新宿から御殿場方面へのロマンスカー人気車両が御役御免に!! 小田急車両は廃車でJR東海の車両は!?

※小田急「20000形(RSE)」車両
120122_193205.jpg

※JR東日本「371系」車両
120218_101247.jpg17日はJRを含め私鉄の大幅なダイヤ改正が行われた。
その中でも、新宿からわが地元・御殿場方面に向かうロマンスカー「特急あさぎり」も…。
御殿場方面には小田急とJR東海が共同で開発して、91年に導入された「20000形(RSE)」(小田急)と「371系」(JR東海)が交互に1日4往復していた。
この「20000形(RSE)」と「371系」は、3号車と4号車両が二階建てになっていて、眺望がいいことで人気だったというが、各車両の乗降口が階段になっていて「バリアフリーに適さない」ということから今回、御役御免になった。
そんなこともあってか、今年に入ってからは新宿駅や沿線の各所には鉄道ファンのカメ小(カメラ小僧)が殺到していた。とにかく、3、4号車は2階はグリーン席だったが、1階は、グリーン席と同じ作りの普通席だったの快適だったが…。
で、今後は…!?
120317_104508.jpg
そこで早速、御殿場まで乗った。これまでロマンスカー「あさぎり」は、新宿と沼津を結んでいたが、17日の改正で新宿―御殿場間に変更された。当然、運行時間も改正された。しかも、JR東海車両が消えたので、今後は小田急車両の新型ロマンスカー「60000形MSE」(非パノラマ型)に代わった。この車両は、東京メトロ・千代田線直通ロマンスカーとして、朝と夕方に運行していたものらしい。
では、消えた「20000形(RSE)」と「371系」の車両はどうなるのか?小田急は不明だが、おそらく廃車にしてしまうのだろう。しかし、「371系」(下の写真)についてはJR東海はリニューアルして今後も臨時列車や団体用の車両として東海道線の一部区間に走らせるらしい。バリアフリーに適さない…と言っても、この車両は7両固定編成で、JR東日本は1本しか製造していない。「ソフトで洗練されたデザイン」で、鉄道ファンからは人気の高い車両だっただけに廃車にはしないようだ。
120218_155602.jpg 

それにしても、JR東海車両がなくなった…ということで、平日は1日4往復が3往復になった。もっとも、土曜、日曜、祭日は1日4往復だが、特急と言う割に小田急線内での停車駅が多い。これまでは町田、本厚木だったが、新ダイヤでは何と新百合ヶ丘、相模大野、本厚木、しかも秦野まで…。秦野に停まって、次に御殿場線の松田じゃ、ちょっと停車しすぎ…。もっとも、小田急線内での稼働率を高めようとしているだろうけど…。そればかりか、土、休日の御殿場発16時の「あさぎり」は、相模大野で「片瀬江ノ島から来る「えのしま12号」と連結して新宿に向かう…。いずれにしても、ダイヤ改正前の時間より御殿場―新宿間の時間がかかるし、小田急線内の慢性的な混雑で、到着が5分ぐらい遅れる。これじゃ、「サービス向上」なんてものじゃない。これから夏に向けて、何かと観光シーズンになってくるが、先が思いやられる!?

「着うたフル」チャート…西野カナ、Ms.OOJA、Greeeenのトップ3は2週不動!! 福山ドラえもん主題歌初登場!!

一般社団法人日本レコード協会は、3月13日付の有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを16日に公表した。集計期間は3月7日から3月13日までの1週間。
それによると前週、初登場で首位にランクされた西野カナが着うたの女王としての本領を発揮し?新曲の「SAKURA,I love you?」が2週連続でのトップを獲得した。同曲は、ソニーウォークマン「Play You」のCMソングとして現在、使われている。
また、2位のMs.OOJA「Be…」と、3位のGreeeen「ミセナイナミダハ、きっといつか」も前週と変わらず、上位ベスト3に変動がなかった。因みに「ミセナイナミダハ、きっといつか」は、フジテレビ系火曜9時に放送中の竹内結子と西島秀俊の主演ドラマ「ストロベリーナイト」主題歌となっている。
初登場曲は、福山雅治「生きている生きてく」が4位に。また、ムック「ニルヴァーナ」が7位にランクインした。
「生きてる生きてく」は、福山にとっては今年第1弾の新曲で、通算28枚目の作品。現在公開中の東宝映画「ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~」の主題歌となっており、シングルCDは3月28日に発売される。
一方、ムックの「ニルヴァーナ」は、MBS/TBS系で放送中のテレビアニメ「妖狐×僕SS(いぬ×ぼくシークレットサービス)」の主題歌(オープニングテーマ曲)となっている。
ベストテン外からランクインした曲は前週11位だった遊助「Baby Baby」が6位にランクインした他、26位から東方神起「STILL」が8位へ。さらに、19位だったAI「ハピネス」が10位へとジャンプ・アップしてきた。
ベストテン外では、レミオロメン「3月9日(from『レミオベスト』)」が21位から11位にランクを伸ばした他、V6「バリバリBUDDY!」が13位に初登場。

