Archive for 9月 1st, 2012

米最大規模の“ライブ・イベント”「L.A COUNTY FAIR」のオープニングを務めたTHE WANTEDとは…

土曜日, 9月 1st, 2012

昨年発売されたデビュー・シングル「オール・タイム・ロウ」が全英チャート初登場1位にランクされた、英ロック・グループ5人組“The WANTED”が8月31日(日本時間では9月1日)、全米最大規模とも言われるロサンゼルスの“ライブ・イベント”「L.A.County FAIR」に出演、エキサイティングなライブ・パフォーマンスを繰り広げた。彼らの人気は全米にも広がっており、今回のライブには1万人を超えるファンが会場に詰めかけた。
holiday-???X?R.jpg
「L.A County FAIR」は、ロサンゼルスの北部都市、カウンティで行われているライブを中心としたイベント。とにかくロサンゼルスの中でも遠い。何と100キロ以上も離れている。しかも、米国では勤労感謝とやらで土曜日から3連休。しかも金曜日は半ドン。で、みんな都心を離れると言うことで、この日は道路も大渋滞。そんなわけでイベント会場まで3時間もかかった。
このイベントは8月31日から9月30日までの1ヵ月間に亘って行われている。会場は後楽園遊園地以上の遊園施設(移動式)が設けられ、さらにはショッピングセンター、フード、動物園なども。フードでは巨大な機械?とマキでバーベキューをやっていた。これは美味しそうには見えないし、とても食べる気にならなかった《写真》。
 とにかく、会場には観覧車が2基も設けられ、ジェットコースターなどさまざまなアトラクションがある。会場のストリート上空にはスキー場にあるようなリフトまであり、会場全体を上から眺めることも出来る。そんなわけで、ライブ以上にお祭りとして盛り上がっていた。
holiday-???X4.jpg
「ライブだけではなく、さまざまなアトラクションがありアウトドアを家族で楽しめる」(地元の音楽関係者)
と言っていたが、確かにこれはもうライブ・イベントと言うより、お祭りと言う感じ。
ま、安全面なども含め日本ではあり得ない光景だった。
いずれにしても1ヵ月間で300万人以上が訪れるという。
holiday-???X?Q.jpg
その中で“The WANTED”のライブは、初日の8月31日(日本時間=9月1日)に、このイベントのオープニング・アクトとして行われた。
彼らは、別々のオーディションを受けたが、縁あって一堂に集まった。米国では2年前にデビューしたが、UKでのデビュー・シングル「オール・タイム・ロウ」が爆発的な大ヒットとなり、UKでのアリーナツアーは全て即完するほどのグループになっている。
もっとも5人組のロック・グループで、米国では実力派のボーカル・グループとして人気急上昇中だそうで、見かけとは違ってアイドル的な存在となっているという。文字通り「世界的なロック・グループ」と言うことになるが、僕は、ここで観るまで彼らの存在すら知らなかった。
が、米国では、あのジャスティン・ビーバーのオープニング・アクトまでも務めたそうで、今では「ポップ界に大きな影響力を与える存在になっている」のだとか。
holiday-???X.jpg
どう表現していいのかは分からないが、ビジュアルはアイドル的ではないが、作品もノリはいいし、見応えのあるライブ・パフォーマンスを繰り広げていた。
現地の音楽ライターから「日本で成功すると思うか?」と聞かれたが、「成功」って言うのは、どの程度のことを言うのか?正直言って明言を避けたが、敢えて言うなら楽曲の露出次第か?いずれにしてもUKや米国ではアイドル的な人気となっているようだが、日本では…。彼らの場合は、やっぱりビジュアルを出す前に聴かせていくことだろう…。
因みにファンは圧倒的にティーンらしき女の子だった。
で、今回のライブでは、最新アルバム「ザ・ウォンテッド EP」の中から「オール・タイム・ロウ」の他、全英1位、全米3位になった「グランド・ユー・ケイム」や全英2位の「チェイシング・ザ・サン」「ライトニング」など約1時間のステージで15曲を力一杯歌っていた。
なお、同アルバム(日本デビュー・アルバム)は8月15日に日本でも発売されている。