4年前の” 森田健作批判” は一体何だったのか!?  盛り上がりに欠ける千葉県知事選…今回の問題は投票率!!

holiday-?X?c????.jpg盛り上がらない…。とにかく盛り上がらない。おそらく有権者も「行かなくてもいいんじゃないの?」と思っているに違いない。
千葉県知事選が28日に告示された。
再選を目指すのは現職である”青春の巨匠”の森田健作で、他に千葉大名誉教授の新人・三輪定宣(みわ・さだのぶ=75歳)と会社経営の佐藤雄介(さとう・ゆうすけ=31)が立候補する。
思い起こせば森田は、4年前の09年の知事選に「完全無所属」で立候補したことで叩かれ、それこそ得体の知れない、市民らによって組織された「森田健作氏を告発する会」(県議や市民850人参加していたというが…)が、公職選挙法違反(虚偽事項の公表)の疑いがあるとして千葉地検に刑事告発したりしていた。しかも、当時は民主党もちょっと元気があっただけに、森田批判もエスカレート。森田が公約で掲げていた「東京アクアラインの通行料800円」に関しても、ワイドショーのコメンテーターなんかは「何考えているんだ!!」なんて言って批判を展開していた。
しかし、「道義的」とはよく言ったものだが、選挙ポスターで「完全無所属」と名乗ったからと言って一体、何人が投票するのだろうか? だいたい当時の森田の獲得票数は、(落選した)05年の時の95万票を上回る1,015,978票だった。次点の吉田平は636,991票だったことを考えると、当時の森田批判は単なるイチャモンとしか言いようがなかった。もっとも森田も脇が甘かったと言ってしまえばそれまでだが、しかし、あれだけ批判したのだから、今回の知事選で立候補して自己主張するのが筋なのだが…いざ、出馬する顔ぶれを見たら、無所属で共産党推薦の三輪氏と、やはり無所属の佐藤氏の新人候補。あれだけ森田批判を展開した4年前は一体、何だったのか?
いずれにしても、今回も森田は「首都圏中央連絡自動車道の整備や東京湾アクアラインの通行料値下げの恒久化」などを訴えていくと言い、前回同様に「無所属」で出馬するらしいが、何と自民党はもちろんみんなの党、それに公明党までもが支持するという。
因みに、対抗馬の1人である三輪氏は、教育改革や体罰問題を掲げている他、いわゆる「原発ゼロ」を目指した自然エネルギーの活用などを訴えるが、結局のところ、これといった争点がない。これじゃ有権者もシラケるばかりだ。森田も、その点には頭を悩ませているようで「投票率を上げるような選挙戦にしたい」と言っているが、森田1人で気勢をあげていても意味がない。
97年の知事選は28.67%の低投票率だったが「今回の知事選も似た構図になりそう」なんて声まで出て来る始末。ま、森田も3期12年ぐらいは知事をやらなければ、千葉県知事になった意味はないと思うが、それにしても…である。投開票は3月17日。果たして投票率がどのくらいで、青春の巨匠・森田は何万票とるのか…実に注目されるところだ。

