激太っていたガガが…。レディー・ガガが2年半ぶりアルバム発売に向けて宣伝用のセクシーショットを公開!!

ほんの数か月前まで激太りだったガガ様が…。今年2月に「股関節唇損傷(こかんせつしんそんしょう)」を患い、予定していた25本のコンサートをキャンセル、リハビリ中に激太っていた”世界のアイコン”レディー・ガガが見事に復活――11月11日に「ボーン・ディス・ウェイ」以来2年半ぶりとなるオリジナル・アルバム「アートポップ」を発売することが決まったことから本格的に活動を再開することになった。その復活アピールが、またまたガガらしい。8月1日午前3時に第一弾となる宣伝用の写真――セクシーショットを公開。リハビリ中の激太りからの復活も同時にアピールした。もっとも、このセクシーショット写真をジャケットに使用するのかどうかは分からないが関係者によれば「今後、徐々に新たなセクシー写真が公開されていく」と言う。
__.jpg
「アートポップ」は、ガガにとっては通算4枚目のスタジオ・アルバム――要はオリジナル・アルバムとなる。「これまでに、全世界でアルバムは2400万枚をセールス、シングルについては9000万枚を売り上げています」と言う。
その最新アルバムについてガガは「ARTPOPは、私の血まみれの指から生まれたシングルで幕を開けるわ。過去の傷みを彫り返すのは恐ろしいこと。でも、そこで私は生々しい情熱を見つけたの。私の心は壊れてしまったと思っていたけど、今はもう戦う準備が出来ているわ。さあ、音楽を始めましょう」なんて意欲を見せている。
因みに、アルバムに先行して8月19日には第一弾シングル「アプローズ」が発売される。全世界はデジタル配信での発売になるが、日本だけはデジタル配信+シングルCD発売になると言う。この「アプローズ」と言うのは「拍手」とか「喝采」を意味していて、ガガは「この曲は楽しくてハッピーな作品。この作品で伝えたいことは私はアプローズのために生きていると言うこと。私に拍手してくれたり叫んでくれたりするときに感じるみんなの愛が私の喜び」「私の愛するものを全てちょうだい!! 私はニューヨーク出身の貧乏なパフォーマーよ。これが私の人生なの!!」と言っている。
楽曲のプロデュースは、前作「ボーン・ディス・ウェイ」を手がけたディージェイ・ホワイトシャドウだという。また、写真は、「Vogue」や「V Magazine」など有名雑誌をはじめ多数のハイラウンドの広告などを手がけているデュオ・フォトグラファーのイネス&ヴィノードによるもの。このデュオは、今回のガガのアートワークには深く関与することになっていて、ミュージックビデオなどの監督も務めるとか…。