「着うたフル」週間チャート…ミスチル「祈り」連続首位!! 山下智久、安室、KARA、ナオト初登場!!

一般社団法人日本レコード協会は、3月27日付の有料音楽配信「着うたフル」の週間チャートを30日に公表した。集計期間は3月21日から3月27日までの1週間。
それによると、前週に引き続いてMr.Children「祈り〜涙の軌道」が首位にランクされた。同曲は、ミスチにとっては3年7ヶ月ぶりの新曲となる。ミスチルは今年がデビュー20周年で同曲は記念曲と言うべき作品。
デビュー記念日となる5月10日には、01年以降の10年をまとめた2枚のベスト・アルバム「Mr.Children 2001‐2005」「Mr. Children 2005‐2010」を同時発売する。また、4月14日の大阪・京セラドームを皮切りに、札幌、東京、名古屋、福岡、埼玉の全国6大ドームで全14公演「MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012」が展開される。観客動員数は約55万人となる見込み。5月10日に大阪・京セラドームで行われる公演はWOWOWで生放送される。
初登場曲は元NEWSの山下智久のソロ曲「愛、テキサス」が2位にランクインした他、安室奈美恵「Go Round」が4位、韓国の5人組ガールズ・グループKARAの新曲「スピード アップ」が7位、そして、ナオト・インティライミ「愛してた」が10位に、それぞれランクされた。
山下の「愛、テキサス」は、ソロ曲としては通算5枚目。同曲は山下が主演(共演は榮倉奈々)していたTBS系ドラマ「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」の主題歌だった。
ベストテン外では、11位に白鳥美麗「ピカル 恋がしたい」が初登場。白鳥はフジテレビ「白鳥美麗物語」の主人公でアイドル的存在の女子高生。注目曲は小泉今日子「木枯らしに抱かれて」が18位に初登場。

【有料音楽配信「着うたフル」週間チャート】※カッコ内は前週順位
1(1) Mr.Children 「祈り〜涙の軌道」
2(−) 山下智久 「愛、テキサス」
3(2) 西野カナ 「SAKURA,I love you」
4(−) 安室奈美恵「Go Round」
5(4) Ms. OOJA 「Be…」
6(3) 福山雅治 「生きてる生きてく」
7(−) KARA 「スピード アップ」
8(5) Greeeen 「ミセナイナミダハ、きっといつか」
9(9) 西野カナ 「たとえ、どんなに…」
10(−) ナオト・インティライミ 「愛してた」

次(−) 白鳥美麗 「ピカル 恋がしたい」

五輪出場決定を黙っているのが辛かった!? 電撃の南部虎弾が明かす猫ひろしカンボジア代表マラソン出場の裏話!!

