ビル内56店舗が一斉閉店!! 東京メトロ「赤坂見附駅」のベルビー赤坂がゴースト・ビルに…!?

120411_152904.jpg東京メトロの「赤坂見附」と言ったら、何と言っても「belleVie」(ベルビー赤坂)である。
東京メトロが運営するファッション・ビルで東京メトロ「丸ノ内線」「銀座線」の「赤坂見附駅」のい上に建つ。地下1階、地上9階建てのビルである。ビル内には、ファッションビルだから、衣料品店が多かったが他にも喫茶店や、書店、さらにはレストラン街もあった。聞くところによると56店舗があったらしい。
そのベルビー赤坂の店舗――1階の一部店舗を除いて全て「契約満了」で出て行ってしまった。地下鉄を降りてエスカレータを上がると、ビルの入り口はシャッターで閉ざされたままである。そのシャッターには【写真】のような「閉店」の貼り紙が…。要は「閉館」だ。こりゃ、赤坂の一等地にゴースト・ビル誕生か!?と驚いた。
一体どういうことなのか?早速、聞いてみると、何と「ビックカメラ」が進出してくるのだとか。有楽町の次は赤坂見附…というわけである。
ソニーでは赤字幅が従来予想の2200億円から5200億円に拡大し、過去最大の赤字となったり、シャープやパナソニックなども赤字幅が広がっている。とにかく家電を中心に電気製品が大変な状況となっている。当然、家電量販店も業績は落ち込んでいるはずなのだが、経営戦略はイケイケ、攻撃的ということだ。120411_170207.jpg
ビックカメラは、現在のベルビー赤坂【写真】の地下1階から9階までを丸ごと借りて、赤坂に売り場面積6000平方メートルの巨大店舗を誕生させようと言う魂胆のようだ。しかし、有楽町は分かるが赤坂見附で家電量販店…というのは、やや冒険と言う思いはするが、そうは言っても凄いことだ。耐震工事も含め内容工事も始まるだろうけど、オープンは来年2013年7月を予定しているという。早い話が来年のボーナス時期を狙おうと言うわけだが、2014年にはブラジルでW杯もある。何とかテレビを売ろうということか…。気になるのは消費税ぐらいか!?

シーズン到来の沖縄でZeebra、DJ KAORI、JAY’EDら総勢30組以上が参加して今年最初の音楽フェス!!

HIP HOP、R&B、クラブなど、その第一線で活躍しているアーティストたちが一堂に会した音楽イベント「豊見城 LIVE PARK What’s up!?”OKINAWA”2012」が15日、沖縄・豊見城市の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチの屋外特設ステージで行われるという。2012年、日本で最初の音楽フェスとなる。
このイベントは「沖縄好きでイケイケなパーティ・チューンからハードコアなストリート・チューンまで、実に多種多様なトラックを巧妙かつ軽妙に乗りこなすラッパー、Zeebraの声掛けで出演ラインナップが実現した」という。その出演者はZeebraはもちろん、DJ KAORI、JAY’ED、TEE、May J、K DUB SHINE、DJ OASIS、Spontania、ラッパ我リヤ、DS455、BIG RON、DJ KEN―BO、KM―MARKITなど総勢30組以上が集まって演奏で競う。しかも、今やお決まりだが「イベント収益金の一部は東日本大震災の被災地支援にする」という。
ところで、今回のイベントについて関係者によると、会場内に「ファッション関連のブースも設置する」と言うアイデアもあるんだとか。東京・渋谷に店舗を構える5つの有名ショップが出店して、ネールサロンやサーフスタイル、ハード&ワイルドなデザインのアパレル店、ブラック系の男女に人気の美容室、アクセサリーなど、若者に人気のスタイルをトータルに提案していくという。ま、カップルが多いのだろう、会場では少しでもお金を使わせるような工夫が…。ある意味で、男は大変だ。大体、チケット料金は男性3500円(前売り=3000円)、女性2500円(前売り=2000円)と、女性に有利になっている。因みに、フリーパスチケットについては男女ともに2500円だという。
他にも、会場には地元の食材を利用した料理を提供するフードコートも設置。会場となっている豊見城市の特産品をアピールすることで、市のPRとともに将来的な観光客の誘致も目論んでいる。
いずれにしても、いよいよ沖縄はシーズン到来である。ただ、問題は北朝鮮が打ち上げようとしている衛星ロケットか?間違って軌道がズレて、会場に落下…なんて言ったらシャレにならないか!?

写真週刊誌「FLASH」記者を放り投げ女性週刊誌「週刊女性」編集部に電撃移籍した辣腕記者

120410_222308.jpg写真週刊誌「FLASH」(光文社)の辣腕記者として活躍していた増田立士サンが、何と写真誌から女性誌「週刊女性」(主婦と生活社)の編集部に“電撃移籍”した。
 …ということで、増田サンの新たな門出を祝う会?が東京・六本木のcharleston&SAN(チャールズストン・カフェ)で開かれた。もっとも、内容的にはスポーツ紙の記者や週刊誌の編集担当者など業界スズメが三々五々集まってワイワイするだけのものだったが、この場を仕切ったのは業界の中では”芸能界の暴れん坊”と言われている「Zプロモーション」の宮西渡社長。
 一応、表向きには「増田を囲んで…」なんて言って誘われたが、気づけば宮西社長を囲んで騒ぐだけのもの。とは言っても、今夜も20人ぐらいが集まった。途中、ラモスがフラッと店に来たが、何と、宮西社長はラモスに親しそうに近づき、いつの間にか、この会のサプライズ・ゲストのような雰囲気にしてしまった。これが芸能界っていうことなのだろうか…。
 しかし、宮西社長の”武勇伝”と言ったらグラビア・アイドルの嶋村かおりをスターダムに押し上げたことだろう。彼女は200誌とも300誌とも言われるぐらい週刊誌や月刊誌、雑誌の表紙を総ナメしたことで知られ、写真集だけでも20冊を出してきた。だが、その宮西社長も気づけば70歳。”芸能界の暴れん坊”なんて言っても、もはや過去の話。最近は”夢よもう一度”とでも言うのか50歳も年下の「瀬嶋ゆう」というグラドルに入れ込んでいる。
 それはさておき、増田立士サン。十数年もの間やってきた「FLASH」の記者を放り投げ、今度は「週刊女性」の編集。記者には変わりはないが、一体、どういった心境の変化があったのか!? 写真週刊誌とは違った観点で芸能スキャンダルを女性週刊誌で追いたいとでも思ったのかもしれない。
とにかく、増田サンとは、一緒にテレビ出演をしたこともあったが、その時は、テレビカメラを意識していたのだろ、終始にこやかだったが、今夜の増田サンは異常に目がギラギラしていた。おそらく、この人の内面に潜んでいるのは「肉食系のスキャンダル記者」なのかもしれない。話している時、顔は笑っていても目は鋭く笑っていない。気の弱い小生は、その気迫に負けた…!!
 現時点では、とりあえずはオセロ中島とか小林幸子あたりから手をつけるのかもしれないが、いずれにしても今後、誰が餌食になっていくのか…実に、楽しみである。まさか、今や芸能界を腐敗させているジャリタレ集団「AKB48」なんかを取材して提灯記事を書くようなことしないだろうけど。いずれにしても、今夜は目出度い席。増田サンの顔もアップさせてもらうことにした。