松たか子や三浦友和、中尾彬からキンタロー。、金爆、壇蜜まで多彩な面々が出席…東スポ映画大賞授賞式

holiday-P2240065.jpg
東京スポーツ新聞社恒例の「東京スポーツ映画大賞」授賞式が東京・芝の東京プリンスホテルで行われた。ビートたけしが審査委員長を務める異色の映画、エンターテイメント大賞で今回が22回目。昨年もそうだったが、何故か東京マラソンと同じ日に開催される。ある意味では慌ただしさを感じさせるような授賞式である。
holiday-p2240046.jpg
今年の受賞は、作品賞が「アウトレイジ ビヨンド」で、監督賞が北野武、そして男優賞は「アウトレイジ ビヨンド」に出演した悪役12人(西田敏行、三浦友和、加藤亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁)という、まさに「たけしのためのたけしの映画大賞」と言ったものだった。ま、そういったところが“異色な映画大賞”といったところだが…。因みに、授賞式にはスケジュールの都合で来られなかった西田敏行、高橋克典、神山成の3人を除いて9人が顔を揃えた。
その他、主演女優賞の松たか子(「夢売るふたり」)や新人賞のマキタスポーツ(「苦役列車」)も出席した。
因みに、外国作品賞は「ドライブ」で、特別賞には先ごろ亡くなった大島渚監督に贈られた。
holiday-P2240017.jpg
holiday-P2240021.jpg
また、この映画大賞と同時に「第13回ビートたけしのエンターテインメント賞」の授賞式も行われた。日本芸能大賞は「授賞式に出席する」との条件で、授賞式に出席したハマカーン、アルコ&ピース、キンタロー。、ゴールデンボンバーに贈られた。また、話題賞は壇蜜が受賞した。たけしから「モデル、女優、タレントとあるが、壇蜜は何なの?」と聞かれると、壇蜜は「エッチなお姉さんです」と答えていた。この女は凄い!! 恐るべし壇蜜…
holiday-P2240052.jpgそれにしても、たかしが言っていたが、ここ最近の芸能界は「みんなが一つの方向に行ってしまうような傾向にある。そういった中で新人が一発屋で終わってしまうことが多い。芸能界にとってよくない」というようなことを言っていたが、確かにそうだ。お笑いでも何でも、電光石火のように受けて人気が出るが、その後が続かない。キンタロー。についても、今は何かと受けているが、それもAKBや前田敦子がいての人気である。この先は分からない。今年の後半は果たして何をやって受けているだろうか!? そういった意味では芸能界――エンターテインメント界にとっては深刻なこととも言えなくもない…。

観て損はなし…舞台「旅立ち〜足寄より〜」の初日――名古屋公演 はスタンディングオベーションの拍手と歓声…

image0018.jpgここ最近の【ヘッドロック】は、明けても暮れても舞台「旅立ち〜足寄より〜」である。いい加減にせい!! なんていう声も出来てきそうだが、ハッキリ言って「宣伝」なんだから仕方がない。とにかく、観てもらえば分かるが全く手抜きをしなかっただけに予算がかかる、かかる。
ま、宣伝と言ってもくど過ぎると逆効果と言うこともあるのだが…
それはさておき、初日の19日――愛知・名古屋市芸術創造センター公演は無事に終わった。
本来、名古屋と言うのは難しい場所なんだが、今回は、敢えて初日を名古屋に選んだ。名古屋を成功させれば全国展開が出来ると踏んでいたからだ。
image0017.jpg

image0016.jpg

で、その名古屋公演――。ハッキリ言って最高の盛り上がりとなった。夜の部なんて、拍手と歓声の嵐。最後にはスタンディングオベーションとなった。年配者が多いだけに会場は異様な雰囲気になった。出演者は「鳥肌が立った…」なんて言っていたし。
その舞台の見所は、内容ももちろんあるが主演の三浦祐太朗がギターの弾き語りで松山千春の名曲、ヒット曲「旅立ち」「足寄より」「オホーツクの海」「銀の雨」「初恋」…とにかく5曲を”2フィンガー” (千春の独特の弾き方でアルペジオの奏法)で歌い上げていることだろうか。他にも、風の名曲「22才の別れ」も…。とにかく、舞台でもライブ感あふれた演出となっている。
image0019.jpg
脚本はテレビ朝日「臨場」「遺留捜査」など多数のテレビドラマや映画(映画版「臨場」など)を手がけてきた尾西兼一氏が初めて舞台劇を担当。さらにテレビドラマの巨匠・赤羽博氏が初めて舞台演出にチャレンジした。映像ドラマと生の舞台とのコラボレーションになっているのもこれまでにない手法。舞台好きの人からは違和感があるようだが、舞台を観慣れていない人、初めて舞台を観る人には非常に分かりやすく、飽きさせない展開になっているはずだ。休憩もないのに2時間がアッという間に過ぎてしまうだろう。
ま、観て損はないはず。ここは騙されたと思って観てもらいたい…。
image0015.jpg
今後の公演日程
2月23日  大阪・大阪サンケイホールブリーゼ
2月26日  福岡・福岡ももちパレス
3月15日  静岡・静岡市民文化会館(中ホール)
3月22〜24日 東京・東京グローブ座
3月29日  宮城・仙台楽楽楽(ららら)ホール
4月2、3日 北海道・札幌 道新ホール