【「着うたフル」3・13付週間チャート】 ※カッコ内は前週順位
1(初) 西野カナ 「SAKURA,I love you?」
2(3) Ms.OOJA 「Be…」
3(1) Greeeen 「ミセナイナミダハ、きっといつか」
4(−) 福山雅治 「生きている生きてく」
5(8) 三代目J Soul Brothers 「Go my way」
6(11) 遊助 「Baby Baby」
7(−) ムック 「ニルヴァーナ」
8(26) 東方神起 「STILL」
9(4) AKB48 「GIVE ME FIVE!」
10(19) AI 「ハピネス」

次(21) レミオロメン「3月9日(from『レミオベスト』)」

“キッズ・マドンナ”を探せ!! KENTO MORIも参加…マドンナの4年ぶりアルバム発売でダンス・イベント!!

holiday-・}・h・・・i.jpg 4年ぶりアルバム「MDNA」を3月26日に世界同時発売するマドンナの発売記念スペシャル・イベントが発売前日の25日に東京・恵比寿のガーデンホールで行われる。同イベントは、今後予定されるマドンナのワールド・ツアーのバック・ダンサーの選考も兼ねたものとも言われ、日本人ダンサーでは唯一、マドンナとダンサー契約結んでいるKENTO MORIも参加して”キッズ・マドンナ”を選抜するという。
マドンナは、日本公演の翌年(08年)、アルバム「ハード・キャンディー」を発売し、それまで所属していたワーナーミュージックを離れ、世界最大と言われるイベント興行会社「ライブ・ネイション」と360度契約を結んだ。因みに、この「360度契約」というのはマドンナの稼ぎ出す売上げのほぼ全てを対象とした包括契約。しかし、その「ライブ・ネイション」にはレコード部門がないことから今回、ユニバーサルミュージックの傘下のレーベル「インタースコープ」と契約を今回は結んだ(同レーベルにはレディー・ガガを始めエミネム、マリリン・マンソン、エルトン・ジョン、U2…。大物が所属している)。
で、今回、新たに発売するのが4年ぶりアルバム「MDNA」というわけだが、そのアルバム発売に合わせて企画されたのが今回のイベント。それも、マドンナの代わって参加することになったのが日本人ダンサーとして唯一、マドンナと契約しているKENTO MORIというわけだ。
「イベントに参加するのはマドンナ、KENTO MORIに憧れて応募してきた全国のダンサーの中から、いくつもの審査を受けるなど狭き門を通り抜けてきたダンサーたちです――キッズ・マドンナ10人が自慢のダンスを披露します」(関係者)という。
ところで、MENTO MORIのイベント参加についてマドンナは
「KENTOは、とでも素晴らしいダンサー。マイケル・ジャクソンも生前、最後に認めたダンサーですし…。彼のダンスは、まるでマイケルね。彼はマイケルのようには歌わないけど、マイケルのように踊るわ」
と妙なエールを送っている。
いずれにしても、そういった意味では「ダンサー日本一を決めるイベント」にもなりそうで、圧巻のパフォーマンスを堪能できそうだ。
しかも、今回のイベントは「現時点では未定だが今後、アルバムに連動して行われるマドンナのワールド・ツアーにバック・ダンサーとして参加する可能性もある」というだけに、注目度も高まりそうだ。
いずれにしも文部科学省の新学習指導要領では中学校保健体育において、ダンスを必修にするなど時代も大きく変化しつつある。そういったタイミングも狙ってのイベントとも…。イベントでは、KENTO MORIのパフォーマンスや狭き門を通り抜けてきたキッズ・マドンナのパフォーマンスはもちろん、全国の大学生選抜チアガール・チームのエキサイティングなダンスが繰り広げられることになっている。
・P・・・g・・・・.jpg 因みに、KENTO MORIだが、85年3月に愛知県に生まれ。06年に単身渡米しダンサーを学んで07年にプロダンサーとして認められたという。米国を中心に活動を開始。マドンナのワールド・ツアー「Sticky & Sweet Tour」では専属ダンサーとして抜擢され世界中を回った。その一方、09年にはマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のオーディションでも専属ダンサーとして選ばれたものの「マドンナとの契約が優先される」と理由から、マイケルとの専属ダンサーは断念。しかし、その後、マイケルが亡くなったため世界的には「マイケルが最後に自らセレクトしたダンサー」として話題を集めた。そういったこともあって、マドンナのワールド・ツアーでは、マイケルに扮したダンサーとして登場するなどして、マイケルの死を悼んだ。その後、マイケルの追悼ワールド・ツアーにもメーン・ダンサーとして抜擢され世界を回った。現在はマドンナの他に、クリス・ブラウンの専属ダンサーも務め、Ne−Yoやトニー・ブラクストンなどのミュージックビデオにも出演しているという。これまでに、全世界5大陸40ヶ国200の主要都市でライブパフォーマンスを行っている。

