猪瀬直樹都知事の言いぐさ…副知事就任時代は部屋に都税で特注トイレを造らせた芋虫男が知事給料を1年間返上!?

芋虫都知事の猪瀬直樹が崖っぷちだ。
とても「大宅壮一ノンフィクション賞」を受賞(「ミカドの肖像」)した著名な作家とは思えない。案外、作家活動は偽装だったんじゃないか?徳洲会から借金したのは「生活への不安」とか何とか言っていたが、ってことは作家でも「印税生活」は夢物語だったのだろうか?しかし、都議会の総務委員会では「1年間の知事給料を返上する」なんて言っていたから、やっぱり生活に余裕があるのだろう。ま、給料を返上したって、生活費を“接待費”とか、適当な理由をつけて“経費”にして上げちゃえば、何も苦労はしないってことかもしれない。
と言うのも芋虫猪瀬という男は、実に身勝手、自己チュー、いい加減な男なのだ。その一つが副知事に任命された07年の夏のことである。都庁の副知事室に入るや
「何で部屋にトイレがないんだ!」
「俺は副知事だぞ! 共同便所なんて使えるわけないだろ!」
「部屋に便所がなくてプライバシーが守れるか」
何て言い放って、副知事室に無理やり便所を作らせた。その設置代金、何と500万円也。これが猪瀬のポケットマネーだったら文句はないが、もちろん税金(都民税)である。
「副知事室に便所を作れと簡単にはいいますが、排水管や水廻りなど、新たに工場をするわけですからね。これは大変です」(関係者)
配管やら水廻りの工事費だけで、400万円は下らないらしい。
当時、テレビや雑誌なんかで、道路公団について吼え、政治家、官僚の「税金無駄遣い」を言いたい放題、批判しておきながら、それはないだろ!要は、金銭感覚の乏しい単なる“電波芸者男”だったってことだ。
もっとも、こんな芋虫に1票を入れた都民にも責任はある。しかも、400万票も超える得票になったものだから調子に乗る。結局はどうにもならない。徳洲会から金を貰ったのとだって、芋虫からしたら徳田虎雄氏の「お・も・て・な・し」だったなんて言いかねない。
いずれにしても、徳田徳洲会は日本医師会の反発を受けながらも24時間年中無休の理念を掲げ、合理化でコスト減、離島などの僻地医療などに力を入れてきた。そして全国区に医療施設を拡大し続けてきたわけだが、そのためには当然、政治の力を必要としてきたことは紛れもない事実。そこで、果たして芋虫猪瀬が利用したのか、それとも利用されたのか…、それともは甘えただけなのか?どっちにしても卑しさがににじみ出ていたことだけは確かだ。

特攻隊俳優らしからぬ女々しい言いがかり⁉︎…酒井法子の舞台降板で今井雅之が100倍返しの反撃‼︎

俳優・今井雅之が原作・脚本・演出、そして主演し来春に上演する予定だった舞台「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」で、主演に決めていた酒井法子から「出演お断り」と言われ逆上ーー⁉︎
「出ると約束した」と主張する今井と、「出るとは言っていない」という酒井側…要は、言った言わないの話だが、お互い素人じゃないんだから…それに果たして、これをドタキャンと言うのか何というのかは微妙なのだが、大人気ない展開である。
舞台「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」というのは、特攻隊を描いた今井の代表作「THE WINDS OF GOD」の続編的なもの。今井も「『THE WINDS OF GOD』のパート2とも言える作品」と言っている。まあ、そういった意味では思入れのある作品というわけだ。
酒井を主演と冒頭記したが、実際には、軽度の知的障害のある男性を演じる今井が主人公。で、酒井は、同じ障害のある女性の役だったようだ。まるで、かつてのドラマ「星の金貨」の別バージョンのような感じ…。
何れにしても、今井の気持ちとしては、覚せい剤取締法違反で有罪判決を受け、執行猶予が明けた酒井法子の復帰作となった舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」(東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール)に出演した経緯がある。共演したばかりか客まで動員してやった。その時の「お礼として俺の舞台にも出るのは当然だろう…」という思いもあったに違いない。もっとも、その舞台は大コケ。ギャラの支払いも満足に言っていない状況らしいから、酒井にとっては忘れたい舞台なのかもしれない!けど。