“1人でも多くの人に…” 舞台「旅立ち〜足寄より〜」をアイドル・ユニット” AeLL” がバックアップ!!

image0013.jpg
19日の愛知・名古屋市芸術創造センターから開幕する舞台公演「旅立ち〜足寄より〜」を人気アイドル・ユニットの”AeLL(エール)”が応援隊(キャンペーンガール)として参加することになった。自分たちが出演しない舞台の宣伝を買って出るアイドルというのは異例のこと。その理由について「素晴らしい舞台。とにかく1人でも多くの人に観てもらいたい」とコメントしている。また、東京公演前夜(3月21日)には東京グローブ座で公演を盛り上げる”前夜祭ライブ”に出演を予定している。
“AeLL”は、まずAKB48とは全く無縁のアイドル・ユニットだということ。人気アイドルの篠崎愛が中心となって結成された4人組アイドル・ユニット。2年前の11年4月にシングル「エコロジーモンキーズ」でデビューした。現在までに4枚のシングルと1枚のアルバムを発売している。活動のテーマに「健康」「エコ」「環境問題」を掲げ、アイドルの中でも「ポリシーを持ったユニット」と評判となっているとか。また、東日本大震災では「被災地にエールを送ろう!」と支援イベントにも積極的に参加してきた。
そういった中、今回は舞台公演「旅立ち〜足寄より〜」を盛り上げることになった。基本的には公演が2月から4月にかけて行われることから、新年度を前に「新たな”旅立ち”にエールを送りたい」としているが、それ以上に「舞台の内容に共感した」というのが参加の大きな理由となっている。
「松山千春さんの生き様を描いたものですが、その中身は感動の一言。高校のクラブ活動とかスポーツの世界では体罰や暴力問題がクローズアップされているが、そういった問題で頭を悩ませている先生や指導者にぜひ観てもらいたい」と言う。
また、前述した通り舞台公演の東京公演では前夜祭も企画されている。
AeLLは、舞台出演のワカバやしおり、長江健次、そして「ドラゴンボールZ」のベジータ役で知られる声優の堀川りょうらとライブも予定している。
image0014.jpg※AeLL.
篠崎愛(1992年2月26日生まれ)、西恵利香(1989年1月11日生まれ)、石條遥梨(1993年6月11日生まれ)、鷹那空実(1994年1月22日生まれ)の4人組アイドルユニット。2011年4月、シングル「エコロジーモンキーズ」でデビュー。3枚目のシングル「Everyday 負けない!」は、篠崎愛主演の映画「パンツの穴」の主題歌になった。
【写真】は左から鷹那空実、西恵利香、篠崎愛、石條遥梨。

舞台「旅立ち〜足寄より〜」出演のシンガーソングライターしおり が千春の故郷・足寄でキャンペーン!!

いよいよ、来週19日の愛知・名古屋市芸術創造センターから開幕する舞台公演「旅立ち〜足寄より〜」だが、この1ヵ月間、主演の三浦祐太朗や金子昇など、出演者はプロモーション活動に精力的だった。舞台上での映像ドラマ部分のロケや舞台稽古などの合間を縫ってだから、実際には大変だ。そういった中で、今回の舞台で”女優デビュー”する?シンガーソングライターのしおりも独自のキャンペーン。何と、松山千春の故郷・北海道でのキャンペーンを繰り広げてきた。
考えてみれば、沖縄出身のしおりがこの時期に北海道に行くのは初めてのこと。余りの寒さに右往左往状態だったようだ。
image0011.jpg

