自民党圧勝!?「自民党はダメ!」で民主党政権になったら「裏切られた」で、また自民党政権に逆戻りとは…

今日は総選挙。結果は見てみないと分からないと思うが「自民党が圧勝」という状況はどうやら変わらないようだ。
「自民党じゃダメ!」と言って、民主党になったら「裏切られた…」。それは確かに一般国民の心情だろうが、だからと言って、また自民党に逆戻り?本来だったらあり得ない話である。
しかも、「病気だった」とは言え、総理の座を投げ出した安倍晋三が総裁の自民党である。この国の有権者は本当に甘い。お人好し。咽元過ぎれば何とやらで、すぐに忘れやすいのか?
まあ、理屈はどうであれ、どんなに騙されても民主党の支持者はいるだろう。まるでSMの世界に近い。自民党支持も誰が何と言おうとも「日本にためには自民党」と思い続けている。しかも、安倍晋三の支持者は何故かマニアックで、批判した人間を攻撃する習性があるようで、ある意味で恐ろしささえ感じる…。
もっとも、この国の有権者は、おそらく自民党が圧勝して自民党政権になったら、またまた不満を爆発させるに違いない。「自民党はやっぱりダメ」とか言って。ま、いつまでたっても、その繰り返しなのだが…。しかし、年が明けたら「復興税」が導入されるし、公共料金が続々上がる。おそらく「復興税」なんて、自民党政権になったら、知らず知らずのうちに国防費とか公共事業だとか言って道路建設、新幹線建設の財源になっていくのだろう。確かに、現在の日本のインフラを考えたら「道路整備」の財源は必要になってくるだろう。が、自民党の順位付けは「整備」より前に「建設」と言うに違いない。ま、岩手、宮城、福島…震災地復興は、来年以降も色々なアーティストやエンタテインメント系によるコンサートやイベントということになりそうだ。桑田佳祐、長渕剛頑張れ!!である。しかし、日本の未来を考えたら実に情けない限りだ。
いずれにしても「こんな日本に誰がした…」と、きっと次の世代は怒りを抱くに違いないが、こう言っちゃ何だが政治に無関心な“次の世代”にも問題はある。
ツイッターで呟けば「じゃあ、あんたはどこに入れるんだよ。人の批判をしたんだから、きっちり答えてくれや」なんて反論である。これって「自民党以外に何があるんだよ」ってこと? ある意味では因縁に近い…
要するに、繰り返すが、有権者は3年前「自民党はダメ!」と言って、政権を代えた。にも拘わらず、僅か3年で、また元に戻るようなことになったら、あの時「ダメ!」と烙印を押したのは何だったのか!? あるいは、3年経ったら「やっぱり自民党じゃなきゃダメ」ということになったってこと?そう思ったら、この国の有権者っていい加減と言う以外ない。
20060530183759.jpg正直言って、この総選挙では大惨敗するのは確実のようだが、一度は小沢一郎に総理をやって欲しかった。そう言うときっと批判する輩も多いだろう。しかし、民主党――3年前の政権交代は小沢の手によるものだったはず。しかし、アホな民主党の党員は菅直人、野田佳彦を選んだ。しかも、自民党と一緒になり「小沢一郎は悪」とし、小沢さえいなければ民主党がよくなる…なんて言い続け、マスコミに乗せられて「反小沢」「親小沢」とか言って大騒ぎした挙句に、いざ現実的に小沢が離党したら民主党も総崩れ…。結局、民主党をダメにしたのは民主党議員と党員である。明らかに自業自得だ。
では一体、民主党って何だったのか?要は、仙石、菅、岡田、枝野、前原、細野、野田ら権力に目がくらんだ連中が小沢をダシに暴れ、結果、自爆してしまった…って感じか。黄門様気取りで何かと小沢に嫉妬し続け悪乗りした渡部恒三なんてのもいたが…。
だいたい、あの仙石が「原発推進」に回った時は驚いた。権力を手にしてチヤホヤされると人間は変わるものなのだろう…。政治資金パーティーでもたんまり稼いだらしいし…。しかし、民主党の陰に隠れて自民党や公明党も好き勝手にやってきたことも事実。そう考えたら、繰り返すが、もはや実現は難しいが現政権運営を批判し、自らの政策を訴え続けてきた小沢一郎に「お手並み拝見」でもいいから、やらせてもよかったのではないか?だいたい自民党から嫌われ、民主党からも嫌われ、何よりも官僚からも嫌われている小沢一郎に任せるのも一理あるような気がするのだが…。だが、そう言ったら保守的な人種からは「アホか!」と言われるに違いない。しかし、小沢のような悪党も日本には必要だろう。もっとも価値観の違う人にいくら理解を求めても無駄だろうし、今の有権者にも理解出来ないだろう。結局、この先も日本は失敗を繰り返しているだけ…。