“ワイセツ写真”で脅された28歳女優…脅しの「写真」は実は「映像」からのプリントだった!?

この世の中、実に不条理なことが多い。被害者は、どこまでいっても被害者である。
「娘のワイセツな写真を出されたくなかったら5本出せ」
と東京都江東区の指定暴力団山口組系組員・辺泥(ぺてい)公仁容疑者(62)に脅された父親。結局、辺泥容疑者は警視庁月島署に逮捕されたが、世の中の興味は、逮捕されたことより、その娘に目が向く。しかも「28歳の女優」なんて言われたらなおさらである。
しかも、いくら警察も表向きは隠していても、その女優が誰かなんて言うのは何となくバレてしまうものである。すでに、その女優と言うのが大手プロダクションに所属する「モデル系女優T」だってことも分かっている。しかも、既婚で、旦那様も、それなりの著名人…。だから辺泥容疑者は「言いなりになる」「5本(500万円)でも安い」なんて思ったのかもしれない。
それにしても、被害者は、ワイセツ写真の主であるモデル系女優Tであろう。静かに、そっとしておいてやるのが人情と言うものだが、しかし、この世の中、言うまでもなく下世話である。正直言って「そんなのどうでもいいじゃん」と思われるかもしれないが、興味を持っている人も多いことは事実。と言うわけで、結局のところ「興味」「好奇心」を選んでしまった。いずれにしても、そもそもが警察も「28歳女優」なんて言うから、こうなってしまうのだろう…。
しかも、当初は「写真が数枚」と言う情報だった。父親が見せられたのが数枚だから…ということだろうが、その後、警察も捜査をして。おそらく5〜6枚程度を発見しているようだ。ところが、その写真、実は「動画」からのプリントだった可能性が出てきている。
「実は、動画があるんです」
と事情通は言う。
ってことは、ワイセツな動画…極端に言ってしまえば「ソフトAV」ってことか?
だとしたら、そのモデル系女優Tは、何の目的でビデオなんかに撮ることに合意したのか? 確かに、恐喝は悪い。犯罪である。しかし、冷静に考えれば撮られるのも悪い。もちろん無理矢理に撮られたのなら、それはそれで犯罪。被害届を出すべきだろう。だけど、もし納得して撮らせたならそれなりのリスクも考えるべきである。28歳で自分の立場も、それなりにわきまえているだろうから…。そう考えたら言い方は悪いが自業自得っていう部分もある。
いずれにしても、よくニャンニャン写真とか発覚したりするけど、事務所の管理の問題なのか、それともプロ意識の欠如、自覚の問題か…。ま、今回の場合、逮捕されたのが暴力団だから社会的には問題視されるだろうけど、その一方で「100%被害者」か、と言ってしまうには、ちょっと疑問を抱いてしまうのだが…。

TAIJI自殺事件…元マネジャー提訴の「名誉毀損訴訟」破棄!! 【ヘッドロック】が事実上の勝訴!!

 訴えを破棄する!! 元X(現X JAPAN)のメンバーだったベイシストのTAIJI(本名=沢田泰司)の自殺について当時、マネジメントを担当していた「YOUプロダクション」の北見輝美社長(マネジャー)が【ヘッドロック】に記事について
「実名をあげられ、あたかも澤田泰司氏の死に深く関わっているかのような記事が掲載されました。この記事の掲載以降様々なメディアに取り上げられ、一般人である北見輝美氏の家族などに対する取材が殺到するなど、大変迷惑を被っている状態です」
とし
「【ギョウカイヘッドロック】に書かれた記事は全くもって事実無根であり、名誉毀損」
と、名誉棄損で訴えてきた。
しかし、TAIJIの自殺に至る経緯、その後の北見氏の行動に関して証拠を突きつけたところ、公判直前になって北見側の弁護士が辞任。その後も本人はもちろん代理人からも連絡がなく東京地裁は、告訴を破棄した。結論から言えば、【ヘッドロック】の記事を「嘘だ!」と言って来たものの、証拠を突きつけられたら争えなくなってしまった…。要は、またまた「貝」になってしまたことになる。
今や日本にも帰ってこれず、サイパンで経営しているリゾート・ホテルで貝になってしまったのだろう…。しかし、今回の公判につて「原告側の準備書面には、TAIJIの妹の『陳述書』も含まれている」と書いたら、辞任した弁護士から「公開を控えて欲しい」。
それにしても、当初から「いい加減な訴え」と思ってはいたが、結果的に裁判所からも、そう断罪されたようなもの。そもそも、そんな裁判に陳述書を出すこと自体、理解に苦しんだものだが、実はその陳述書には「テルミン(北見)に訴えて欲しいと頼んだ」なんて記述も…。正直言って妹さんは兄であるTAIJIの自殺に全く疑問を抱かなかったのか?今でも不思議でならないが…。いずれにしても、この陳述書に興味のある人は、ぜひ東京地裁に行って閲覧して頂きたい(東京地裁 民事第37部合C係 第31442号 損害賠償事件)
いずれにしても、今回の訴訟は明らかに嫌がらせに過ぎなかった。真実を書かれたくないがために訴訟を起こして、立場が悪くなったら知らん顔…。これじゃ高額な弁護士料を支払って裁判を受けて立ったこっちは何だったのか?
いずれにしても、これでTAIJIの事件が終わったわけじゃない。TAIJIの自殺の裏で何があったのか…これから明らかにしていくことになるだろう。