もはや「関係ない」とも言っていられない!? のりピーの弟が4年間で4度目の逮捕…今度は児童福祉法違反。

モーニング娘。の矢口真里の“お持ち帰り不倫”は自業自得、その玉砕ぶりはなかなか面白い、笑っちゃう騒動だったが、酒井法子の弟・吉原健の再々逮捕は何ともイタい話だった。そもそも、暇があれば何かやらかして逮捕されている…やはり精神行動に問題があるのだろう。
今回の逮捕――福岡県警は30日、のりピーの弟(と言っても腹違いの弟だが…)吉原健を児童福祉法違反などの容疑で逮捕したと言う。吉原は現在も指定暴力団山口組系組員らしいが、18歳未満の少年2人を組事務所で働かせるなどしたらしい。吉原は「身に覚えはない」と言っているらしいが、指定暴力団山口組系組員と認定されているだろうから、そんな言い訳は通用するとは思えない。起訴されたわけだから、これは問答無用で実刑になるだろう…。
それにしても、彼は、のりピーが覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された09年に覚せい剤取締法違反で逮捕、懲役2年6か月の実刑判決を言い渡された。
また、昨年も東京・青山で元夫の高相祐一の父親が経営するスキーショップ「ジロー」に現れ従業員に「酒井法子が逮捕されたのは高相の責任、そのために(自分の)妹も入院した」とか言いがかりをつけて逮捕され、さらに、昨年末には福岡県古賀市で会社員の男性を拳銃のようなものを出して「殺すぞ」とか言って脅して逮捕されている。そして、今回…。今回の事件の逮捕容疑は2年も前――2011年から12年にかけて起こした話。で、児童福祉法違反というのは、当時15歳と16歳だった少年2人を福岡・宗像市にある組事務所で電話番をさせたり、路上で果物なんかを販売をさせたりしていた容疑である。
いずれにしても、この4年間で4度の逮捕と言うのは事件の大小とは別として、ちょっと異常過ぎはしないか。明らかに「病気」と言う以外ない。彼は覚せい剤でも逮捕されているが、彼こそ、どこか精神科の病院の隔離病棟かなんかに入れてカウンセリングをしたりして治療させないと、のりピーにとっても、…もちろん社会にとっても、それ以上に吉原本人とってもいいことじゃない。
のりピーにとっては所詮は、腹違いの弟だし、ここは誰から見てものりピーも被害者で、実に迷惑な話ではあるが、そうは言っても、こう逮捕が続けば、やっぱりイメージだって悪いし、少なからずのダメージはある。当然、無視し続けることだって出来ない。しかも、元夫だって…。
だとしたら、ここは無視し続けるのではなく、人知れず、弟を病院に入院(隔離)させて、それこそ完治するまで出さないことだろう。これだけ逮捕されると言うのは、常識的に考えて社会に適応出来ない病気と判断すべき。のりピーも芸能界で活動していくと言うのならやむを得ない話である。それとも、のりピー自ら、改めて資格でも取り直して世ため人のっために弟を介護するか…である。