お騒がせ芸人のM高史。埼玉県内のマラソンへの出場は無理でも次は千葉のアクアラインか東京マラソンで…!?

__.jpg 4日に埼玉・春日部市で開催された「春日部大凧マラソン」で、埼玉県庁の星でマラソンランナーである川内優輝選手に似た格好して10キロレースに出場、ゴール後は川内選手に成りすまし(本人は否定していたらしいが…)、ファンからのサインを受けていたことからヒンシュクを買ったモノマネ芸人の”M高史”が、東京・秋葉原にある「AKIBAエンタメ★ステージ」で謝罪の記者会見を行った。「混乱を招いてしまい、参加者、ファンのみなさま、そして川内選手にご迷惑をおかけ致しました。申し訳ございません」なんて一応は神妙に謝罪をしていたが、周囲もM高史本人もハラの底では「チャンス到来!」と思っていたことは間違いない。そりゃ、M高史も芸人。思ってもなチャンス。まさに宝くじで1000万円を引き当てたようなものだろう(3億円の当たり券になったかは今後の成りゆき次第)。
それにしたって、M高史のチャッカリは、芸人と兼務で今回、謝罪会見の会場となった「AKIBAエンタメ★ステージ」の副店長なんかを務めていたこと。この会場は、オタ系のライブハウスなのだが、実はニコニコ動画かなんかでアイドル番組を生放送している。そういった意味で考えたら、M高史にとっては、芸人だけではなくライブハウスの副店長としてもオイシイ騒動になったってことだ。こんなことは滅多にない。噂に聞くところによると、ここ数日は連日連夜、美酒に酔っていたらしい。ま、いいことなんて、そう続くはずがなく、そのうちに足をすくわれるかもしれない。それにしても、謝罪会見の模様をニコニコ動画で生中継するなどチャッカリしている。商売上手と言えば商売上手である。
いずれにして、M高史については、すでに記したから、ここでは割愛するといして、今回の騒動では、川内選手には迷惑をかけたとする一方で、川内選手からは「今後もよろしく」と言われたらしい。ま、川内選手のモノマネをしたわけでもなく、単に似ているだけの間柄。似ているものには文句は言えない。どうせなら、冗談でも「実は兄弟でした」と爆弾発言をしたら面白かったが…。
しかし、M高史が着用している「埼王県庁」と書かれたユニフォーム。「玉」の”点がない”という言い訳は如何なものか?
ところで今後だが、埼玉県庁からは「川内選手が走る大会への出場はご遠慮下さい」と言われたらしいが、こうなりゃ、今秋の千葉県のアクアライン・マラソンとか来年の東京マラソンとかに出場して、またまた話題をさらうかもしれない?
因みに、M高史はモノマネでも本業は「アーティスト系」。B’zやL’Arc〜en〜Ciel、平井堅などのマネが得意だとか…。