「第27回日本GD大賞」はアルバム132万枚,シングル820万枚を売ったAKB48、洋楽はアルバム51万枚のシェネルに輝く!!

一般社団法人日本レコード協会が主催する「第27回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品およびアーティストが決定し発表された。対象期間:2011年11月1日~2012年10月31日。
今回の受賞作品はアーティストは60作品・アーティストとなっていて、この1年間に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、昨年に引き続いてAKB48 が受賞した、因みに洋楽部門についてはシェネルが初受賞となった。
また、昨年新設された「ベスト・エイジアン・アーティスト」には、今回も韓国の女性ユニットのKARA が連続受賞となった。
【アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)】
AKB48
■アルバム :1,315,929 枚
■シングル :8,192,364 枚
■音楽ビデオ: 699,740 枚
■音楽配信 :6,847,861 ダウンロード
【受賞コメント】
今回2年連続で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞させていただきました。そして今回は「8個!」もの賞を受賞させていただき、とても光栄に感じています。たくさんの方が私たちのCDを手に取っていただいたからこそ、選んでいただけた賞だと実感し、これからもたくさんの曲を唄って、皆さんに聴いていただけるよう精進していきたいと思います。これからもメンバーみんなで力を合わせて頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いします!!
※AKB48 は「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」とあわせて、「ベスト5アルバム」「シングル・オブ・ザ・イヤー」等8冠を獲得した。

【アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)】
ジェネル
■アルバム: 512,210 枚
■シングル: 18,201 枚
■音楽配信:3,401,912 ダウンロード
【受賞コメント】
初めての「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」です、イェーイ!さらに、合計5つもの賞を頂きました!とても嬉しくて、感謝の気持ちで胸いっぱいです!ファンのみんなに心から感謝しています。みんなの支えがなかったら、今の私はありません。いつも応援ありがとう、いつも元気をもらっています!音楽を通じてみんなにお返しし続けたいです。
※シェネルは「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に加え「ビリーヴ」で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」等を受賞し5冠に輝いた。

【ベスト・エイジアン・アーティスト】
KARA
※昨年に引き続き2年連続の「ベスト・エイジアン・アーティスト」受賞とあわせて、今年はヒットシングルを網羅したセカンドアルバム『スーパーガール』で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト3アルバム」の3冠を獲得した。
【受賞コメント】
今回は「ベスト・エイジアン・アーティスト」をいただきありがとうございました。いつも私たちKARA を応援していただきありがとうございます。これからもがんばってもっと素敵な姿をお見せしますので、応援よろしくお願いします!

「ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト」
由紀さおり
※「ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト」を初受賞。また、昨年海外でも話題を呼んだピンク・マルティーニとのアルバム「1969」は「特別賞」を受賞した。
【受賞コメント】
この度は、第27 回 日本ゴールドディスク大賞「ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト」に選出いただきありがとうございます。皆さまの応援のおかげでアルバム「1969」は日本だけではなく海外にも紹介することが出来ました。特に日本ではたくさんの皆さまがダウンロードではなくCDでお買い上げくださったとお聞きしています。これからも日本の歌謡曲という素晴らしい音楽を世界中にお伝え出来るよう精一杯歌い続けていこうと思います。

【ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)】
乃木坂46
※対象期間中にデビューしたアーティストのうち、CD等の売上合計が最も多いアーティストに贈られる「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は“AKB48の公式ライバルグループ”乃木坂46が受賞した。
【受賞コメント】
この度、私たち乃木坂46が「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞させていただきました。ありがとうございます、うれしいです。この賞は、いつも私たちを応援してくださっているファンの皆さんが私たちのCDなどを買ってくださったからこそ、受賞させていただけたと思っています。ありがとうございます。この賞をきっかけに私たちは2013年も皆さんに夢を届けられるように頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

【ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)】
Love Story/安室奈美恵
※「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」はドラマ主題歌として話題となった安室奈美恵のバラード「Love Story」が受賞。ゴールドディスク大賞は過去複数受賞しているが、配信楽曲賞の受賞は今回が初となった。
【受賞コメント】
「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」をいただき、ありがとうございます。ファンの皆さまには、心から感謝の気持ちでいっぱいです、本当にありがとうございます!これからも皆さんに気に入っていただける楽曲を提供できるように、頑張っていきたいと思っていますので、ぜひ応援よろしくお願いします。

【シングル・オブ・ザ・イヤー】
真夏のSounds good!/AKB48
※「シングル・オブ・ザ・イヤー」はAKB48 の「真夏のSounds good!」が受賞。AKB48 は、同曲と「上からマリコ」「UZA」「GIVE ME FIVE!」「ギンガムチェック」で2年連続「ベスト5シングル」を独占した。
【受賞コメント】
「シングル・オブ・ザ・イヤー」を「真夏のSounds good!」が受賞させていただきました。ありがとうございます。シングルに賞をいただけると、私たちもより一層この曲に対する思い入れが深くなります。これからもずっと唄い続けていきたいですし、もっと愛される曲になったらいいなと思います。これからもAKB48 がすばらしい楽曲を提供できるように頑張っていきたいと思います。

【アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)】
Mr.Children 2005-2010<macro>/Mr.Children
※対象期間中発売されたアルバムで最も売れた「アルバム・オブ・ザ・イヤー」は、Mr.Children の20周年記念ベストアルバム「Mr.Children 2005‐2010<macro>」が受賞。同時発売の「Mr.Children 2001-2005<micro>」は「ベスト5アルバム」を受賞した。