「着うたフル」週間ランキング…西野カナ「私たち」3週連続首位!! 8位にグミCM曲も初登場!!

一般社団法人日本レコード協会は、6月5日付の有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを6月8日に公表した。集計期間は5月30日から6月5日までの1週間。
?着うたの女王?として知られる西野かな「私たち」が3週連続での首位となった。同曲は、現在公開中の映画「ガール」(東宝)の主題歌。興行的には健闘しており、最終的には興行収入10億円前後と見られている。客層は9割前後が20代を中心とした女性層で?口コミ?で評判が広がっているという。映画の観客層と西野の支持層が一致しているのも楽曲の評判にも結び付いていると言えそう。映画公開に合わせて繰り広げられた(映画の制作会社である)TBSの露出展開も楽曲の好評価に結びついている。
因みに、西野かなは「Happy Half Year」も8位に初ランクしている、同曲は、現在放送中のmeiji「果汁グミ」の30秒CMソングに起用されている。
2位に初登場は、竹野内豊の主演で放送中のTBS金曜22時ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」の主題歌――JUJU「ただいま」。亀田誠治氏プロデュースによる作品で、JUJUの大人の歌声が心地よい郷愁的な楽曲に仕上げている。もっとも、ドラマ自体は初回が8・8%で、その後も1ケタ状態と伸び悩んでいるのが現状。もっとも、ドラマの視聴率と楽曲への評価は比例しないだけに、今後も楽曲に対する動向が大いに注目されるところだ。
3位には平井堅の新曲「告白」がランクインした。平井にとっては1年半ぶりの新曲で、現在放送中のテレビ朝日系ドラマ「Wの悲劇」の主題歌となっている。
他に今週初登場の作品は加藤ミリヤ「AIAIAI」が7位、AKB48の大島優子を中心としたユニット、Not yetの新曲「西瓜BABY」が9位、水樹奈々「METRO BAROQUE」が10位にランクインするなど、ベストテン内で6作品が入れ替わった。

【「着うたフル」週間チャート】 ※カッコ内は前週順位
1(1) 西野カナ 「私たち」
2(初) JUJU 「ただいま」
3(初) 平井堅 「告白」
4(2) AKB48 「真夏のSounds good!」
5(4) 家入レオ 「Shine」
6(3) EXILE 「ALL NIGHT LONG」
7(初) 加藤ミリヤ 「AIAIAI」
8(初) 西野かな 「Happy Half Year」
9(初) Not yet 「西瓜BABY」
10(初) 水樹奈々 「METRO BAROQUE」

次(5) 後ろから這より隊G 「太陽曰く燃えよカオス」