Archive for 7月 22nd, 2012

一周忌を迎えたTAIJIの真相を阻むもの…その時遺体は!? 同行マネジャーや家族の名誉以前にTAIJIの名誉は!?

日曜日, 7月 22nd, 2012

一周忌を迎えた元XのメンバーでベイシストのTAIJI(本名=沢田泰司・享年45歳)について、1年経ってもハッキリしないTAIJIの首つり自殺の不可解な実態を前回は記した。極論を述べてしまえば、果たして自殺だったのかも疑問ということになる。何と言っても、TAIJIが自殺したとされる拘置所内の状況についても、サイパン当局は明快なことを明らかにしていなかった。
実情から言うと、TAIJIの死に関しては基本的に親族の同意がなければ調べることが出来ない。しかし、常識から言って、拘置所内で自殺をと言うのは異常な事態だろうし、本来なら外務省、サイパンの日本領事館だって調査をすべきだったはず。ところが検視も曖昧、その後の司法解剖も行っていない。親族の1人である、TAIJIの妹の澤田雅世さん(歌手活動をしていて、芸名はSister MAYO)は、TAIJIのマネジメントを行っていた「YOUプロダクション」の代表でマネジャーの北見輝美氏が【ヘッドロック】を「名誉毀損」で訴訟した際の陳述書の中で「外務書も領事館も事情は把握していると思う」と記していた。となると、外務省、領事館の怠慢なのか?それとも何らかの工作があったのか?正直言って疑問だらけである。
そこで、今回は、敢えてTAIJIの家族の不可解な行動を書くことにした。当然、こういった事件の場合「家族の気持ち」を考えると、なかなか書きづらい部分がある。しかし、今回の場合は、雅世さんの陳述書の内容からも、余りにも不可解な部分が多すぎる。マネジャーだった北見氏はもちろんだが、家族も今回のTAIJIの首つり自殺について明らかにしなければならないと思う。特に、TAIJIが一般人だったらまだしも、世界的にも知られたベイシストである。雅世さんも歌手として活動している以上はハッキリすべきはハッキリすべきだと思うのだが…。
そこで、家族への不可解な点は…。
1つは、事件の真相を明らかにしようとしているTAIJIの婚約者に対して「婚約者としては認めていない」と感情をむき出しにしていることである。そもそも、TAIJIと婚約者は同居していたし、周囲の誰もが認めていた関係。しかし、今回の事件で雅世さんが「認めない」と言い出した根拠は果たして何なのか?そもそも、事件が起こるまで婚約者と雅世さんとの接点が見当たらないのだが…。
2つ目は、雅世さんは陳述書で「兄が自殺でなかった可能性があるとか書いていますが、何を根拠にそのようなことを書いているのか私には理解できません」と記している。では、正直言って、全くTAIJIの自殺に疑問を抱いていないことに僕は疑問を感じてしまった。この陳述書が書かれたのは今年の2月である。TAIJIの死後7ヶ月たっても疑問を全く抱いていないのが不思議でならない。
3つ目。雅世さん以下、家族は、サイパンに行ったにも関わらず、実際にはTAIJIの遺体を他人に任せて(言い方には問題があるかもしれないが…)、先に帰国してしまった。家族の行動には色々あると思うが僕には理解できない行動である。TAIJIの遺体が気にならなかったのか?雅世さんは、陳述書の中で「私たち家族がテルミン(北見氏の愛称で雅世さんは、そう呼んでいると言う)に兄の遺体を日本まで運ぶ手続きをお願いした」としている。理由は理解出来なくもないが…。因みに、遺体を日本に運ぶには120万円(推定)かかるという。遺体安置所は、サイパンではTAIJIが搬送されたCHC病院しかないが、遺体安置にも何十万もかると思うのだが…。
4つ目。日本にTAIJIの遺体はいつ帰国したのか? サイパンのPaupauツアーズという日本のツアー会社が扱ったようだが個人情報で詳細はハッキリしない。しかし、いつ戻ったのかは不明だが日本に遺体が戻っても司法解剖しなかったのは何故か?確かに、サイパンで起こった事件だけに日本での司法解剖は無理だろうとは思うが、だったら、(当時も書いたが…)日本から医師を派遣してでも…と悔やまれる。この件に関して雅世さんは陳述書の中で「兄の死因をはっきりさせるためにも日本から専門医を派遣する案も出ているけどテルミンの事務所が拒否していると書いていますが、そんな案など聞いたこともありませんし、むしろ誰の案なのか教えて欲しいくらい」と断言していた。要するに、家族は、TAIJIの自殺について全く疑問も抱かず、逆に僕が疑問を抱いていることに反論したかったのか?本来家族なら、TAIJIの自殺を受け入れられないと思うのだが…これは僕の考えだけなのか?
5つ目。今回、北見氏が「名誉毀損」で【ヘッドロック】に対して訴訟を起こして生きたが、この訴えは、どうやら雅世さんの意向とも言われている。実は、ある情報によると、北見氏側の代理人弁護士は雅世さんの関係者から依頼したと言った情報もあるのだ。だとすると、北見氏と雅世さんの思いは一緒だと言うことになる…。今回、北見氏は、TAIJIの婚約者から「詐欺未遂」で刑事告訴されているが、どうしても僕には親族の行動としては腑におちない。
この他にも、細かい部分では疑問、謎、不可解さがある。北見氏、雅世さんや家族にも名誉はあるだろう。しかし、今はTAIJIの名誉であろう。「死人に口なし」で終わらせてしまうことというのは、家族としてどうなのか?少しでも疑問が残るならそれは少しでも解明すべきではないだろうか?