 ま、ぶっちゃけ、これは今井と酒井側の温度差の問題だろう…

そう言った中で、今回の問題というのは起こるべきして起こったと言ってもいいかもしれない。しかし、そうは言っても納得できないのは今井である。自らのブログ「押忍!」でマジ切れトークをしてしまった感じだ。
一応、事務所の社長を引き合いに出してはいるが、本音は酒井法子にアピールしていることは明白。しかし、これが特攻隊の舞台を22年も続けてきた今井にしては、ちょっと女々しい。
「酒井法子さんの事務所が 突然の降板を申し出てきました」
とした上で
「まぁーいわゆるドタキャンの理由を聞いたのですが、明確な理由はいただけず…」と続き、
「自分は、彼女のコンプライアンスの問題でスポンサーの半分以上は拒否され、劇場も貸していただけない状況の中で、私は彼女との出演の約束を果たすべく
相当の根回しと努力をしたのですが、理解してもらえませんでした」。

芸能的には面白いが、今井が書いちゃったらマズイでしょ。
しかも、ここまで書いておきながら
「私は今でも 酒井法子さんの事を信じております」
って何⁉︎ そう言ってながら
「 でもしかし、制作的には何の問題もなく、次の出演者の候補も決まっておりますしコンプライアンスの問題で貸していただけなかった劇場も承諾していただき、断られていたスポンサーも承諾し応援していただける事になりました」
実にイヤミな特攻隊俳優である。
こんなことを書くのは【ヘッドロック】のような三流ブログに任せておけばいいのに…ま、今井も株を落としたものである。
しかも、矛先は事務所の社長に…
曰く
「事務所の社長が、ああでは…酒井法子さんのあの才能もあの事務所の社長の考えではどうなるか、余計な心配ですが不安に思っております」
曰く
「まぁー、舞台よりパチンコの営業を取ったと言われても、事務所の社長さんは何も言えないでしょう。事務所的には、やはり目の前のお金なんですかね」
そりゃそうだろう。今井の舞台に出るより、今は目先の金だろう。それが現実である。正直言って、事務所の社長からしたら酒井法子の将来より、今日の稼ぎ、明日の稼ぎに決まってる。そんなこと、今井だったら分かってるだろうに…
ま、そう言っても舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」に出てやった代償は大きい。今井にとっては酒井に「100倍返し」してやりたい心境だったのかもしれない。いやはや…。

“プレスリー以来の大物男性シンガー”の異名…ブルーノ・マーズ来春4月に日本初公演決定!!

IMG_20131203_102640.JPG

グラミー賞2年連続6部門ノミネートされ、米国ではプレスリー以来の大物との異名をもつハワイ出身の男性ポップ・シンガー、ブルーノ・マーズの初日本公演が決まった――来年4月12、13日に千葉・幕張メッセで行われる。2010年に本格的なソロ活動を開始して以来、日本での公演が待ち望まれていたが、そこは大物。「ギャラが高い」ことから、なかなか実現できなかったという。今回は、ようやく折り合いがついたのだろうか…関係者によると幕張メッセの他にも大阪公演も予定しているという。

 冒頭でも記したように、ブルーノ・マーズは米国では「ブレスリー以来の大物男性シンガー」として人気となっている。音楽関係者の間では”和み系”のシンガーとして評価されていて、その爽やかな美声で世界を席巻している。

日本ではイマイチの馴染だが米国では凄い。特に2010年に発売したファースト・シングル「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」とセカンド・シングル「グレネイド」が共に全米ビルボードで4週連続1位を獲得、11年の「グラミー賞」では新人としては過去最多の主要部門を含む6部門でノミネートされ、見事”最優秀男性ポップ・ボーカル賞”を受賞。翌11年には映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1」(ビル・コンドン監督)に「イット・ウィル・レイン」を提供するなどし、昨年(12年)の「グラミー賞」では”2年連続6部門ノミネート”と言う快挙を成し遂げた。IFPI(国際レコード産業連盟)によると、11年のデジタル・シングル売上げは新人シンガーとしては異例の1、2位にランクされている。

 日本では馴染が…とは言っても、それは邦楽に比べてのもの。洋楽では人気が高い。それだけにデビュー以来3年、来日公演が待ち望まれていた。が、今年1月にアルバム「アンオーソドックス・ジュークボックス」のプロモーションで、ようやく”初来日”。都内でショウケースを行って、来日公演への地固め。水面下で本格的な公演に向けての準備が進められてきた。

 因みにだが現在、ブルーノは、台風被害に見舞われたフィリピンでの救援活動支援を目的にしたチャリティーアルバム「SONGS FOR THE PHILLIPINES」(11月25日に世界同時発売)にアデルやザ・ビートルズ、マドンナ、ボブ・ディラン、ビヨンセ、レディー・ガガ、エミネム、ケイティ・ペリー、ワン・ダイレクションらと共に参加、同アルバムでは、チャリティーの趣旨に賛同、それぞれ思いやりと希望をテーマにした曲を提供しているが、このアルバムの中でブルーノは「Count On Me」を披露している。