Archive for 1月 11th, 2013

昨年末の「紅白」裏事情…これも予算の削減?で演奏はカラオケ、出場歌手のバックダンサーはAKBやももクロ

金曜日, 1月 11th, 2013

総製作費3億円という巨額の制作費をかけていると言われる「NHK紅白歌合戦」。本番の時はNHKホールの楽屋ロビーにいたので、じっくり観てはいなかったが、改めてビデオで観て思ったこと。
 内容については最新のLED映像技術を駆使したステージで、これまでにはないエキサイティングな「紅白」を演出していたと思う。1つ1つを批評する気持ちはないが…。
今年の「紅白」の“目玉”は、何と言っても“特別枠”で出演し、アフリカの南西部のナミビア共和国にある“ナミブ砂漠”からの衛星生中継を行ったMISIAだった。当初、この生中継だけで5000万円の制作費を投じたと言われたが、聞くところによれば一説には6000万円超とも。何と「紅白」の総製作費のうちの五分の一を僅か6分間に費やしてしまったわけだ。6000万円と言ったら今や民放の2時間ドラマだってあり得ない金額である。
他にも、米ジャズグループ“ピンク・マルティーニ”とコラボした由紀さおりの米国からの生中継も1000万円は下らないと言われるだけに予算のやり繰りにNHKも頭を悩ましたに違いない?何と言ってもステージセットだけでも1億円はかかると言うのだから、じゃあ、その巨額の制作費のシワ寄せは? 当然、人件費にかかってくるに違いない。「紅白」と言えば、いろいろな関係者が携わってくるのだから…。もしや、小林幸子の落選も衣装代削減だったりして…。
他に考えられるのは、演奏バンドの削減。
「実は、今年の『紅白』は一部のバンド演奏を除いて全てカラオケだったんです。正直言って『紅白』では初めてのケースです」とは関係者。
これまで「紅白」は、NHK放送センター内のスタジオに三原綱木とニューブリード、東京放送管弦楽団が控え、テレビモニターで出場歌手の演奏を行ってきた。番組中に映像で紹介もされていたこともあった。演奏を生でやるのには、それなりに理由がある。
「やはり大きなステージの場合はナマの演奏でなければ雰囲気が変わってしまうし、タイミングも合わなくなってしまう。また、長時間の生放送は、例えば時間が押した場合などは演奏で調整したり、他にもどんなハプニングが起こるか分かりませんからね」(音楽関係者)。
それが、今回は事前に演奏を録音して、本番は全てカラオケ…。これは「紅白」史上初めての手法だった。
「最新LEDの映像と同期するための処置」なんていう理由もあったようだ。確かに、映像と音楽を合わせるなら事前に録音しておいた方が安全だが、それでもナマ放送の「紅白」にとってはリスクが大きいことは確か。
 「結局、ホンネは予算の削減だったんじゃないの?」とは音楽関係者。「本番でニューブリードに生の演奏をさせたらギャラが違ってくるし、今後の二次使用、三次使用を考えた場合でもカラオケだったら演奏費用はNHKの場合、JASRACとの包括契約に含まれるので支払にメリットが出て来る」。
 いやいや、セコイと言うか、やりくり上手というか…。
もっとも、カラオケに対しては現場の歌手の間からも「歌いにくい」と悪評プンプン。一部の出演者などは自らのTwitterやブログで苦言を呈していた。もっとも「次回は元に戻すかもしれません」というから、やはり「予算削減」というのが今回の場合は大きな理由だったのかもしれない。
予算削減は演奏ばかりではない。出場歌手のバックダンサーにも…。
重箱の隅をつつくようだが、今回の「紅白」は、演歌から何からAKBやももクロのメンバーが出ずっぱり。細川たかしや五木ひろしなどは総動員だった。このおかげで、これまで出ていたスクールメイツなどはお払い箱。ま、予算的にもNHKにとっては一石二鳥の演出になっただろうけど。
「余計なことを喋る可能性があるから…」と、本番では一切を話させず演奏だけにしたゴールデンボンバーや、2曲歌うはず?だった矢沢永吉が本番直前になって「1曲しか歌わない」と言い出すなどのハプニングはあったものの、これといったヒット曲のなかった2012年の「紅白」は無事に終わった。
 その結果、第1部(7時15分~8時55分)は、前年の35.2%を2ポイントも下回る33.2%だったが、第2部(9時~11時45分)は前年の41.6%を0.9ポイント上回る42.5%だった。それにしても、
今回の「紅白」の“目玉”だったはずのMISIAと矢沢永吉は43.4%(MISIA)、42.7%(矢沢永吉)と、やや期待外れだった?