M高史…富士山の記念日に霊峰富士山頂から世界陸上・川内優輝選 手に優勝のエール!!  五合目から2時間4分!!

2013081513560000.jpg__.jpg
富士山誕生の記念日に霊峰富士からモスクワの川内選手にエール――。お笑い芸人アスリートのM高史(28)が、世界陸上の男子マラソンに代表選手として出場する埼玉県庁の”公務員ランナー”川内優輝選手の優勝を祈願して15日、”富士山祈願マラソン”を行った。世界文化遺産に登録された日本の誇る富士山を駆け上がり、霊峰富士の山頂・富士浅間神社で絵馬に願掛けして祈願した。「モスクワで応援出来ないが、日本が世界に誇る富士山から声援を送ることが出来た」と満足顔だった。
M高史は、川内選手に似た格好で各地のマラソンや駅伝に出場して物議をかもしてきた。しかし、その実力は川内選手も認めるほど。大学時代は、箱根駅伝で上位を競っている駒澤大学陸上部のマネジャーを務めていた。川内選手ばかりではなく女子マラソンの谷川真理さんとも親交が深い。
その川内選手が2大会連続で世界陸上の男子マラソンの代表に選ばれたことから「自分らしい形で川内選手を応援したい」と、世界文化遺産に登録された富士山を駆け上がり山頂で優勝を祈願した。
男子マラソンは17日の午後3時半(日本時間・午後8時半)にルジニキ・スタジアムをスタートする。このためM高史は15日の早朝5時に富士山の静岡県側・須走口の富士浅間神社をスタート。富士山須走口五合目で休憩をとり、その後、頂上を目指し11時にゴールした。五合目から頂上までの登山時間は2時間4分だった。
__.jpg
山頂までの距離はおよそ20キロで、丁度ハーフマラソンと同じ距離になる。須走浅間神社と須走口登山道(ふじあざみライン)は、世界文化遺産の構成資産にもなっているだけに「さすが日本一の山だけに辛かったが、空気もよく爽快だった。優勝祈願には最高のロケーションだった」と満足顔。
2013081513550000.jpg頂上の富士浅間神社では、富士山の世界文化遺産登録を記念して作られて本八合目の「江戸屋」で特別販売されて評判の「富士山絵馬」に「必勝祈願 世界陸上 川内優輝」と願掛けし奉納した。また、この日は富士山が姿を現した日とされ奥宮にとっては特別な日で、奥宮での例祭日とも重なった。それだけに「願ってもないタイミング。僕の思いは絶対に届くと思う」と目を輝かせていた。

お騒がせ芸人のM高史が世界陸上男子マラソン代表・公務員ランナ ーの川内優輝選手の優勝を富士山頂で祈願!!

__.jpg富士山頂から優勝祈願――。埼玉県職員の公務員ランナー川内優輝選手似のお騒がせ芸人アスリートのM高史(28)が、モスクワで開幕中の世界陸上・男子マラソンに出場する川内選手の優勝を祈願して15日に”富士山祈願マラソン”を行う。世界文化遺産に登録された富士山を駆け上がり、霊峰富士の山頂・富士浅間神社で祈願する。現地で応援できない分、日本が世界に誇る富士山から声援を送りたいと意欲を見せている。
M高史は、川内選手に似た格好で各地のマラソンや駅伝に出場して物議をかもしている”お笑い芸人ランナー”。箱根駅伝で上位を競っている駒澤大学の出身で、大学時代は陸上部マネジャーを務めていたことから、女子マラソンの谷川真理さんや川内選手とも親交が深い。
その川内選手が2大会連続で世界陸上の男子マラソンの代表に選ばれたことから「自分らしい形で川内選手を応援したい」と考え抜いた結果、世界文化遺産に登録された富士山を駆け上がり山頂で優勝を祈願することになった。「日本一の富士山からモスクワの川内選手にエールを送りたい」と言う。
男子マラソンは17日の午後3時半(日本時間・午後8時半)にルジニキ・スタジアムをスタートする。このためM高史はスケジュールを調整、15日の早朝に富士山の静岡県側・須走ルートの富士浅間神社をスタートするという。山頂までの距離はおよそ20キロで、丁度ハーフマラソンと同じ距離になる。須走浅間神社と須走口登山道(ふじあざみライン)は、世界文化遺産の構成資産にもなっているだけに「(優勝)祈願するには最高のロケーション」と意欲をみせる。
頂上では、富士山の世界文化遺産登録を記念して作られて評判の絵馬に願いを記し富士浅間神社に置いてくるという。
また、M高史は、マラソンを通じて「仲間をつなぐ」ことを目的とした皇居一周マラソン「アキバ☆エンタメマラソン」も9月8日に企画している。同マラソンはHIV/AIDSの治療支援・啓蒙活動の一環で川内選手の実弟・川内鮮輝さんらも参加する予定だと言う。