お笑いの猫ひろしがカンボジア代表で今夏のロンドン五輪に出場することが決まった。
そもそもカンボジアには北京五輪に出場したヘム・ブンティンがいたのだが今回、猫が見事に出場権を得た。これは、ニャンとも凄いことである!!
しかも凄いのは猫のタイムである。
フルマラソンは08年3月の東京マラソンから。これが3時間48分57秒だった。それが昨春の東京マラソンでは2時間37分49秒にまでアップし、昨秋の「東南アジア競技会」では2時間37分39秒となった。それが、今年の「別府大分マラソン」で2時間30分26秒――1796人が出場し50位でゴールした。何と「東南アジア競技会」で出した最高タイムを7分も上回ったことになる。これは笑い話どころじゃない。大したものである。
猫ひろし…本名は滝崎邦明。昭和52年8月8日生まれ。千葉県市原市出身である。目白大学卒業して03年に芸能界デビュー。マラソンは07年に始めたと言う。TBSの島田紳助の番組なんかに出演して、赤坂マラソンなんかをやったことだったそうだ。
それが、何を考えたのか…昨年11月9日にカンボジア国籍を取得した。奥さんがカンボジア人だったこともあるのだろうが「国籍を変更したのは笑いのネタのようなものだった」と言う。それから、カンボジア代表としての五輪選手を狙い始めた。
「もし出場できなかったら、国籍まで変えて、コイツ何やっているんだ…と、単純に笑いにするつもりだった。カンボジア人になったことを芸にしたかったとも言える」
いずれにしても、見方によっては「真面目にやっている選手に失礼」な話だった。もっとも口では、そう言っているけど、彼自身は真面目だったに違いない。じゃなければ、ここまでタイムを上げることは出来ない。
もっとも、五輪に出場するには参加標準記録というのがあって、マラソンの場合は2時間18分をクリアしないといけない。ところが、その一方で1つの国、地域で男女1人ずついずれかの種目に出場できる「特例」があるのだという。猫は今回、この「特例処置」によって出場が出来た。ま、特例でも「五輪出場選手」であることには間違いない。さすがに猫も、
「一生懸命に走ることが、カンボジアで協力してくれた人やお世話になった人への誠意だし、芸人としての生き方」
なんて真面目に話していた。
ところで、これまでナイターオフの半年間、レギュラー出演してきたニッポン放送「松本ひでお 情報発見ココだけ」に、猫の親友という電撃ネットワークの南部虎弾に緊急電話出演してもらった。南部には僅か30分前に電話をかけて(事務所を通さずに直接)頼んだのだが、さすがは南部。快く承諾してくれた。
猫は、五輪出場について
「最初に聞いた時は、ドッキリかと思ってカメラを探した」
「責任を感じています」
と言っていたが、実は25日に東京・新宿のクラブハイツで行われた電撃ネットワーク恒例ライブ「クレイジーナイト」に猫が突然にやってきて、みんなの前で五輪出場を激白したと言うのだ。
「猫さんは、事務所(WAHAHA本舗)から喋るなときつく口止めされていたらしいけど、我慢しきれずに喋っちゃったみたい。もう、会場は大歓声でしたよ。猫さんによると、発表の数日前に連額が届いていたらしく、とにかく黙っているのが辛かったようですよ」
と南部は裏事情を語ってくれた。
いずれにしても、猫は
「最低でも自己ベスト更新」
「夢は世界新記録でメダル」
「今の記録では五輪に通用しないので、これからは世界一練習する覚悟」
「世話になっているコーチのベスト記録、2時間27分を超えたい」
などと語っていたが、8月のロンドン五輪には南部も駆けつけると言う。
「当然ですよ。もう、スケジュールは押えています。マラソン会場で、もちろん沿道でも大声援しますよ。きっと応援している姿はテレビにも映ると思う。いや、絶対に映ってみせる」
と早くも世界が度胆を抜くような応援を考案中であることを激白した。
とにかく、電撃ネットワークと言えば、海外では「TOKYO SHOCK BOYS」として、日本以上に大人気なだけに、猫の出場は世界中から注目されることは確実か。
いずれにしても、猫の五輪出場にはカンボジアでも好意的だという。もちろん、カンボジアにはアンコールワットなどがあって、日本人観光客を呼びたいだろう。そう言った意味では、ここは「利害が一致した」ってことになるのか!?
因みに、ロンドン五輪には「猫ひろし」ではなく本名の「滝崎邦明」で登録したと言い、毎日30〜40キロ走っているらしい。

「酒井法子が逮捕されたのは元夫のせい」と元夫の父親が経営するスキーショップ社員を脅したのりピーの弟が逮捕!!