大震災から1年目の3月11日…松山千春と伊勢正三、中村雅俊が岩手で「復興応援コンサート 」

東日本大震災から1年目を迎えた3月11日の夜、松山千春と元かぐや姫の伊勢正三、そして宮城・女川町出身の俳優で歌手の中村雅俊が被災県である岩手・盛岡の岩手県民会館で異色のジョイント・コンサート「復興応援コンサート あの日をわすれない2012」を行った。ステージは冒頭1分間の黙とうを行い、千春のバンドでサックスとパーカッションを担当している春名正治がサックスによる「アメイジング・グレイス」を演奏。その後、出演者それぞれがヒット曲や名曲を披露、最後は3人が揃ってそれぞれのヒット曲を力一杯熱唱し会場を沸せた――。
holiday-_MG_0734・・_ed.jpg
今回の復興応援コンサートは、地震や津波で被災にあった(岩手県内の)宮古、大槌、釜石、大船渡、高田…そういった被災地で、定期的にアーティストのコンサートをやろう。被災地の人たちに安い金額でコンサートを楽しんでもらいたいという願いから企画された。
「1年前に大地震に襲われた時は驚きと恐怖、そして哀しみでいっぱいだった。それから1年。この日に岩手で正やん、雅俊さんと一緒にこういったジョイント・コンサートが出来ることを嬉しく思っている」という千春。しかし、その一方で「こういったコンサートをやるとなるとどうしても赤字になってしまう。そうした現実の中で今回、地元のイベンターから赤字が補てんできるようなコンサートが出来ないかと地元のイベンターから提案された。そこで(3人で)色々考え、今回のようなコンサートをやることにした」と説明していた。
これまで収益金というと被災地に寄付することが目的となっていたが、今回の収益金は被災地でコンサートを定期的にやり続けるための「資金」にしていきたいという。
…と言うのも、被災地でコンサートを行う場合、必ず地元のイベンターが深く関わっているが、そういった地元のイベンターも実は震災で被害にあっている。「被災地でコンサートをやり続けるためにはイベンターへの支援が必要」というわけだ。
今回のコンサートを企画したミュージックギルドの佐藤哲社長によると「被災地で復興の形が見えるには10年はかかる」と言う。そういったことから「被災にあわなかった我々が頑張っていくしかない」(千春)と言うわけだ。そういったことで、今回のコンサートの収益金については全額を被災地でコンサートをやり続けるための赤字の補てんに使っていくと言う。「今後は津波で被災にあった地域の会館との共催でコンサートを継続的にやっていきたい」(佐藤社長)。
今回のコンサートを行った岩手県民会会館はキャパが1991人。チケットは即日完売の人気で、キャンセル待ちは1000人にも達した。
コンサートは千春が「君を忘れない」「長い夜」など5曲、伊勢が「ささやかなこの人生」「22歳の別れ」など6曲、そして、中村が「恋人も濡れる街角」「ふれあい」など5曲などヒット曲を歌い、その後、3人で「俺たちの旅」「なごり雪」、そして「大空と大地の中で」を歌い上げた。
今回のコンサートについて中村雅俊は「震災から1年が経って被災地の人間として、あの日を忘れないという気持ち。そして、東京に住んでいる人に対してはあの日を忘れちゃいけない、あの日の出来事を蘇らせたいという2つのテーマを持って挑んだ」と意欲を語り、一方の伊勢も「あれから1年が経ち、こうやって音楽が出来る、僕らの音楽を聴きたいという人が、これだけ集まってくれたというのは幸せなこと。僕は音楽をやることしか出来ないけど、これからも精一杯頑張って歌っていきたい」と感慨深そうに語っていた。
コンサートの模様は、ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」で、3月20日22時から1時間50分にわたって全国ネットで放送する。
なお、同公演は13日には宮城・仙台サンプラザホールで予定している。

震災から1年目の未明…六本木で不良白人が客待ちタクシーのボンネットに乗り上りご乱心!!

