ニッポン放送が前代未聞のリスナー・プレゼント!? ジューンブライドでコロッケをゲストに徳光和夫が異色の結婚式司会!!

ラジオのニッポン放送で5時間のワイド番組「とくモリ!歌謡サタデー」のパーソナリティを務める司会者の徳光和夫が、番組100回目の”スペシャル・プレゼント企画”として、リスナーの結婚式の司会を行った。同局では「開局以来の大型プレゼント」と力説していた。
今回の「結婚式の司会プレゼント」は、6月に結婚式を挙げるカップルを対象に番組で募集してきた。その結果、100組を超えるカップルからの応募があったというのだ。で、今回、東京・練馬区在住の嶌田健吾さん(会社員=30)と増島裕美さん(雑貨店経営=30)のカップルが選ばれたという。
__.jpg
披露宴の会場となった練馬・光が丘にある「ホテルカデンツァ光が丘」。約80名の列席者を前に、乾杯の発声時に徳光がサプライズで入場してきた。その徳光は「AKB総選挙の会場・日本武道館からここ練馬区のホテルカデンツァへやって参りました徳光和夫…」なんて、単なるウケを狙ったような実況を自らしながら登場。徳光の登場に湧き上がった披露宴会場で、乾杯の発声を行った後、結婚式の司会を務めた。
さらに披露宴の後半には、今度は美川憲一の大ヒット曲「さそり座の女」を歌いながらコロッケが…。これは、ニッポン放送の大サービス?いずれにしても”Wサプライズ”というわけだ。コロッケ登場で披露宴のボルテージが一気に高まったようで、コロッケは長渕剛の「乾杯」のモノマネなんかも披露…とにかく笑いと感動の渦に巻き込んだ。
徳光は、63年に日本テレビに入社。アナウンサーとしてスタートした徳光は今春”マイク生活50周年”を迎えた。また、6月9日で「とくモリ!歌謡サタデー」が放送100回目を迎えたことから今回は「”節目”の企画」として準備してきたと言う。
徳光は、プロレス中継などを経て、日本テレビの看板番組だった「ズームイン朝」や「24時間テレビ」など数多くの人気テレビ番組の司会を務める一方、数多くの有名人達の結婚式の司会も務めてきた。徳光の結婚式司会歴は、68年に「恋の季節」が大ヒットしたピンキーとキラーズのピンキーこと今陽子(当時22歳)の結婚式の司会を皮切りに、”聖輝の結婚”と言われた神田正輝・松田聖子の結婚式。さらには巨人軍・原辰徳監督、木梨憲武と安田成美の船上結婚式。ここ最近でも市川海老蔵と小林麻央、石田純一と東尾理子、そして三浦皇成とほしのあき。また、今年1月15日に行われたプロゴルファー福嶋晃子の結婚式等など、時代を象徴する有名人達の結婚式の司会を数多く務めて来た。
「1日に最高3組の結婚式で司会を行ったこともある」と徳光。とにかく有名人以外の結婚式も含めると、その数は「500組を越える」という。
ニッポン放送では「記憶に残るようなビッグなリスナー・プレゼントをしたい」と今回の企画の準備を進めてきたわけだが、そうは言っても、徳光の司会で結婚式を挙げたら予算的にも破格な金額になる。かつては300万円!!なんて言う”バブル”もあったようだが、最近ではジミ婚も増え結婚式もデフレ。それでも一説には100万円は下らないと言われている。しかし、今回はコロッケまで駆けつけているだけに「少なく見積もっても300万円は下らない”Wサプライズ”披露宴」(業界関係者)。何か、ラジオの意地をかけたような企画だった。
なお、今回の結婚式の模様は今週末16日のニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」で紹介する。また、番組の中では「あの結婚式」と題し、三浦友和・百恵夫妻から松田聖子・神田正輝、巨人軍原辰徳監督、木梨憲武・安田成美、海老蔵・麻央…までの結婚式の仰天のウラ側も語ることになっている。

《徳光和夫が結婚式の司会をした主な有名人》
■今陽子(歌手)■堺正章■研ナオコ■ジャイアント馬場(プロレスラー)■神田正輝(タレント)×松田聖子(歌手)■和田アキ子(歌手)※2度■杉良太郎(タレント)×伍代夏子(歌手)■木梨憲武(タレント)×安田成美(女優)※船上結婚式■中村雅俊(俳優)×五十嵐淳子(女優)■名倉潤(ネプチューン)×渡辺満里奈(タレント)■野口五郎(歌手)×三井ゆり(女優)■谷佳知(プロ野球選手)×田村亮子(柔道家)■相田翔子(元Wink)×相沢宏光(医師)■酒井美紀(女優)■原辰徳(巨人監督)■陣内智則(タレント)×藤原紀香(女優)■市川海老蔵(歌舞伎役者)×小林麻央(タレント)■石田純一(タレント)×東尾理子(プロゴルファー)■三浦皇成(競馬騎手)×ほしのあき(タレント)■福嶋晃子(プロゴルファー)など。