“のりピー”こと酒井法子は、とことん不運な女性である――。
執行猶予が今秋に終えると言うのに、今度はまたまた弟の不祥事である。
警視庁渋谷署は、のりピーの弟で職業不詳(無職)の吉原健=福岡市東区二又瀬新町=を恐喝の容疑で現行犯逮捕した。容疑を否認している。
吉原には妹がいて「酒井法子が逮捕されたのは元亭主(高相祐一)の責任。そのために妹が入院した」などと、意味の解らないような因縁をつけに、のりピーの元夫の父親が経営する東京・南青山にあるスキーショップ「ジロー」に行ったらしい。対応に出た60代男性社員を脅したのが今回の逮捕容疑になったようだが、実に間抜けな弟である。
吉原は「妹がダメージを受けた」なんて御託を並べているようだが、その行動によって、妹なんかより、のりピーの方がよほどダメージを受けることになる。33歳にもなって、そんなことも分からないのだろうか?まあ、吉原自身は、犯行を否認しているようだから、捜査の進行によって、どう変わっていくか…。要するに、「妹が…」なんて言っているのは適当で、単にカネが欲しかっただけだろう。
09年に覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕され最近、刑期が終えて出所してきたという。要するに金がなかった。で、夫だった高相祐一を脅すことを思いつき、上京してきたが、高相の居所が掴めず、「だったら…」と、南青山のスキーショップに行ったのだろう。
いくら弟と言っても、さすがにのりピーのところには行けなかったに違いない。しかし、余りに短絡的過ぎる。
のりピーも今秋にも執行猶予が終わる。そうしたら、本格的に芸能活動を再開する…というスケジュールだったに違いない。それが、思わぬところで…という思いだろう。もちろん、のりピーの芸能界復帰以上に、一人息子の進学にも暗い影を落としかねない。
だいたい吉原は「職業不詳」とか「無職」となっているが、一部には「暴力団関係者」とされている。しかも、昨秋10月に「暴力団排除条例」も施行されているだけに、今回は問答無用で「実刑」になることは確実だ。それだけに今までとは違って重い刑が下る可能性もあるだけに、今後の動向によっては当然、のりピーとしてもイメージは落ちるだろうし、実に迷惑な話である。
いずれにしても、のりピーに弟がいたなんていう話も、吉原が逮捕された時に初めて知ったし、その吉原に妹…なんてのも初めて知った。これじゃ、のりピーは何人兄弟?なんてことにもなってしまうが、おそらく、のりピー自身も頭が真っ白になっているに違いない。そう考えると、のりピーと言うのは不幸を背負った女である。もっとも、そういったことの方が芸能人に向いている…なんてこともあるのだろうけど。

ついに伝家の宝刀…これで暫くは安泰!? 前田敦子のAKB“卒業宣言”は人気浮上を狙った秋元流戦略!!

それにしても芸能界は、明けても暮れてもAKB48ばかりだ。きっとプロデューサーの秋元康もお慶びになっているに違いない!!
特に、先週末なんてSKE48の松井珠理奈とNMB48の渡辺美優紀が「期間限定」と言いながらAKB48入りする…と発表したと思ったら、今度は”あっちゃん”とかいう前田敦子が卒業宣言。連日、スポーツ紙からネットは「AKB、AKB」である。まるで、芸能界はAKBだけで回っているような錯覚に陥る。日本の政治も、行政も狂っているが、芸能界も狂っている。今や日本中が異常事態だ。マトモじゃない。
前田敦子の一件。
さいたまスーパーアリーナで3日間連続で開催された「AKB48コンサート 業務連絡。頼むぞ、片山部長!」の最終公演で明らかにした…。だいたい、コンサートタイトルも世間的には意味不明だろうけど、この前田の卒業宣言っていうのも意味不明だ。
ま、世間的に言ったら「エース前田敦子がAKB48から卒業する」ということになわけだが、この事態。一応、関係者的には「突然のことだった」らしい、と言うことで「卒業時期は決まっていない」「卒業後の活動は決まっていない」ってことになるのだろう。が、そうなると、この卒業宣言というのは「前田の衝動的発言」っていうことにもなってしまうのか!? ハテハテ…?
かつて、人気絶頂だったキャンディーズが「普通の女の子になりたい」と言って解散したこともあった。ここ数年でも、突然に人気だったアイドルがグループを脱退したり解散したり、あるいは芸能界から去ってしまうケースが多かった。その理由は、大抵が「精神的なもの」とか「学業」とか…。前田もそれと似たり寄ったりだってことなのか?
それにしても、前田も「卒業します」と宣言する以上は、それなりに自分の身の振り方を考えて言ったとは思うのだが、卒業時期は不明…なんて、そんなことってあるのか? あるいは、実は恋愛していて、超法規的な処置?として卒業になったなんてことも考えられなくもない。
しかし、少なくとも”世間的”にはAKB48と言うのは、恋愛は個人が望んでも絶対に許さないが、卒業は個人が望むなら受け入れるってことになってしまう。まあ、口さのない【ヘッドロック】である。そんな理屈は何でも並べられる。
だが、何だかんだ言っても、今回の前田の「卒業宣言」なんていうのは、どこから見たって秋元の戦略としか考えられない。というより、ついに秋元も伝家の宝刀を抜いたようなものかもしれない。
そもそも、AKB48のようなジャリタレのアイドル集団の場合は、常に入れ替えがないとファンから飽きられてしまうのが運命である。だが、AKBの場合は入れ替えしたくても頭が詰まってしまうことが大きな問題となっていたはずだ。要はメンバーが固定化されてしまうということ。
さらに言うならAKB48というのは、「神7」なんて言っているメンバーというのは入れ替りが鈍い。殆どが同じメンバーである。もちろん、それではマズイと、イベントごとにAチームとか、Bチームとか…。とにかくメンバーを変えて出ているようだが、その中身はクズでも数を揃えれば…といった程度である。ハッキリ言って、何人がピンでマトモな活動できるのか?今回、松井珠理奈や渡辺美優紀なんかをAKB48に臨時加入させたのも、そういったマイナスを補う狙いがあったに違いない。だが現実は…。それだけでは、どうにもならない状況が実は内部に起こっているとしか考えられない。
いずれにしたって前田の卒業宣言は、秋元にとっても「ついに…」の戦略だったに違いない。
だいたい、すでに頂点を極めてしまった感のあるAKB48を少しでも長く存続していくことを考えると前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美…この辺りの処遇は大きなネックになっているはずである。まあ、そう考えたら、現在のエース前田を卒業させるのは戦略の一つ。
結局、AKBのようなアイドル集団を1日でも長く存続させるためには、ファンに刺激や衝撃を与えることが重要だってことだ。それも、今の時代、小手先のものでは通用しない。それこそ上場会社が資金調達や株価維持のために、ダイナミックな事業をブチ上げるようなものなのだ。
そういった意味で前田の卒業宣言は大成功だったってことになる。ま、今回の宣言で、暫くはAKB48は盛り上がる。それこそ「(開催が)決まった」という東京ドームのコンサートの動員にも結び付くだろうし、次の総選挙にしたって「変わる」はず…何だかんだ言って秋元はもちろん、AKBの広告展開をしている「電通」なんかはニンマリしているに違いない。少なくとも、これだけ記事になったりして報道されたら効果抜群である。
だいたい、これまで、意地でも”秋元戦略”なんかに乗りたくないと無視し続けてきた【ヘッドロック】までが、ついつい、こんな”茶番”とも言うべきネタに乗ってしまったわけだから正直言って情けない気持ちである。

