投票率ワースト記録更新は免れた千葉県知事選…大きな争点もなく“青春の巨匠”森田健作が123万票で圧勝!!

一時は投票率のワースト記録更新か!? とも言われた千葉県知事選挙だったが、記録更新だけは免れたようだ(97年の知事選が28.67%で最低投票率だった)。
千葉県知事選挙は、17日に投開票が行われ現職の“青春の巨匠”森田健作が当選した。他に千葉大名誉教授の新人・三輪定宣(みわ・さだのぶ=75歳・共産党推薦)と会社経営の佐藤雄介(さとう・ゆうすけ=31)が立候補していたが、ハッキリ言って論外。
森田には自民党や公明党の他、みんなの党、日本維新の会などが推薦や支持を表明、天地がひっくり返っても森田の当選は確実だった。
以前も書いたが、4年前の知事選挙は酷いものだった。当選した途端に「完全無所属」で立候補したことを叩かれ、県議や市民ら850人によって組織された「森田健作氏を告発する会」には公職選挙法違反(虚偽事項の公表)の疑いがあるとして千葉地検に刑事告発された。今では誰もが「当然」「当たり前」となった「東京アクアラインの通行料800円」も、批判のオンパレードだった。
あれだけ大騒ぎしておきながら、今回の千葉県知事選は批判ゼロ。全く無風状態での当選である。森田は、持論で「出る釘は打たれるが、出過ぎた釘は打たれない」なんて言っていたが、全く、その通りかもしれない。いずれにしても、今回の当選で森田は「魅力ある千葉県を作る――千葉ドリーム」なんて言っていた。アクアラインの通行料800円の恒久化はもちろんだが、県内の道路整備も急務になっているようだ。また、父親が警察官だっただけに「安心、安全な生活のために防犯に力を入れたい」そう。これは、ぶっちゃけ千葉県警は気がたるんでいるだけに喝を入れないとダメである。さらに「次の時代を担う子供たちが、千葉県民であることに誇りをもつようにしたい」とも。
いずれにしても、これは「公約」と言っても、どっちかといったら「取り組み」と言った方がいいかもしれない。確かに、最大の公約だった「アクアラインの通行料800円」は実現、木更津には日本最大のアウトレットまで出来て、この地域での雇用も広がっている。批判の一つも言いたい人もいるだろう。が、何だかんだ言っても、やることだけはやってきたことは確か。
ま、対抗馬の1人だった三輪氏は、教育改革や体罰問題を掲げている他、いわゆる「原発ゼロ」を目指した自然エネルギーの活用などを訴えていた。が、正直なところ、これじゃ森田との争点にはならない。何のために立候補したのか…有権者もシラケるばかりだ。
holiday-P3170211.jpg
それにしても、今回の千葉県知事選。NHKは投票の締め切った8時に「当確」を打った。いくらなんでも早すぎる…。で、森田は8時から万歳をやり、ダルマに目玉を入れ、会見。何とその全てが20分で終わってしまった。それどころか選挙事務所は8時半に閉めてしまった。これが、首都圏――千葉県の知事選挙なのだろうか…正直言って、そっちの方が驚きが大きかった。
ま、そうは言っても、この選挙戦のように県政も平穏に進めばいいのだが…。

※最終投票率31.96%で前回を13.6ポイントも減らした。
確かに「投票先がない…」という人もいただろう。しかし、今回の獲得票は…
森田健作  123万 137票
三輪定宣    28万8762票
佐藤雄介     4万7559票
前回の09年に森田が獲得した票は101万5978票だった。
投票率は下がっても獲得した票は前回よりもアップしていたことになる…

BOØWYのデビュー30周年で解散宣言ドキュメンタリー映画を全国公開!! 25年ぶりに新作グッズも発売…

 BOØWYが映画で復活――。若手のロックバンドやアーティストに多大な影響を与えてきた伝説のロックバンドBOØWYのデビュー30周年を記念してライブ・ドキュメンタリー映画が緊急上映される。3月23日から7日間限定で東京・六本木ヒルズのTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国の主要映画館で上映されるという。さらに、映画公開に合わせファンから要望の高かった「BOØWYスペシャル・グッズ」も25年ぶりに発売することも決まった。
image0021.jpg
 BOØWYは氷室京介、布袋寅奏、松井恒松 高橋まことの4人で結成し活動してきたロックバンド。82年3月21日にメジャー・デビューして以来、「わがままジュリエット」(86年)「ONLY YOU」(87年)「Marionette -マリオネット-」(87年)などヒットを連発し、その後のロックグループやアーティストの活動に大きな影響を与えてきた。
「LIVE CINEMA BOØWY 1224 FILM THE MOVIE 2013」とタイトルされた今回のライブ・ドキュメンタリー映画は、87年12月24日の東京・渋谷公会堂での解散宣言に焦点を当てたドキュメンタリー映像。当時、5台の16ミリ・フィルムを駆使し撮影されていたものの、これまで24年間「1224」とナンバリングされたまま都内の倉庫の片隅で眠り続けていたという。
「BOØWYとして書き下りされた作品の全てが収録されている貴重な映像。そればかりかアンコール前の楽屋風景はもちろん、ライブの最後に発表された衝撃の解散宣言、さらには観客と解散の噂を聞きつけ渋谷公会堂前に集まった暴動寸前の数千人の群衆の姿、解散宣言後の騒然とした空気など当日の全貌が鮮明に記録されている。完全未公開のプレミア感あふれる映像作品となっているだけに当時を知るファンには必見」と関係者。
フィルムでの撮影だったが今回、ハリウッド映画の大作の修復を数多く手掛ける米ロサンゼルスの映像プロダクション「リライアンス・メディア・ワークス」によってハイクオリティな映像に完成させた。また、23日からの上映を前にBOØWYのデビュー記念日である3月21日には先行上演も予定されている。関係者は「5.1chサラウンドの大迫力音声でBOØWYの魅力を最大限に表現していく」と言う。
それだけではない。映画公開に合わせ、これまでファンから要望が高まっていた「BOØWYスペシャル・グッズ」の発売も決定した。もちろん全て新作のグッズだ。タオルのようなものはないらしいが、Tシャツやパーカーなどを中心に発売する予定で、発売商品は公開直前に発表したいと言う。公開の劇場での販売に限定されるというだけにプレミアム・グッズになることは確実だ。
映画上映時間は約120分。因みに、公開はTOHOシネマズやワーナーマイカルの劇場などを中心に全国80~100館での上映を予定している。チケット:全席指定で2,000円(税込)※劇場特典BIGステッカー付き。