何故か怒る芸能記者!! 12年もロングセールスを続けている建築書物に「記述誤認がある!!」

日曜日の昼下がり…某スポーツ紙の芸能記者から
「会って話したいことがある」
と言うから、何だろうと会ってみたら、いきなり新潮社が発行する建築家・中村好文氏の「住宅巡礼」【写真】について「記述が違う」と僕に対して怒り出したのだ。
___ed.jpg

「アホか!! そんなこと俺に言ったって意味ないだろ!」
「そんなこと、新潮社に言え!!」
と逆ギレしたところ、彼は新潮社にも問い合わせたと言う。で、
「担当者から連絡させると言ったっきり、担当者から何も連絡がない」
と言うのだ。
…なるほど、理由は分かった。分かったが、だからと言って、そんなことを僕に怒ったって意味ないだろう!! それこそ時間の無駄、浪費だろう!! ったく!! だいたい「芸能記者」と「住宅巡礼」と、どういった関係があるのか意味が解らない!!
もしかしたら、これはAKB48のようなジャリタレの提灯記事ばかり書かされている反動が、芸能ではない異業種に向けられたのか!?
いずれにしても、彼の指摘もあるので、その「住宅巡礼」とやらを見てみた。
この本は、2000年2月に初版が出されているから、もう12年に亘って発売され続けていることになる。しかも、既に20版近くも増刷されているから、かなりの売れ筋の書物であることは間違いない。にも拘わらず、某スポーツ紙の芸能記者が指摘する部分に訂正がないということは、読者から問い合わせがないのか、著者である中村氏、出版社が単純に気づいていないのか、それとも「今さら…」ということで無視しているのか…。
もちろん、その指摘自体が勘違い、誤解で、記述が「正しい」ってことだってある。
___ed.jpg

彼が指摘しているのは、同著の34ページ【写真】。このページには、文章ではなく中村氏の手書きと思われる部屋の間取りの平面図が描かれている。
問題なのは、その間取りの中の「BED Room」の広さ。手書きで「日本流に言えば約9畳の広さ」と描かれている。しかし、この「約9畳」というのは、間違いで「9坪」あるいは「18畳」ではないかと言うのだ。
「そんなのどうでもいいのでは…」
というと、彼は
「そんなことを言っているからダメなんだよ!!」
「ここで違っちゃうと、建物のイメージが全て違っちゃう。この書物の内容も違ってきちゃうんだよ」
なんて、大げさに言い出した。
ま、手書きの部分だから、どの程度のチェックが行われていたのか分からないが、彼は、何故だか怒りが収まらない様子。それとも、この本を参考に、我が家でも造ろうとしていたのだろうか…。

松山千春…デビュー35周年記念ツアーがスタート!! 今夏には三浦祐太朗・主演で舞台公演も…

フォークシンガー松山千春の春のツアー「松山千春の世界」が神奈川県厚木市の厚木市文化会館からスタートした。
21都市で24公演を行う今回のツアーはデビュー35周年記念となっている。今回のステージは”デビュー35年目”の今年1月25日に発売された4枚組ベスト・アルバム「松山千春の世界」の収録曲64曲の中から選曲していた。
ところで、千春と言えば今夏、千春の自伝的小説「足寄より」を舞台化した「旅立ち〜足寄より〜」が行われる。主演は、オーディションで三浦祐太朗に決まった。祐太朗は、言うまでもなくロックバンド”peaky SALT”の”ユウ”として活躍、08年11月にはメジャー・デビューし、シングル2枚とアルバム1枚を出したが、祐太朗というよりマネジメントの失敗もあって、バンドは活動停止になった。その後はソロに転じていたが、本格的なソロ活動というのは、ある意味では今回の舞台からとなる。
___ed.jpg
ネットなんかでは「親の七光り」とか「親のゴリ押し」とか言われているが、素顔の祐太朗は生真面目で実に努力家である。今回の主役も、祐太朗の真面目さと地道な努力が決めてとなった。もちろん能力も十分に備わっている。オーディションも履歴書はしっかり書かれ、何より一次審査より最終審査の方がしっかりしていた。ある意味では「本番に強い男」と言ってもいいかもしれない。
とにかく、主役が決まってからとうもの、”一人旅”と称して突然に千春の生まれ故郷である足寄に向った(祐太朗本人は知られたくないことだったかもしれないが…)。「千春の生まれ育ったところを自分の目と体で見て感じてきたい」。自ら航空券を取り、ホテルも予約して回ってきたようだが、なかなか出来ることではない。
祐太朗は、先ごろ東京・渋谷で行われた千春のプレミアム・ライブで、千春と初対面したが、そのライブに刺激されたのか、5月17日から隔週間でライブ活動も都内のライブハウスで行うことになった。また、舞台に向けてFM NACK5でも特番が放送される予定だ。
千春の厚木でのコンサートには、祐太朗も祝い花を出していたが、7月30日から8月3日まで東京・赤坂の草月ホールで行われる舞台公演は今から楽しみである。
因みに、松山千春の全国ツアーの東京公演は5月15、16日に有楽町の東京国際フォーラム・ホールA。ファイナルは6月27、28日の北海道・札幌 ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)。