image0012.jpg

しかも、北海道キャンペーンでは、千春の生まれ故郷・足寄にも立ち寄ってきたと言うから驚きだ。しおりなりの役に徹しようとしたのか?それはわからないが、足寄では千春の生家はもちろん、千春が青春時代を過ごした足寄高校や08年に制作された映画版「旅立ち〜足寄より〜」のロケセットなんかも訪れたようだ。いずれにしても、千春の青春時代をしおりなりに肌で感じてきたというわけだ。
因みに、しおりについて簡単に述べておくと、彼女は1987年9月7日、沖縄県那覇市首里生まれ。高校在学中に参加したコンテストでのグランプリ受賞をきっかけに本格的に音楽活動を開始したという。今から6年前の07年8月にEMIミュージック・ジャパンから全国デビュー。この時の曲「Smile」がスマッシュヒットとなった。音楽活動の一つとして、ミニひまわりの種を配布する「花のしおり」をスタート、その地道な活動がNHK総合テレビ「あさイチ」ほか、全国各地の新聞やテレビで紹介され、数多くの卒業式で歌われるようになった。昨秋9月26日に2枚目のアルバム「Partner」が発売された。
一度、しおりの作品を聴いてみるのもいいかもしれない…

カナダ人だから?全米NO1のカーリー・レイが“新人賞候補”からも漏れ無冠に…「第55回グラミー賞授賞式」

「第55回グラミー賞授賞式」が10日夜(日本時間11日)、米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われた。今回は何と言っても新人の米ロックバンド、ファンが「年間最優秀レコード」「年間最優秀楽曲」「年間最優秀アルバム」「最優秀新人賞」なと主要4部門の他、全6部門でノミネートされ注目されていただけに、昨年のアデルのように主要3部門は独占してしまうのか…なんて思って見ていたが、最終的には「年間最優秀楽曲」と「最優秀新人賞」の受賞にとどまり、「年間最優秀アルバム」はマムフォード&サンズの「バベル」が取り、「最優秀レコード賞」はゴティエ「Somebody That I  Used To Know」が受賞するなど分散された格好となった。
しかし、今回のグラミー賞では、一部の受賞者のノミネートを巡って全米レコード芸術科学アカデミーの会員に対する疑問も露呈した。その最大のものが主要4部門の中の一つである「最優秀新人賞」候補から昨年、最も売れたと言われるカーリー・レイ・ジェプセンが漏れたことにあった――。
image0002.jpg
カーリーは、日本でも大人気で昨秋9月に発売したデビュー・アルバム「キス」が、すでに30万枚を売り上げている。このCDセールスが低迷する中で洋楽の新人アーティストとしては快挙とも言うべきセールスとなったことは間違いない。
そのカーリーは、全米のカリスマ・アイドルで自身のツイッターのフォロワー数が3000万人もいるというジャスティン・ビーバーが立ち上げた新レーベル「スクールボーイ・レコーズ」の第1弾アーティストとして昨春全米デビューした。ジャスティンと同じカナダ出身の新人アーティストだが、デビュー曲の「コール・ミー・メイビー」は米ビルボード・チャートで9週連続1位にランクされ、昨年は“最長全米No1シングル”に輝き、当然のことながら「グラミー賞」の最優秀新人賞候補として注目されていたわけだ。が、しかし、いざフタを開けてみると最優秀新人賞候補の中にいない!!
そこで今回、現地の音楽関係者に聞いてみた。すると「ノミネーションの投票をする全米レコード芸術科学アカデミーの会員は若くはないからね」とした上で「あるいはプロデュースをしたジャスティンへの評価の低さが根底にあるのでは…」とも。
これが事実なら「世界で最も権威のある音楽賞」という代名詞にも傷のつく話。
だが、確かにジャスティンもアルバム「ビリーヴ」がミリオン・セラーになったにもかかわらず、今回のグラミー賞では1部門もノミネートされなかった。そのことにマネージャーのスクーター・ブラウン氏は「アルバムは大ヒット。ツアーのチケットは完売。今回、彼は評価されるべきだった」と、グラミー賞を運営する全米レコード芸術科学アカデミーを批判していた。
「結局、アカデミー会員は若干18歳のジャスティンにどこか抵抗を抱いていることは確か。本音ではカナダ出身のアーティストだったからという意見もあるが、苦肉の理由としてはグラミー賞は人気やレコード・セールスを重要視しないとも言いたいかもしれませんね」(前出の音楽関係者)。
もちろん、その一方で、「(候補から漏れたのは)カーリーがインディーズ時代もあり新人ではない」と言った理由も出ていたそうだが、「だったらファンも同じだろう…」ということになる。
結局のところ新人賞候補から漏れた理由はアカデミー会員が選んだ結果――という以外ない。
それはさておき、グラミー賞授賞式と言えば、やはり豪華なライブ・パフォーマンスだろう。今回はテイラー・スウィフトのオープニングに始まり、リアーナ&スティング&ブルーノ・マーズ、エルトン・ジョン&エド・シーラン、アリシア・キーズ&マルーン5 、ジャスティン・ティンバーレイクなど過去最高の20組がステージでエキサイティングなパフォーマンスを披露した。