「後から前から」。アイドルAV嬢の小島みなみ、紗倉まながユニット“乙女フラペチーノ”結成!!

2013080910550000.jpg むかしは、AV女優が何人もメジャーデビューしていた。飯島愛が当時のBMGビクター(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)から出た時は、それとなく話題にもなった。意外とビクターが積極的だったように思うが、88年に歌手デビューしたかかわいさとみは大きな話題になったものだ。何と言っても銀座の山野楽器でキャンペーンライブもやっていたし、オリコンチャートにもAVでは初めてランクインしたりしていた。
それから20数年…。AV嬢は多数出ているが、CDを出してもメジャーデビューはめっきり少なくなったような気がする。時代と共に芸能界も寛容になったような気もするが…もっとも、出しても「売れない」ということかもしれないが、正直言って「こんな新人を出すんだったら、AV嬢の方がマシ」なんてケースも多々あるのだが…。
そう言った中、意外に期待されるんじゃないか…と思うようなアイドルAV嬢がCDデビューすることになった。
小島みなみと紗倉まな。
公式では小島は21歳で、紗倉は20歳。小島は2年前にAVデビューしてビデオの他でも衛星(CS)の番組なんかに出演している。一方の、紗倉は昨年、AVデビューしたが現役の専門学生として話題になった。AV界ではさまざまな賞を受賞している。
そんな2人が結成したのは”乙女フラペチーノ”。
デビュー曲は、畑中葉子の歌った「後から前から」。80年ににっかつロマンポルノで公開された畑中主演の映画の主題歌。これも当時、ビクターから発売された。「カナダからの手紙」が大ヒットした畑中が「にっかつロマンポルノ」でデビューと…大いに話題になったものだが、その曲を…。ま、音楽業界は”80年代ブーム”だから狙いはあるのかもしれないが、”乙女フラペチーノ”版はクラブ調のアレンジで原曲よりノリのある曲に仕上がっている。
東京・恵比寿のアクトスクエアで初披露されたが、振り付けは、”超”人気男性アイドルグループの振り付けなんかも担当しているWさんで、紗倉によれば「3日間で覚えた」と言う。
いずれにしても、10月末から11月ぐらいにCD発売したいそうだが、もちろん現時点ではメジャーデビューは決まっていない。Wさんによれば「AV嬢というイメージを出さず、楽曲を優先した振り付けにした」と言うが、実際にAV嬢を彷彿するような色っぽい振り付けではない。いずれにしても、期待はしたいが、果たして…。