東日本大震災から丁度1年目という3月11日の未明。東京・六本木のドン・キホーテ前で、不良白人がご乱心!!
一体、この日に何を訴えたかったのか!? 酔っ払った不良白人が突然、客待ちで停車中のタクシーのボンネットの上に乗り上がり暴れだした、ずっと見ていたのだが、正直言って何を叫びたかったのかは「?」だが、そのうちに調子に乗って飛び跳ねたり、寝転んだり…。
120311_012515.jpgその間、およそ10分ぐらいか…。タクシーの運チャンは携帯電話で、警察に連絡しているようだが、警察はなかなか来ない。
そのうち不良白人はさらに興奮し始めた。すると携帯電話をかけていた運チャンに気づいたのか「携帯をよこせ」と急に、運チャンを追っかけ始めた。
すると、その不良白人を目がけて正義感なのか?義侠心にかられた黒人が飛び掛った。黒人は、白人の顔面に強烈なパンチ一発。そして、腹部にも…。不良白人は抵抗するが、義侠黒人には歯が立たない。不良白人は、道路の真ん中に倒れこんだが、スキを見計らって、突如、その場から逃走しようとした。すると、今度は数人の義侠黒人が不良白人に殴りかかり、現場はもはや、ちょっとした乱闘状態に。
さらに、向かいのマクドナルド方向に四つん這いになって、芋虫のように逃げようとする不良白人の足を掴んで引きずり戻す。もはや、交通は混乱するし何が起こっているのかわからない状態に。
120311_013146.jpg120311_013121.jpg
そこに、ようやく数人の警察官が…。続いて1台、2台とパトカーや覆面パトカーが到着。その後、黒人に囲まれていた不良白人は、警察官の手に委ねられ(?)数人の警察官が取り押さえる中、手錠がかけられ、パトカーに乗せられていった。
現場では、怪しげなサラリーマン風の男性が真っ赤中をして
「お前らは、それでも日本人か!」
「バカにされているんだぞ!」
「単なる野次馬で見ていたのか」
と興奮しながら騒ぎまくっていた。
確かに僕は、写メで写真と動画を撮っているだけだった…。

「着うたフル」週間チャート…西野カナ初登場1位、EGOIST〜、KARA、AKB4人目のソロ渡辺麻友ら初登場!!

一般社団法人日本レコード協会は、3月6日付の有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを9日に公表した。集計期間は12年2月29日から3月6日までの1週間。
それによると、前週2位から1位になったGreeeen「ミセナイナミダハ、きっといつか」が3位に後退し、代わって着うたの女王として知られる西野カナの新曲「SAKURA,I love you?」が初登場1位にランクされた。
3位に後退した「ミセナイナミダハ、きっといつか」は、フジテレビ系火曜9時に放送中のドラマ「ストロベリーナイト」主題歌となっている。同ドラマは竹内結子と西島秀俊が主演しているもの。
一方、1位にランクされた「SAKURA、I love you?」は、ソニー”ウォークマン”「Play You」のCMソングとして使われている。
今週のベストテン内は初登場曲が目立った。5位にEGOIST produced by ryo(supercell)「The Everlasting Guilty Crown」、そして6位にはKARA「ステップ」、7位にシェネル「ストーリー」、8位に三代目J Soul Brothers「Go my way」、そして9位にAKB48のメンバーの1人、渡辺麻友のソロ・デビュー曲「シンクロときめき」がランクインを果たした。
「The Everlasting Guilty  Crown」は、フジテレビ系「ノイタミナ」枠で放送中のアニメ「ギルティクラウン」のオープニング&エンディング曲。KARA「ステップ」は、昨年9月に発売されたオリジナル・アルバム「STEP」のリード・トラックの日本語版。また、渡辺麻友は、AKB48のBチームに所属し、その一方では仲川遥香、平嶋夏海、多田愛佳、菊地あやかとユニット「渡り廊下走り隊」を結成している。AKB48からは4人目のソロ・デビュー。「シンクロときめき」は、初主演しているテレビ東京の深夜ドラマ「さばドル」の主題歌となっている。

【「着うたフル」3・6付週間チャート】 ※カッコ内は前週順位
1(初) 西野カナ 「SAKURA,I love you?」
2(3) Ms.OOJA 「Be…」
3(1) Greeeen 「ミセナイナミダハ、きっといつか」
4(2) AKB48 「GIVE ME FIVE!」
5(初) EGOIST produced by ryo(supercell) 「The Everlasting Guilty Crown」
6(初) KARA 「ステップ」
7(初) ジェネル 「ストーリー」
8(初) 三代目J Soul Brothers 「Go my way」
9(初) 渡辺麻友 「シンクロときめき」
10(5) 家入レオ 「サブリナ」