◇主要4部門の受賞作品
【年間最優秀レコード】
▽「Somebody That I Used To Know (feat.Kimbra)」(ゴティエ)
【年間最優秀楽楽曲】
▽「伝説のヤングマン~ウィー・アー・ヤング~(feat.ジャネール・モネイ)」(ファン.)
【年間最優秀アルバム】
▽「バベル」(マムフォード&サンズ)
【最優秀新人賞】
▽ファン.

この差は一体…峯岸は“お泊まり”で丸坊主!! 柏木は厳禁の“合コン参加”でも新曲が発売されてニッコリ!!

 「週刊文春」がAKB48のスキャンダルにイケイケ状態だ。峯岸みなみの“お泊まり”に続いて、今度はAKB48の主力メンバーの柏木由紀である。週刊文春によれば、AKB48では“厳禁”とされている「合コン参加」。しかも、場所はカラオケ店だそうで、そのお相手はセレッソ大阪の扇原貴宏らJリーガーである。両者ともに“肉食系”と言ったところ?で、記事によれば柏木の他に、ここでもミニラ峯岸が登場!! さらにAV女優の明日花キララなんかもいたというから、ますます何があっても不思議じゃない?この合コン、もともとは峯岸が仲のいい柏木を誘ったと言うが、要するに、お互い“類友”の遊び人。何だかんだ言ってもAKBの中では猫を被っていただけの話だ。
しかし、そんなことはどうでもいい。峯岸の場合は“お泊まり”の責任をとって坊主になった。どうせなら剃ってしまったら面白かった。瀬戸内寂聴に弟子入りして仏門で修業とか。結局は、研修生になってでもAKBのメンバーでいてチヤホヤされたいということのようだが、これからは、髪の毛がどこまで伸びたとか…そんな話題で話題を食いつないでいくのだろう。髪の毛が伸びるまでは時間がかかるし、実に巧妙な話題作り作戦だと感心した。
しかし、峯岸は責任とって坊主になったのに、柏木は平然とソロデビューシングル「ショートケーキ」の発売イベント&握手会ときた。しかも、楽曲のタイトルに因んで“パティシエ辻口の手作り特大ショートケーキ”を披露したり、スピリチュアル女子大生のCHIEをスペシャルゲストに招いて柏木のオーラ診断をやったり…、もうそこには、文春の報じた“肉食Jリーガー”との合コンの話題なんて全くなし。この違いは一体何なのだ?
要するに、臭い物には蓋を…というのだろう、もはやスキャンダルにいちいち反応していたらキリがない、AKBが崩壊してしまう…ってことかもしれない。ま、峯岸ぐらいは坊主にして晒し者には出来ても、柏木は主力メンバー。総選挙では3位である。スポンサーに対しても契約の問題もあるので顔向けできない。いずれにしても、ここまできたらAKBは“ババ坂状態”――もはやババアが坂を転げ落ちるようなものだ。
それにしても、気になるのは、祭りの終わった後のAKBのメンバーである。みんな、どうなるのだろう…。芸能界は冷たい。売れている時は何かとチヤホヤするが、売れなくなって1人になったら、誰も相手にしなんかしない。スッパリ芸能界から去ってしまうならいいが、未練タラタラだったら、間違いなくAVへの道だろう…。案外、そこにドラマがあったりして。