日本調査業協会を名乗った悪質な騙しメール!! 調査業協会も被害者実態調査をすべきでは!?

日曜日, 7月 22nd, 2012

__.jpgこんな悪質メールが届いた。こういった騙し?メールが送られてくるケースは意外に多い。とにかく、このメールに驚いて記載されているアドレスに返信したり、電話をかけたりすると、その番号などから個人情報がキャッチされてしまう。これって、もしかしたら、やっている業者にドコモやKDDI、ソフトバンクに精通した人間がいるのだろうか…。それにしても…。確かに社団法人日本調査業協会も東京都調査業協会も存在するだけに巧妙と言えば巧妙。ただ、さすがに会員と言いながら、その会員番号なり登録番号を記してないのは如何わしい…。要するに単なる罠。驚かせて電話をかけてきたり、メールの返信を待ち構えているだけなのだろう。しかし、日本調査業協会も東京都調査業協会も勝手に名称を利用されてるんだろうし、もしかしたら被害者が出ているのかもしれないんだから、それこそ調査をして被害届を出すとか最低限の対策を講ずるべきだろう。ま、自分を守るのは自分しかない、注意一秒…、である。

㈱ライトサポート
03-3797-3231
顧客担当:高橋

早速、本題に入らせて頂きます。
弊社はサイト運営会社より依頼を受け、料金滞納者様の調査などを行っております。
現在、お客様がご使用の携帯端末より以前ご登録された[モバイル情報コンテンツ]の管理会社様より弊社に[身辺調査依頼]が入りましたのでご報告させて頂きます。
無料期間中に退会処理がとられていない為、登録状態のまま放置が続いております。
このまま放置されますと発信者端末電子名義認証を行い、電子消費者契約法に基づき、法的措置を行う為の身辺調査に入らさせて頂きます。
調査了承後、後日回収機関により、調査費 回収費用 含めご自宅 お勤め先 第三者への満額請求と変わる場合もございます。
身辺調査の開始・法的処置への移行の前に双方にとってより良い解決に向かう為、詳細の確認、和解、相談等ご希望の方は翌営業日正午 までにお問い合わせ下さい。

※尚、本通知を最終通告とさせて頂きますのでご了承お願い致します。

㈱ライトサポート
03-3797-3231

顧客担当:小倉
代表取締役:青柳 雅司

東京都調査業協会会員
関連団体:社団法人 日本調査業協会
東京都調査業協会

受付時間
平日・10:00〜20:00
土曜、祝・10:00〜20:00
定休日・日曜