次(初) 遊助 「Baby Baby」

28年ぶり夫婦初共演!! 水谷豊の主演映画「少年H」でもランちゃんが奥さんに!! 交際・結婚は“超極秘”だったが…

芸能界きっての”おしどり夫婦”としても知られる水谷豊と伊藤蘭。
その水谷豊は、テレビ朝日系ドラマ「相棒」の大ヒットで、今や”時の人”だが、何と、自らの主演映画の”相棒”にランちゃんが抜擢されたという。これは、ある意味で前代未聞の話かもしれない。
最新の主演映画とは、姉尾河童(せのお・かっぱ)のミリオンセラー小説「少年H」。97年に毎日出版文化賞特別賞を受賞した作品で、上下巻合わせて累計340万部を売り上げているという。姉尾はフジテレビ美術部に勤務していた時は「ミュージックフェア」や「夜のヒットスタジオ」のセットを担当していたそうで、「少年H」もフジテレビで99年と01年に2時間ドラマとして制作されている。
この「少年H」を今度は、テレビ朝日の「相棒」のゼネラル・プロデューサーである松本基弘氏が、水谷を起用して映画化することになったというわけ。監督は、これまで「駅 STATION」「夜叉」「ホタル」「あ・うん」「鉄道員」など高倉健主演で名作を生み出してきた巨匠・降旗康男監督。今夏には高倉健の6年ぶり主演作「あなたへ」も撮っている。その巨匠が今度は水谷とタックを組むというだけでも話題が大きいが、ここにきて水谷豊とランちゃんが、同映画でも夫妻になるというから驚きである。
水谷、ランちゃんにとって今回が「夫婦初共演作」となるわけだが、それにしても、フッと考えたら、水谷とランちゃんが夫婦だなんてピンとこない。「そう言えば、夫婦だったんだよね」って感じかも…。
断っておくが、伊藤蘭と言うのは元キャンディーズの”ランちゃん”ことだ。振り返ったら、水谷とランちゃんの結婚は大きな話題になったものだ。
…と言うのも、その結婚というのがマスコミから逃れハワイで極秘で行われたからだった。そんなことから芸能界の大事件となったというわけ。
水谷とランちゃんが”極秘結婚”をしたのは89年(平成元年)1月22日にことだった。ハワイのホノルル市内にある名門私立高校プナホーハイスクールの敷地内にある「サーストン教会」。
「ホノルルきっての高級住宅街にある教会でした。歩いて3分のところには故・美空ひばりさんの別荘もありましたしね。この教会はソニーの創業者の1人、故・盛田昭夫氏のお嬢さんが挙式したことで知られていました」(関係者)。
それにしても、当時を知る芸能関係者は「極秘に準備してきたという点では前代未聞でしょうね。ハワイ入りもランちゃんと両親が89年1月20日、水谷と両親は21日と別々だった」
ただ、挙式の情報は当然、各局のワイドショーも掴んでいて、ホノルル空港に先回りしていた局もあったのだが…。
「マスコミの動きを察知した水谷は急きょ、予定していたホノルルのセントラルユニオン教会をキャンセルしてしまったんです。しかも、水谷とランちゃんは、それぞれ宿泊していたホテル(水谷はカハラ・ヒルトン、ランちゃんはハイクラニホテル)までもキャンセルして、その姿を消してしまったほどでした」(芸能記者)。
“待ち伏せ”していたマスコミの取材を見事、煙に巻いてしまった。
「81年に結婚した米国の女優ミッキー・マッケンジーとのハワイ挙式の際、マスコミが押し寄せ大騒ぎになっただけに、緻密に準備をしてきたのでしょう。それにしても、挙式を行ったサーストン教会は、私立高校の敷地にあって人目にもつきにくい。マスコミの完敗でしたね」(前出の芸能記者)。
水谷とランちゃんは、両親や親族、そして数人の友人ら僅か10人が出席する中で挙式を行った。水谷は、タキシード姿で伊藤は純白のウエディング・ドレスだった。因みに2人は英語で永遠の愛を誓ったという。挙式は30分程度で終わり、挙式後にはガーデンパーティーも行われた。
ところが、2人が結婚の事実をマスコミに発表したのは25日(現地時間24日)になってからだった。結婚を報告する会見は1月25日(現地時間24日)にホノルル市内のハレクラニホテルで行われた。人気絶頂だった水谷とランちゃんの結婚に芸能マスコミは大挙してハワイ入りした。
「情報は入っていても、全くの極秘結婚で、挙式後もスポーツ紙の報道は”!?”付の見出しだった。それほどハッキリしない結婚だったんです」(週刊誌の編集担当者)
ハワイ挙式は一部の女性誌がキャッチして、それが業界中に広まり騒動となっていたが、ハワイでは5日間も報道陣から逃げまくってきた。さすがに会見場に駆けつけたワイドショー・スタッフも殺気立っていたようだ。
いずれにしても「水谷は、挙式を徹底的に隠し通した。もちろん2人の結婚は噂になっていましたが…。しかし、ハワイでは報道陣をまいてまで極秘挙式に拘った」ことだけは確かだ。
ところで、水谷は81年に「熱中時代刑事編」で共演した米国人のミッキー・マッケンジーと国際結婚した。この時はハワイ・カウアイ島で挙式したが、その後は東京とロサンゼルスに別れての夫婦生活となった。
「5年間もよく続いたと思いますよ。夫婦生活がなかったんですから」(プロダクション関係者)
86年5月15日にミッキーとの離婚が決まった。しかし、その裏でクローズ・アップされていたのがランちゃんとの”不倫説”だった。
「2人の関係が取り沙汰されたのはマッケンジーと結婚した翌年の82年10月にスタートした日本テレビのドラマ『あんちゃん』でした。兄妹の役で共演したのがキッカケです。水谷の家とランちゃんの家が車で15分程の場所にあったことから、いつの間にか関係が急接近したようです。その後、水谷が主役を演じた『事件記者チャボ』(日本テレビ=83年10月〜)では、水谷が恋人役にランちゃんしたことで決定的になったんですよ。水谷は公私にわたってランちゃんの面倒を見ていました。とにかくウマが合うみたいでしたね。まあ、不倫といっても、水谷とミッキーとは東京とロスとの別居生活でしたからね。」(当時を知る芸能記者)。
しかし、水谷は2人の関係を話そうとしなかった。特に、テレビのワイドショーには異常なものがあったと言われる。
「ミッキーと挙式した時、日本からハワイに報道陣が押し寄せ大騒ぎになったんです。それ以来、マスコミには不信を抱き、プライバシーには過敏になったと言われています。ランちゃんも、水谷との関係を聞かれるごとに取材拒否をするほどでした」(テレビ関係者)。
ミッキーと別れてからも2人の口から関係が語られることがなかった。前出の芸能記者は言う。
「結婚の意志は固めていたはずです。ただ、水谷が気持ちのどこかでミッキーを気にしていた。変わったのは87年になってミッキーが米国人と再婚してから。水谷自身、ためらっていた再婚に対してフン切りもついたのかもしれませんね」。
因みに、水谷がランちゃんにプロポーズしたのは88年11月だったという。食事に行った帰り道、車の中で水谷が「一緒に住まないか」とモゾモゾと言うと、ランちゃんは「同棲ということですか?」と言い返してきたという。その後、調布の伊藤の自宅に着いたところで「結婚するなら条件があります」とした上で「式の時に1回目とは同じ服を着ないで下さい」と言い、結婚にOKしたという。
当時、取材したワイドショー関係者は
「ランちゃんの方は初婚だし喜びを隠し切れない感じでしたね。それだけに取材にも応じたかったようですが、水谷は再婚ですから。しかも、ミッキーと同じハワイでの挙式ということで、報道陣には追われたくはなかったのでしょう。ハワイでの会見もシブシブという感じでした。水谷はプライドの高い俳優ですから」。
いずれにしても、水谷とランちゃんは、挙式を含め40日間もオフを取ってハワイや米国本土の旅行などを楽しんだ。現在は、22歳になる1人娘、趣里さんも話題になっている。
今回、結婚後、映画で初共演することにランちゃんは「これまで想像も出来なかった夫婦共演ですが、30
年という月日を経て、また共に一つの目標に向かえるということは大きな喜びです」
なんて感慨深げだった。
撮影は5月1日にスタートし、神戸、千葉、静岡など全国各地での大規模ロケを敢行予定。さらに、空襲で一面焼け野原と化した神戸を再現するためにロケ地は韓国・ハプチョンにまで及ぶそうだ。
公開は2013年夏。全国東宝系にて公開が予定されている。

