お騒がせ芸人のM高史が世界陸上男子マラソン代表・公務員ランナ ーの川内優輝選手の優勝を富士山頂で祈願!!

__.jpg富士山頂から優勝祈願――。埼玉県職員の公務員ランナー川内優輝選手似のお騒がせ芸人アスリートのM高史(28)が、モスクワで開幕中の世界陸上・男子マラソンに出場する川内選手の優勝を祈願して15日に”富士山祈願マラソン”を行う。世界文化遺産に登録された富士山を駆け上がり、霊峰富士の山頂・富士浅間神社で祈願する。現地で応援できない分、日本が世界に誇る富士山から声援を送りたいと意欲を見せている。
M高史は、川内選手に似た格好で各地のマラソンや駅伝に出場して物議をかもしている”お笑い芸人ランナー”。箱根駅伝で上位を競っている駒澤大学の出身で、大学時代は陸上部マネジャーを務めていたことから、女子マラソンの谷川真理さんや川内選手とも親交が深い。
その川内選手が2大会連続で世界陸上の男子マラソンの代表に選ばれたことから「自分らしい形で川内選手を応援したい」と考え抜いた結果、世界文化遺産に登録された富士山を駆け上がり山頂で優勝を祈願することになった。「日本一の富士山からモスクワの川内選手にエールを送りたい」と言う。
男子マラソンは17日の午後3時半(日本時間・午後8時半)にルジニキ・スタジアムをスタートする。このためM高史はスケジュールを調整、15日の早朝に富士山の静岡県側・須走ルートの富士浅間神社をスタートするという。山頂までの距離はおよそ20キロで、丁度ハーフマラソンと同じ距離になる。須走浅間神社と須走口登山道(ふじあざみライン)は、世界文化遺産の構成資産にもなっているだけに「(優勝)祈願するには最高のロケーション」と意欲をみせる。
頂上では、富士山の世界文化遺産登録を記念して作られて評判の絵馬に願いを記し富士浅間神社に置いてくるという。
また、M高史は、マラソンを通じて「仲間をつなぐ」ことを目的とした皇居一周マラソン「アキバ☆エンタメマラソン」も9月8日に企画している。同マラソンはHIV/AIDSの治療支援・啓蒙活動の一環で川内選手の実弟・川内鮮輝さんらも参加する予定だと言う。