5月結婚組の対決!? シェネルがアルバム発売で保田圭と惚気合戦!! 「夢のような男性と結婚で来て幸せ」「春がやってきた気分」

自らの振り付けを担当する米トップダンサー、G・マディソン(29)とゴールデンウィークに”電撃結婚”したマレーシア出身の女性シンガー、シェネルが7日、東京・赤坂にあるチャペル、赤坂アプローズスクエア迎賓館でアルバム「アイシテル」の発売記念イベントを行った。「カップル限定」「歌でカップルの愛を祝う」なんてキャッチフレーズのついたスペシャル・イベントで、参加応募を受け付けたら500組1000人からの希望があったとか。今回は、その中から20組40人が選ばれたが、会場には15組30人が猛暑の中を駆け付けた。
__.jpg
結婚して、現在はロサンゼルスで生活しているシェネル。結婚後――ゴールデンウィーク明けに来日した時も惚気まくっていたが、今回は、その時より、さらにバージョンアップした惚気ぶりだった。何て言ったって、最新アルバムのタイトルが「アイシテル」である。ここまで来たら、もはやプライバシーの押し売り。一応、今回のイベントではカップルを招いているから「愛がたっぷり詰まったアルバムに仕上がっています」「カップルにはパーフェクトな内容になっています」「『ベイビー・アイラブユー』に続く(愛の)作品」なんて言っていたが、実際には「彼のために作った作品も盛り込まれています」なんてお惚気ぶりを繰り広げた。
さらに「今は、妻と言う立場をエンジョイしています」「今は日本とアメリカを行き来していますが、彼と会いたい気持ちが高まっている」「夢のような男性と結婚できたことが一番の幸せ」なんて惚気放題だった。
__.jpgその後に登場したのが、やはり5月の末(5月29日)にイタリア料理研究家の小崎陽一と結婚したモーニング娘。の保田圭。今回は単に「シェネルと同じ5月に結婚した」ということでの繋がりでサプライズゲストだったようだが、登場するや保田も負けてはいられないというばかりに惚気ていた。
曰く「結婚って本当にいいですよね。春がやってきたような毎日です。もうラブラブです」。外は猛暑だというのに「春が来たような…」とは…。そして、夫婦生活についても「今までは何でも一人だったけど、今は頼れる人が出来てホッとしています。安心感が違います」「私は朝ご飯担当なので朝食は毎日作っています。彼は和食が好きなので…出来る範囲で作ってますが、焼き魚は得意ですね。あと、晩酌は毎日やっています」。もはや、じぇじぇじぇである。
そんな保田に対抗してなのか、シェネルは「私も落ち着いた生活を送っています。ただ、私の場合は晩御飯を作っています」。どうでもいいが、アルバムの発売イベントのはずが、惚気の競い合いになっていた。ま、そんなアルバムなんだろう。
いずれにしても、iTunesのダウンロードチャートでは発売と同時に1位にランクされたとか。イベントではヒット曲「ベイビー・アイラブユー」「ビリーヴ」、そして、今回のアルバムのリード・シングル「アイシテル」の3曲を熱唱していたが、カップルには大好評だったようだが、猛暑の日には合わないイベントだった。

C&AのASKAの“薬物中毒騒動”の顛末…ASKAの逮捕よりビデオ所有の暴力団関係者の逮捕は近い!?