「坂の上の雲」や「家政婦のミタ」などゾロゾロ…台湾の“夜市”で日本のTVドラマなどの海賊版DVD一斉取り締り!!

台湾と言ったら、何と言っても「夜市」。一番賑やかなのは、台北市の「士林夜市(しりんよいち)」だろうか…。他にも「饒河街夜市(じょうががいかんこうやし)」など、いくつもあるが、この夜市で大量に溢れているのが日本のドラマのDVD。他にも台湾では日本のAVなども人気らしいが、その殆どが、当然だが、その殆どが「海賊版」。
まあ、今さら言うことでもないが、台湾や香港は、最初から「海賊版」のイメージが強い…。しかし、余りにも「海賊版」だらけということから「このまま放ってはおけない」ということで、日本もあの手この手で「海賊版撲滅」に動いている。そういった中で、ある動きがあった。
台湾の「保護智慧財産権警察(IPR警察)大隊」が、台北市内とその周辺に所在する夜市で海賊版販売店3店舗の一斉取締りを実施したというのだ。
今回の一斉取締りは「台湾において蔓延する日本のテレビ番組の海賊版を排除する目的」で実施されたという。取締りについては日本の一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)が、台湾で業務提携する著作権保護促進・侵害監視を目的とする公益財団法人「台湾著作権保護基金会」(TFACT)の協力を得て、台湾当局に要請。その要請に基づいて実施されたと言うのだ。
「台湾全土に広がっているとみられる日本コンテンツ専門の海賊版販売店に対象を絞った、初めての取締り案件」と捜査当局者。
CODAによると、IPR警察は昨年11月から、日本コンテンツの海賊版取締りを開始し、その結果、4カ所の夜市で露天商を含む5店舗を摘発、それぞれの経営者を逮捕、合計で約1万枚の海賊版DVDが押収してきたという(因みに、この時は台北市内の「通化街夜市」で露天商を摘発して約1900枚の海賊版を押収したのを皮切りに、12月には同市内の「士林夜市」で海賊版販売店を摘発、約900枚の海賊版を押収している)。
で、今回は、台北市内の2店舗と新北市内の1店舗が対象となった。そのうち台北市内の2店舗は、日本人観光客などで賑わう「饒河街夜市」に所在していたと言う。
夕刻、店舗の営業開始を待ってから実施されたというIPR警察による制捜査は「大勢の買い物客等でゴッタ返す中で粛々と行われた」(CODA関係者)そう。「粛々」なんて言っているが、きっとバタバタと大騒ぎになったに違いない。もしかしたら怒号が飛び交っていたかもしれないが、余りにも観光客でゴッタ返していて、何が何だかわからなかった…なんて声もある。
それにしても、摘発された中で、ある1店舗は「坂の上の雲」(NHK)や「家政婦のミタ」(日本テレビ)、「深夜食堂 第二部」MBS/TBS)など最新の日本ドラマを含む、約6500枚の海賊版DVDを押収したというから凄い。
さらに同じ夜市で行われたもう1店舗の家宅捜索では約1000枚、新北市の「楽華夜市」で行われた海賊版販売店での家宅捜索では約500枚の日本コンテンツの海賊版DVDが押収されたという。よこど、日本コンテンツの海賊版DVDは人気があるってことだろう。