拓郎、こうせつ、ユーミン、千春から亀淵元社長までも…ニッポン放送が2月22日からANN45周年で“45時間特番”

 ニッポン放送の「オールナイトニッポン」が放送開始45周年を迎えたと言う。深夜の長寿番組だ。しかも、ラジオ番組の中でも未だに影響力がある。ある意味ではオピニオンリーダー的な存在だと言っていい。
それにしても、「オールナイトニッポン」からは多数のパーソナリティーが生まれた。その数、実に400組以上だとか。そういった中、ニッポン放送も45周年の集大成とも言うべき記念特番を放送すると言う。予定では、2月22日午後10時から24日午後10時まで、何と45時間に亘ってのスペシャル番組を計画している。
総合司会は、11年9ヶ月という長期間の記録を持つ落語家の笑福亭鶴光と、その鶴光が担当していた土曜日で現在「オールナイトニッポン」のパーソナリティを担当するオードリーが担当する。因みに、鶴光の記録を上回る歴代最長パーソナリティ記録はナインティナインだと言う。ナイナイは現在もレギュラーパーソナリティを担当し記録更新中(2013年1月時点で18年9ヶ月)だ。
と言うことで、45周年の特番は、鶴光とオードリーが語る「オールナイトニッポンのすべて」と題し、オールナイトニッポン45年の歴史の中で起きた大事件、珍事件、生み出された流行語やキャラクター、ヒット曲、ヒット本、そしてスターたちを紹介していくようだ。
2月22日午前10時の「笑福亭鶴光&オードリーのオールナイトニッポン」が45時間のオープニング番組となる。続いて、現在金曜日のレギュラーパーソナリティを担当するAKB48(13時~15時)、そしてオリエンタルラジオ(15時~17時)へと続いて行く。その他、今回の45時間スペシャルには、
元ニッポン放送社長の亀淵昭信(23日午前5時~7時)、南こうせつ(23日午前7時~9時)、吉田拓郎(23日11時~13時)、おすぎとピーコ(23日13時~15時)、松任谷由実(23日17時~19時)、松山千春(23日19時~21時)、SMAPの中居正広(23日23時30分~23時30分)、福山雅治(23日23時30分~14日25時)、中島みゆき(24日午前3時~4時)、ビートたけし(24日12時~14時)…。
なお、45時間スペシャル放送当日には「45周年記念コンピレーションCD‐BOX『オールナイトニッポン 真夜中のフォーク伝説』」企画の詳細も発表されるという。
この他、この45時間スペシャルに先立って、2月18日~22日までの午後8時から午後9時50分には「時代とともに振り返る オールナイトニッポン45周年グラフィティ」と題した番組も放送する予定だそうだ。この番組は70年代から90年代の時代背景・世相・流行・ヒット曲を当時の「オールナイトニッポン」の貴重な音源を元に振り返ると言う。とにかく、70年代から80年代に青春を送ったリスナーに「古き良き時代」をアピールしていこうというわけだ。ま、何だかんだ言っても今や日本は40歳代が圧倒的なのだ。
なお、今回の特番について司会を担当する笑福亭鶴光 は「『オールナイトニッポン』も45周年ですか。それにしても、よう続いてるわ。歴代のパーソナリティにはお笑い、歌手、役者…ものすごい人数だろうね。僕のラジオを聴いていた人は今40代~60代が多いかもしれないし、もしかしたら、最近ラジオから離れているかもしれないけれど、久々に聴いてもらいたいですね」とコメントを寄せている。