 CHAGE&ASKAのASKAの動向に注目が集まっている。“薬物中毒”というばかりか、事態は暴力団絡みの騒動に発展、「シャブ吸引ビデオ」の存在まで明らかに…とにかく、「週刊文春」による実名報道で、世の中は、まるでASKAが逮捕でもされたかのような騒ぎだった。
それにしても、果たしてASKAの“薬物中毒騒動”の真相は…。
薬物中毒に関して、ASKAが逮捕されるかどうかは、現時点では可能性は少ないと見た方がいい。何故なら、現行犯でない限りは逮捕は難しいと言うことだ。万が一、ASKAが薬物中毒であっても、ここまで騒ぎになったら…。いずれにしても、ASKAの逮捕はないだろう。ただ、もし本当に薬物中毒だったら、海外に出も行って入院して完治させることに尽きるだろう。
しかし、今回の騒動の大きなポイントは、ASKAの“薬物中毒”なんかより「シャブ吸引ビデオ」でASKAをゆすっていた暴力団関係者だろう。おそらく、その部分に関しては警視庁組織犯罪対策4課も重大関心を示しているに違いない。だいたい、ビデオでヤクを使用していたとしても、そのヤクが果たして何なのか「?」である。「風邪薬だった」「睡眠薬だった」と言い切ってしまってもいいわけだし、今さら調べようがないし逮捕は出来ないだろう。それより、ここまで暴力団関係者が浮き彫りになっている以上、捜査関係者だって知らん顔は出来まい。少なくとも、ASKAに被害届を提出させるに違いない。で、ASKAから被害届が出たら、ビデオを撮った者や、そのビデオを使ってASKAに接触した暴力関係者を「恐喝」など理由をつけて一網打尽にするはずだ。警察庁、警視庁もここまで暴力団追放キャンペーンをやってきて、今回のような事態を放っておくことはありえないだろう…。
ま、ASKAについては、被害届を提出させた上で、任意で尿検査を行い、結果的に「薬物反応は出なかった」ということになるに違いない。もっとも、ここまで報道された以上は、通称「マトリ」と呼ばれる厚生労働省麻薬取締部が形式的にも動かなければならないだろうが…。
いずれにしても、本当に薬物使用でASKAを逮捕――ということであれば、ここまで実名報道されてしまったら、いくら内定捜査をしていたとしても後の祭りに近い。ま、ネタのない芸能界で、ちょっと刺激的な芸能ニュースになった程度だろう。

さだまさしが長崎から東日本大震災被災地にエール…コンサートは スポンサーで賄い、チケット売り上げは全額寄付…

holiday-holiday-P8040530.jpg「(東日本大震災の被災地、被災者を)忘れない」という気持ちを持ち続けたい――。シンガーソングライターのさだまさし(61)が4日、出身地・長崎の稲佐山公園野外ステージで「長崎から東北へ」と題した東日本大震災復興支援チャリティーコンサートを行った。さだ自らホストになり加山雄三、アンジェラ・アキ、ゴスペラーズ、ひめ風(南こうせつ、伊勢正三)らが長崎の地から東北に向けて歌のメッセージを届けた。会場は全国各地から8000人のファンが詰めかけ熱気に包まれた――。
「(震災から)時間が経つとどうしても被災地と我々との間で温度差が出て来る。しかも、東北から離れた場所になるとなおさら温度差が生まれてくる。だったら…。東北から遠い場所、九州の長崎からエールを送りたいと思った。いくら時間が経とうとも、より遠い場所から”忘れない”という声を上げることが大切。今回のコンサートは東北に向けての応援団の総決起集会にしたい」。
さだは、今回のコンサートの意義をそう説明した。
さだは87年から06年までの20年間に亘って出身地である長崎で夏の無料の野外コンサート「長崎から さだまさし」を行ってきた。毎年1万5000人を上回る動員で長崎では夏の風物詩になってきただけに、7年ぶりの”稲佐山コンサート復活”には長崎も盛り上がっていた。
とは言っても今回は、さだのコンサートというより、さだの呼びかけによる「東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」という異色のコンサートとなった。そのさだの呼びかけに応じたアーティストは加山雄三やアンジェラ・アキをはじめゴスペラーズ、スターダスト・レビュー、佐田玲子、チキンガーリックステーキ、奏基博、そして南こうせつと伊勢正三の結成したユニット”ひめ風”といった面々。「本当は、もっと多くのアーティストから参加をしたいと言う声があったが、今回は絞った。それでも30数組という大人数となってしまった」と関係者。
image0020.jpg
ステージは、さだの「長崎小夜曲」から始まり、「手紙~拝啓十五の君へ〜」(アンジェラ・アキ)、「22才の別れ」(ひめ風)、「君といつまでも」(加山雄三)、「北の国から」(グレープ)など、出演者それぞれが代表曲を熱唱した。
コンサートには、福島第一原子力発電所の放射能被害にあった福島から子供たち30人を招いていた。「長崎は原爆の落ちたところ。福島での原子力発電所の事故とは違うが、放射能被害という部分では同じ。ただ長崎は原爆から50年、60年で元気になった。ふるさとの復興は大変だが子供たちに元気になって欲しいという願いを込めて招待した」という。
その一方で「本来なら子供たちには2〜3週間、長崎で過ごして欲しかったが…」。数週間だけでも放射能から離れて生活することも子供たちにとっては必要なことさだは言う。
image0012.jpg
いずれにしても、今回はチャリティーコンサートと言うこともあり5000円から1000円の範囲内で入場料を設定していた。ただ、コンサートはスポンサー(U−CANやダスキンなど)からの収入ですべて賄い、チケットの収益金は全て被災地にさだが自ら行って寄付するという。しかも、寄付金は日本赤十字社といった機関には任せず、さだ自らが届ける。「確実に被災地に届けたい」と言う。
さだは、現在発売中のCD3枚組ベストアルバム「天晴〜オールタイム・ベスト〜」が20万セットに迫る勢いでセールス。発売以来5週間に亘ってベストテン入りしている他、30年半ぶりにベスト3入りを果たした。

