「原点をミタ」。松山千春が弾き語りでプレミアム・ライブ!! 舞台で主演の三浦祐太朗には「見守り続けたい…」

今年、デビュー35周年を迎えた松山千春のプレミアム・ライブが”春分の日”の20日、東京・渋谷のマウントレーニアホール 渋谷プレジャープレジャーで行われた。
今回のライブは、1月25日に発売したデビュー35周年記念CD−BOXの購入者の中から200人が招待された。応募者は1万人を超えていたと言うから、招待された200人と言うのは実に運がいい。もしかしたら、これで”運”を使い果たしてしまった人も…。
ライブは、午後5時から行われた。
ステージは、デビュー当時と同じスタイルで生ギター1本。「です。」「君が好きさ」「長い夜」「ひき潮」「恋」「22歳の別れ」「エゴイスト」そして「旅立ち」…。
これだけ歌って、当初は1時間と言うスケジュールだったが、正直言って1時間で終わるはずがなかった。弾き語りだから、当然、語りも長くなる。結局、1時間半。今度は、そこからアンコールで「大空と大地の中で」と「ふるさと」を歌ったから、最終的には55分オーバーの1時間55分のステージとなった。プレミアム・ライブと謳いながらも、通常のコンサートに近いものとなった。
holiday-IMGP0009_ed.jpg

「今日は、原点にかえったような気分だった」という千春、ワイドショーのレポーターから「35周年を迎えて、35年は長かったですか?」と尋ねられた千春は
「このビジュアルだからな。デビュー当時とは何から何まで変わってきている。そういった意味では長いかな…。デビュー当時は髪も長くて、実に爽やかな青年だったしな」と言っていた。
holiday-IMGP0010_ed.jpg

また、きょうは、舞台「旅立ち〜足寄より」のオーディションでクランプリを獲得、千春役を演じることになっている三浦祐太朗も会場に顔を出し、千春と初体面。レポーターから、祐太朗について尋ねられた千春は
「ヤツは、(三浦)友和似だな。しかし、実にいい青年だった。オーディションの模様は、後でビデオで観たけど、ヤツ(祐太朗)は、俺の2フィンガーを取得していましたからね。感動しましたね。今の時代、フォーク歌手でも2フィンガーで弾くのは俺ぐらいなんじゃないの?それをやってくれたんですからね…。いや、彼なら立派にやってくれると思う。それに俺とは違って育ちもいいしな。これからが楽しみだし、ぜひ舞台も観てみたい。歌手としても期待しているし見守り続けていきたいと思っている」と期待とともにエールを送っていた。
しかし、千春も「(山口)百恵と友和には世話になったからな。CMも俺の『季節の中で』(グリコ『アーモンドチョコレート』のCM)が使われたし、ヤツ(祐太朗)の両親とも何かと縁があるんですよ」。
いすれにしても、千春のステージを初めて観たと言う祐太朗は興奮気味で、ただただ「凄い!」。「千春さんの素晴らしいところを学んでいきたい」と言っていた。
4月14日からは厚木市民会館を皮切りに春の全国ツアーもスタートする。また、舞台「旅立ち〜足寄より」は、7月30日から8月3日まで東京・青山の草月ホールで開催。

単なる“キャラ”だけか!? 芸能界の「恐妻」「鬼嫁」は…小栗旬と結婚した山田優も仲間入り?

ここにきて芸能人の結婚が増えている。で、気になるのが、結婚後の”夫婦生活”である。
高嶋政伸と美元のように、結婚して僅か4年で離婚問題がドロ沼化するようなケースもある。もっとも、この2人の場合、双方の意見は食い違うばかりで解決の糸口は全く見えていない。だいたい離婚騒動で裁判が始まって1年も経つのに「すぐにでも離婚したい」政伸に対して、美元は「結婚生活を続けたい」っていうんだから、2人の現状がどうなんているのかサッパリ分からない。
もっとも、ここでは離婚問題を書こうとしているわけではない。芸能界と言うところか、いかに「恐妻」とか「鬼嫁」が多いかの話である。
芸能界の中で、誰もが認める「恐妻家キャラ」の芸能人夫婦といえば、川崎麻世とカイヤだろうか。もっとも、その夫婦生活も7年もの間、別居生活を送っていると言うから、もはやキャラに”商品価値なし”。しかも、離婚しないだけで麻世もカイヤもやりたい放題。
この2人に似たようなのが、タレントの利恵夫人を持つ野々村真かもしれない。しかし、麻世とカイヤとは違って、こちらは奥さんの力を借りさえすれば、まだまだ商売(話題)になるかもしれないが…。ま、芸能界を生き抜くためにキレイごとなんてのは言っていられない!?
それはともかく、最近出来上がった夫婦で危惧されると言ったら何と言っても俳優の小栗旬と結婚した女優・山田優だろう。
3月14日に入籍した時、都内で単独会見を行った山田は、小栗が浮気をした場合のことを聞かれ「これから(浮気)したら、シメます!!」。山田なんかにシメられたら怖そうだ!! とにかく、小栗には”前科”が多い。これは、おそらく小栗の”性癖”に違いない。そういったことから考えたらシメられるのは時間の問題だろう。世間がうらやむ美男美女の夫婦はカカア天下になること確実。
他には、元モーニング娘。の”辻ちゃん(辻希美)”を奥さんに持つタレントの杉浦太陽なんかは「出会ったころは『辻ちゃんです』ってリボンをつけてたのに、子ども産んで強くなって、けっこう怒られてます」。これもかなり厳しそうだ。
定番になるが、その他ではジャガー横田の旦那さん、木下先生。しかし、木下先生は北海道では有名なバンドマンだったそう。しかも、いつもジャガーに叩かれひ弱なイメージのあるが、学生時代は空手部の主将もやっていたらしい。
ロック・アーティストのIZAM。奥さんは元アイドルの吉岡美穂だったが、この夫婦、テレビのバラエティ番組なんかでは恐妻家キャラを確立しちゃって、今や自虐ネタを得意満面に披露しているが、実はかなりの”おしどり夫婦”だろう。そうでなきゃ3人もガキを作らないだろう!!
AV嬢と遊びまくっている、お笑い「次長課長」の河本準一も、実は”恐妻家”をウリにしている。河本の女房は、言わずと知れたアイドル・グループ”大阪パフォーマンスドール”のメンバーだった重元直美である。9年前の03年3月に結婚。すでに2人の間には2人の子供がいる。もっとも、業界的に「重元は、吉岡美穂に匹敵するほどの恐妻家」なんだとか。ただ、所詮はお笑い。どこまでが事実なのか…!? 日本テレビ「行列のできる法律相談所」の企画だった「気の毒な夫No1決定戦」では、第2回のチャンピオンに輝いている。ま、私生活を見たわけじゃないから真実は闇の中ってとこか…。
あとは川合俊一なんかも”ドS”キャラの妻・元女優の中野みゆきに尻を叩かれているとか。
これまで公にしている暴露話もキリがない。
「食事は3日前に予約しないと作ってくれない」
「犬にステーキを出し自分にはカップラーメンなんてこともよくある」
「自分に敬語で話していたのは最初だけで、今は呼び捨て」
などなど嘆くことしきりだ。
いずれにしても、、ここは奥さんが主導権を握って旦那さんはちょっと肩身が狭いけれど、それで家庭がうまくいっていればいいんじゃないか?