気づき、原発マネーの誘惑を拒み、計画を中止に追いやることができたのか…。この映画は、原発反対運動に携わった当時の住民十数名の証言をもとに約104分の映像にまとめ、現在、そして将来の日本の在り方を問うている。
監督は、これがデビュー作のかさこ(本名:笠原崇寛)。
年間約8万枚の撮影、約90万字の執筆を行うカメライター(カメラマン+ライター)で、月間約30万アクセスを記録するブロガーでもある。著書に、東日本大震災の被災地をリアルに描いた「検証 新ボランティア元年」(共栄書房刊)などがある。
映画の公開にあたって「福島原発事故が起こるはるか前に、原発の危険性を感じて原発計画を追い出した町が全国34カ所もあることを知り、衝撃を受けました。本作品では、和歌山県の日高原発と、徳島県の蒲生田原発の反対運動に焦点をあてることにしました。3・11の記憶は急速に風化しています。今後の日本社会の在り方や原発問題を考える上で、過去に原発立地を断念させた人々の想いが、参考になるのではないかと思います」とコメントしている。 

千葉真一も駆けつけた…やしきたかじんさん訃報の裏で業界の妖怪・宮西渡さんを囲む「宮西会」が盛大に!?

2014年の新年。業界の暴れん坊とも、妖怪とも目されている?宮西渡さんを囲む会「宮西会」が東京・六本木のイタリアンレストランで。宮西さんも70を過ぎたが、とにかく元気である。現在は”Zプロモーション”というプロダクションの社長さん。かつて”グラビアの女王”と言われた嶋村かおりを世に出しスターダムに押し上げたことで知られる。他にも、千葉真一のマネジメントをやっていた…なんて未確認情報があったが…、何と、今回の「宮西会」には千葉真一が、高校3年生になる息子を引き連れてきた。しかも、千葉真一は「宮西さんとは45年の付き合いになる」と振り返っていた。やはり、言われ続けていた宮西さんの「未確認情報」は事実だったのか!? 絶好のタイミングである。宮西さんに”直撃”してみた――・すると、宮西さん曰く
image0058.jpg「TBSで放送していた、あのドラマだよね…。そうそう『キーハンター』の時に知り合ったんだよ」。
では、その時に、マネジメントを!?
「いやいや…。単に知り合っただけ。マネジメント?そんなものはしていないよ。単に知り合って、付き合ってきただけなんだよ…」。
「?」
しかし、このいかにも魑魅魍魎としたビミョーな言い方が、業界チックである…。
振り返ってみれば、宮西さんは小林幸子も知り合いで、一昨年の暮れの「宮西会」に来たことがあった…。「9歳から面倒を見てきた」なんて言っていたが、先日、新潟県民栄誉賞を授与された際に小林幸子に尋ねると、やや苦笑いしながら「宮西さんねぇ…。もちろん、よく知ってますよ」。
実に不可思議な関係である。
そこで、さらに宮西さんに聞いた。
「分からないんだけど、千葉真一も小林幸子も知り合いと言うことは分かったけど、このことが宮西さんにもメリットはあるだろうけど、宮西さんと知り合いだっていうことで千葉や小林幸子には何のメリットがあるわけ?」
その問いには、さすがに宮西さんも言葉を詰まらせていたが…。
しかし、そんな宮西さんの元には、色々な人が集まってくる。今回の「宮西会」にも、千葉真一はもちろんだが、あの”浪速の視聴率男”の異名をとるタレントのやしきたかじんさんが亡くなったと言う情報が業界を駆け巡っている最中に、週刊誌やスポーツ紙、ネット情報の芸能記者など10数人が集まり、さらにプロダクション関係者やシンガーソングライターも多数詰め掛けていた。ま、【ヘッドロック】まで、取り敢えず行くのだから、やはり、何だかんだ言っても宮西さんの人柄と言うべきか?
他にも、日本維新の会所属の衆議院議員・松田学氏までもが…。
松田氏は大蔵省(現財務省)出身――エリート官僚上がりの国会議員である。誰が見ても宮西さんとは不釣り合いである。その松田氏と宮西さんが、どんな関係かは、さっぱり分からない。もちろん、そんなメリットがあるのかも分からないが、わざわざ「宮西会」のために時間を空けて来るような関係であることは確かだろう。
いずれにしても魑魅魍魎とした芸能界ということだろう。
因みに、70歳を過ぎた今でも、まだ”野望”はあるらしく、虎視眈々と芸能界で何かを仕掛けようとしているようである。