消費税見直し論議以前に日本に将来があるのか!?  米と中国が日本領土で主権争いをしているかも…

「消費税見直し、消費税見直し」と連日のように言われていると、何となく「仕方がない…」なんて容認するような雰囲気になってきてしまうから怖い。マスコミ批判をする声も多いが、結局はマスコミの言いなりなのか、この国の国民なのだろう。
1年前――震災直後の福島第一原発事故の時なんて「大変なことになった!」「危ない!」と言えば「素人が何を言う」とか「専門家はレントゲン程度の放射線と言っている」なんてノー天気な言い方をする人が多かった。
小沢一郎の事件も同じ。「検察の捜査はおかしい」と事件に疑問を投げかける声がある一方で、検察の捜査に全く疑問も持たず「起訴だ、起訴だ」と言い続け、意味不明な世論調査なんかでは7割以上の国民が「議員辞職をしろ」と言っていた。一体、日本の国民というのは何を基準に判断しているのか?
小沢一郎の事件は、実は恐ろしい出来ことなのだ。国家権力の最高機関である東京地検特捜部のデタラメ捜査が次々に明らかになってきている。「何が起きたのか、検証しなければならない」なんて、今さらになって検事総長が言っているが、少なくとも疑わしきは全て罰する…という捜査手法だったことは明らか。ある意味では「冤罪と言うのは、こういったかたちで出来てくるのか…」といった思いもするような事例である。
だいたい「小沢が嫌い」だから「犯罪を犯しているに違いない」というのは別の話だ。そんな「嫌いな奴、気に入らない奴はみんな犯罪者にしちゃえ」じゃ、世の中は成り立たない。しかも「証拠がないなら、デッチ上げちゃえばいい」なんて、許されることじゃない。しかも、それをマスコミが作り上げ、世論が支持をする…。もはや、日本の未来はない。
「消費税を上げなければ、次の世代に影響が…」「将来の日本のために…」なんて言っているけど、その以前に、日本は狂ってしまっている。いやいや、もしかして数年後には日本の領土を巡って米国と中国が主権を争いなんかをして、それこそ日本はどちらかの属国になっているかもしれない…。
そういった意味でも、本来なら小沢事件に関してなんかは、立法府の国会が一番の問題にしなければならないことなのだが、今や「臭い物には蓋を…」といった感じだ。マトモな顔をして北朝鮮のことを批判なんて出来ない。今や日本は北朝鮮や中国なんかより、恐ろしい国になり下がっているのかもしれない。
しかも…検察もいい加減なら、警察はもっといい加減である。
昨日のことだが、長崎県西海(さいかい)市で昨年12月に起こった2女性殺害事件で、発生前からストーカー被害の相談を受けていた千葉、長崎、三重の3県警が「重大事件に発展するという危機意識が不足していた」なんて検証結果を発表して謝罪していた。
所詮、警察なんて事件が起こらなければ動かないことを示したようなもの。
昨年10月に全国47都道府県で「暴力団排除条例」なるものが施行されたが、警察なんか頼りにならないことを証明したことになる。と言うより、今の日本警察というのは、こと暴力団に関してだけは迅速に動くのかもしれないが、一般の暴力事件やストーカー事件に関しては対応できないのかもしれない。

舞台公演「旅立ち~足寄より~」主役――“第2の松山千春”は三浦友和・百恵の長男・三浦祐太朗に!!