激太っていたガガが…。レディー・ガガが2年半ぶりアルバム発売に向けて宣伝用のセクシーショットを公開!!

ほんの数か月前まで激太りだったガガ様が…。今年2月に「股関節唇損傷(こかんせつしんそんしょう)」を患い、予定していた25本のコンサートをキャンセル、リハビリ中に激太っていた”世界のアイコン”レディー・ガガが見事に復活――11月11日に「ボーン・ディス・ウェイ」以来2年半ぶりとなるオリジナル・アルバム「アートポップ」を発売することが決まったことから本格的に活動を再開することになった。その復活アピールが、またまたガガらしい。8月1日午前3時に第一弾となる宣伝用の写真――セクシーショットを公開。リハビリ中の激太りからの復活も同時にアピールした。もっとも、このセクシーショット写真をジャケットに使用するのかどうかは分からないが関係者によれば「今後、徐々に新たなセクシー写真が公開されていく」と言う。
__.jpg
「アートポップ」は、ガガにとっては通算4枚目のスタジオ・アルバム――要はオリジナル・アルバムとなる。「これまでに、全世界でアルバムは2400万枚をセールス、シングルについては9000万枚を売り上げています」と言う。
その最新アルバムについてガガは「ARTPOPは、私の血まみれの指から生まれたシングルで幕を開けるわ。過去の傷みを彫り返すのは恐ろしいこと。でも、そこで私は生々しい情熱を見つけたの。私の心は壊れてしまったと思っていたけど、今はもう戦う準備が出来ているわ。さあ、音楽を始めましょう」なんて意欲を見せている。
因みに、アルバムに先行して8月19日には第一弾シングル「アプローズ」が発売される。全世界はデジタル配信での発売になるが、日本だけはデジタル配信+シングルCD発売になると言う。この「アプローズ」と言うのは「拍手」とか「喝采」を意味していて、ガガは「この曲は楽しくてハッピーな作品。この作品で伝えたいことは私はアプローズのために生きていると言うこと。私に拍手してくれたり叫んでくれたりするときに感じるみんなの愛が私の喜び」「私の愛するものを全てちょうだい!! 私はニューヨーク出身の貧乏なパフォーマーよ。これが私の人生なの!!」と言っている。
楽曲のプロデュースは、前作「ボーン・ディス・ウェイ」を手がけたディージェイ・ホワイトシャドウだという。また、写真は、「Vogue」や「V Magazine」など有名雑誌をはじめ多数のハイラウンドの広告などを手がけているデュオ・フォトグラファーのイネス&ヴィノードによるもの。このデュオは、今回のガガのアートワークには深く関与することになっていて、ミュージックビデオなどの監督も務めるとか…。