Archive for 1月 16th, 2013

舞台「旅立ち〜足寄より〜」制作発表、三浦祐太朗、金子昇ら出演 者勢揃い!!  母・百恵さんの誕生日は「メールで…」

水曜日, 1月 16th, 2013

自分が総合プロデュースする舞台「旅立ち〜足寄より〜」の制作発表記者会見を16日、東京・青山のユニバーサルミュージックで行った。
それにしても、今回の記者会見を前に大監督の大島渚氏が亡くなると言う、業界にとっては大きなニュースがあっただけに、会見的にはタイミングが悪い部分もあったが、そう言っていても仕方がない。しかし、会見には出演者がスケジュールを合わせて出席してくれた。
まずは、今回の舞台化で脚本を担当してくださった尾西兼一氏、そして総合演出の赤羽博氏が出席してくれたの嬉しかった。
もちろん出演も勢揃いである。松山千春役の三浦祐太朗の他、東映・戦隊シリーズのイケメン俳優・金子昇。千春の姉を演じる宮本真希、「ドラゴンボール」の”ベジータ”役で知られる堀川りょう、逸見太郎、岩井七世、フォークグループのワカバ(亀田大、松井亮太)、松下幸司、だいすけ、吉永まり、そしてシンガーソングライターのしおりなどが勢ぞろいした。
今回の公演では、全編を方言で演じるが、そのコトバ指導は千春の弟さん、松山明人さんが引き受けてくれた。とにかく各関係総動員での舞台公演となる。
それにしても、今回の記者会見はタイミングのいい部分もあった。主演の三浦祐太朗…。何と、明日は母親である三浦百恵さん(山口百恵)の誕生日なのだ。お母さんの誕生日には何を…?実際にはPV(プロモーション・ビデオ)の撮影で1日中大忙しなだけに「メールでお祝いします」だって。ま、母親としては、家にいられても困るだろうし、そういった意味で仕事が忙しいと言うのであれば安心だろう…。
また、家族揃って舞台を観に来るか?という質問についいては「そうですね…」と曖昧に、しかし、その一方で「弟(三浦貴大)は観に来たいと言っていました」。いずれにしても、祐太朗君にとっての大舞台である。観て損はないだろう…。
因みに、千春役の祐太朗は舞台上で当時の千春のヒット曲、名曲を5曲歌うなどライブ感も漂わせた舞台になる。なお、三浦は公演に合わせ2月20日に初のソロ・アルバムを発売する。
__.jpg

【舞台公演日程】
■2月19日=愛知・名古屋市芸術創造センター
■2月23日=大阪・大阪サンケイホールブリーゼ
■2月26日=福岡・福岡ももちパレス
■3月15日=静岡・静岡市民文化会館(中ホール)
■3月22、23、24日=東京・東京グローブ座
■3月29日=宮城・仙台楽楽楽ホール
■4月2、3日=北海道・札幌 道新ホール

音楽業界はどうなる!?“グローバル化は新たなチャンスの到来”“まずアジアの攻略を…”

水曜日, 1月 16th, 2013

 一般社団法人日本音楽制作者連盟(音制連)の恒例の新年懇親会「FMPJ NEW YEAR PARTY 2013」が15日夜、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルB2階「ボールルーム」で行われた。「貸レコード店」の出現をキッカケに設立された音制連は今年設立27年目を迎えた。現在の正会員数は224社、賛助会員数は70社にもなっている。会場には加盟各社からはもちろん、マスコミ、音楽関係者など1200人が詰めかけた。
2013011611440000.jpg

冒頭、挨拶に立った大石征裕理事長は「音楽業界はグローバル化が進む中で新たなチャンスが到来している。インターネットを通し東南アジア、さらには南米、北米など我々の市場は広がっている。グローバル化と言う点において今年は全世界に進出する元年になるだろう。そういった意味でも新人アーティストや新人スタッフの育成に力を入れていきたい」。
また、来賓を代表して一般社団法人日本音楽事業者協会(音事協)の尾木徹会長は「日本のコンテンツの海外展開促進が総務省の主導で経済産業省、財務省、そして文部科学省も歩調を合わせ、過去にないスケールの支援が予想されている。そういった部分で今年は大いに期待していいと思う。また、今年は、日本とベトナムとの間で1973年9月21日に外交関係を樹立してから40周年を迎えます。さらに日本とASEAN(東南アジア諸国連合)との交流も40周年目と言うことから、共に今年は記念事業が予定されています。こういったチャンスを逃さないで音楽業界は一致団結していくべきだと思っています。アジアを攻めると言うことで考えや方向性は一致しています。共に夢を持ち、まずアジアを攻略し、そしてヨーロッパ、さらにはアメリカと広げていく、今年は海外展開の大きなチャンスだと思っています」