holiday-・・・I・R・・ (2)_ed.jpg
 ”第2の松山千春”は三浦祐太朗――。フォークシンガー松山千春の生き様を描いた舞台公演「旅立ち―足寄より―」の”松山千春役”を決めるオーディション最終審査が3日午後、東京・有楽町のニッポン放送イマジンスタジオで行われた。
応募者は823人だったが、その中から第二次審査を通過した9人が最終審査のステージに立った。
とにかく、今回の話題は”二世タレント”の対決だった。
鳥羽一郎の長男・木村竜蔵(23)、そして三浦友和と百恵夫妻の長男・三浦祐太朗(27)、さらにはロス・インディオスに初代女性ボーカリストとして参加した故・シルヴィアさんの長男・中山貴大(20)の3人が入っていて”千春役”を競った。
3人とも意欲満々。特に、木村竜蔵は06年10月、高校在学中にシングル「愛しい人よ FLOWER」でデビューし 現在はシンガー・ソングライターとして活動している。鳥羽のコンサートでも親子共演しておりファンの間では有名な存在だ。
一方、三浦祐太朗も中学時代からバンド活動を続けていて、とにかく慣れている。しかも、木村同様に08年11月26日にはシングル「イトシセツナナミダ」でメジャーデビューもしている。現在は、バンドから離れソロ活動をしているが、彼が、こういったオーディションに出るのは初めて。しかも三浦友和と百恵夫妻の長男と言う、誰から見てもサラブレットである。その彼が、こういったオーディションに出て来るだけでも一大決心だったに違いない。
そして、中山貴大は、ロス・インディオスに初代女性ボーカリストとして参加し、現役中は”ロス・インディオス&シルヴィア”としてミリオンヒット曲「別れても好きな人」を歌った故シルヴィアさんの長男である。シルヴィアさんは昨年、他界したが、息子の歌手デビューは生前の夢だったという。
いずれにしても、熾烈な最終審査となったが、結果は三浦祐太朗の頭上に…。

holiday-・・・I・R・・ (8)_ed.jpg
「出来レース」なんて声も出て来るかもしれないが、会場にいたら、誰もが「三浦だろう!」と言うに違いない。
因みに審査員は今回の舞台「旅立ち―足寄より―」を演出する稲垣雅之氏、音楽評論家・富澤一誠氏、FM NACK5取締役放送本部長・片岡尚氏、ニッポン放送第一営業部長・瀬尾伊知郎氏、日本コロムビア コロムビアレコード制作部プロデューサー阿部慎二氏、NACK5「松山千春ON THE RADIO」プロデューサー加藤与佐雄氏、応援団・代表取締役社長・高橋正氏、オフィスゲンキの古川千里さん、そして文化通信社代表取締役社長・指田洋氏、そして、松山千春ファンクラブ「千春を見守る会」の代表者だった。
とにかく、審査員のほぼ全員が「三浦しかいない」となった。何と言っても、最終審査を前に原作の「足寄より」を熟読し、さらに映画「旅立ち〜足寄より」を観て、千春を研究してきたのは祐太朗だけだったし、何と言っても彼は、ギターを千春と同じ”2フィンガー”で演奏してみせた。やはり、地道な努力の積み重ねである。音楽評論家の富澤さんも「二重丸は、三浦だけだった」と言うほど。
実は、雰囲気としては木村が「千春に近い…」という意見もあったが、緊張したのかどうしちゃったのか演奏が100%ではなかった。貴大もボーカルは聴きやすかったが、総合的な評価は低かった。その結果、特別賞は一般出場者で青森から来たと言う氣仙亮輔君(24)と横浜出身の井上英樹君(23)に輝いた。
…と言うことで”ジュニア”の戦いは、3人のうちの2人が討死したことになる…。
舞台「旅立ち―足寄より―」は、千春の自伝的小説「足寄より」を舞台化するもの。77年に「旅立ち」でデビューして2年後の79年に発刊された小説で、当時23歳の千春が自らの生い立ち、生き方、そしてデビューするまでを描いたものとして話題となり当時、70万部を超える大ベストセラーとなった。デビュー30周年ではCDドラマや映画化もされている。それにしても「現在進行形で現役で活躍中のアーティストの生きざまを舞台化する」というのは、おそらく前代未聞だろう。
holiday-・・・I・R・・ (3)_ed.jpg
「今回のグランプリ獲得は本当に嬉しかった」という祐太朗。「自分なりの松山千春を演じたい」と意欲を語った。また、両親には「これから電話で伝えたい」とも。そう言えば、かつて、江崎グリコ「アーモンドチョコレート」のCMに両親が出ていた時、バックに流れていた曲が松山千春の「季節の中で」だった。そういった意味でも、今回の祐太朗の「松山千春役」は縁の深いものがある…。
公演は7月30日から8月3日まで東京・赤坂の草月ホール。