“キッズ・マドンナ”を探せ!! KENTO MORIも参加…マドンナの4年ぶりアルバム発売でダンス・イベント!!

holiday-・}・h・・・i.jpg 4年ぶりアルバム「MDNA」を3月26日に世界同時発売するマドンナの発売記念スペシャル・イベントが発売前日の25日に東京・恵比寿のガーデンホールで行われる。同イベントは、今後予定されるマドンナのワールド・ツアーのバック・ダンサーの選考も兼ねたものとも言われ、日本人ダンサーでは唯一、マドンナとダンサー契約結んでいるKENTO MORIも参加して”キッズ・マドンナ”を選抜するという。
マドンナは、日本公演の翌年(08年)、アルバム「ハード・キャンディー」を発売し、それまで所属していたワーナーミュージックを離れ、世界最大と言われるイベント興行会社「ライブ・ネイション」と360度契約を結んだ。因みに、この「360度契約」というのはマドンナの稼ぎ出す売上げのほぼ全てを対象とした包括契約。しかし、その「ライブ・ネイション」にはレコード部門がないことから今回、ユニバーサルミュージックの傘下のレーベル「インタースコープ」と契約を今回は結んだ(同レーベルにはレディー・ガガを始めエミネム、マリリン・マンソン、エルトン・ジョン、U2…。大物が所属している)。
で、今回、新たに発売するのが4年ぶりアルバム「MDNA」というわけだが、そのアルバム発売に合わせて企画されたのが今回のイベント。それも、マドンナの代わって参加することになったのが日本人ダンサーとして唯一、マドンナと契約しているKENTO MORIというわけだ。
「イベントに参加するのはマドンナ、KENTO MORIに憧れて応募してきた全国のダンサーの中から、いくつもの審査を受けるなど狭き門を通り抜けてきたダンサーたちです――キッズ・マドンナ10人が自慢のダンスを披露します」(関係者)という。
ところで、MENTO MORIのイベント参加についてマドンナは
「KENTOは、とでも素晴らしいダンサー。マイケル・ジャクソンも生前、最後に認めたダンサーですし…。彼のダンスは、まるでマイケルね。彼はマイケルのようには歌わないけど、マイケルのように踊るわ」
と妙なエールを送っている。
いずれにしても、そういった意味では「ダンサー日本一を決めるイベント」にもなりそうで、圧巻のパフォーマンスを堪能できそうだ。
しかも、今回のイベントは「現時点では未定だが今後、アルバムに連動して行われるマドンナのワールド・ツアーにバック・ダンサーとして参加する可能性もある」というだけに、注目度も高まりそうだ。
いずれにしも文部科学省の新学習指導要領では中学校保健体育において、ダンスを必修にするなど時代も大きく変化しつつある。そういったタイミングも狙ってのイベントとも…。イベントでは、KENTO MORIのパフォーマンスや狭き門を通り抜けてきたキッズ・マドンナのパフォーマンスはもちろん、全国の大学生選抜チアガール・チームのエキサイティングなダンスが繰り広げられることになっている。
・P・・・g・・・・.jpg 因みに、KENTO MORIだが、85年3月に愛知県に生まれ。06年に単身渡米しダンサーを学んで07年にプロダンサーとして認められたという。米国を中心に活動を開始。マドンナのワールド・ツアー「Sticky & Sweet Tour」では専属ダンサーとして抜擢され世界中を回った。その一方、09年にはマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のオーディションでも専属ダンサーとして選ばれたものの「マドンナとの契約が優先される」と理由から、マイケルとの専属ダンサーは断念。しかし、その後、マイケルが亡くなったため世界的には「マイケルが最後に自らセレクトしたダンサー」として話題を集めた。そういったこともあって、マドンナのワールド・ツアーでは、マイケルに扮したダンサーとして登場するなどして、マイケルの死を悼んだ。その後、マイケルの追悼ワールド・ツアーにもメーン・ダンサーとして抜擢され世界を回った。現在はマドンナの他に、クリス・ブラウンの専属ダンサーも務め、Ne−Yoやトニー・ブラクストンなどのミュージックビデオにも出演しているという。これまでに、全世界5大陸40ヶ国200の主要都市でライブパフォーマンスを行っている。