青森市や津軽市も協賛した上海「TGCガールズコレクション」。福岡での”アジア規模ファッションショー”は横ヤリで見送りに!?

中国・上海のメルセデス・ベンツ・アリーナで行われた「TGCガールズコレクション」。
「TGC」は「東京ガールズコレクション」の”中国版”と言われてきたが、実は「Trend Going Concept」の頭文字を取った略語なんだとか。中国では「ファッショントレンド元素」を意味するのだという。
holiday-TGC ・{・・ (53)_ed.jpg

中国人民対外友好協会、中国紡績品商業協などが主催していたが、実際には「アンダーZグループ」という企業が仕切っている。このグループの総帥(会長)は周帆さん。日本では、一昨年に酒井法子を中国に招いたことで知られるが、この会社の中枢は中国のエネルギーだという。会社自体は中国にあるが、日本にも東京・麹町にもある。言うまでもないが周さんは中国の政府中枢に絶大な力を持っていて最高指導者・胡錦濤主席はもちろん、習近平国家副主席とも親交が深いと言われる。今回、鳩山由紀夫元総理らが習近平国家副主席と会談が出来たのも、実は周さんの力があったと言われている。そんなことから鳩山元首相は「友愛の伝道師」と言いながら、TGCでは冒頭の挨拶に立っているのかもしれない。
周さんによると「中国では日本のファッションが注目を集めている。しかし、中国では一般向けのファッションショーはなかっただけに、昨年の北京に続いて上海は2回目になるが中国では画期的なイベント」と言う。
いずれにしても今回も周さんにはお世話になったが、その周さんを紹介してくれたのが実は俳優の吉川銀二だった。
意外なことに周さんと銀ちゃんは10数年ぐらいの付き合いらしく、中国でのTGC開催は企画の段階から参加していたらしい。そういったことから銀ちゃん会場に来ていたが、顔の広いのは東京・六本木だけかと思ったら何と中国でも顔が広かった…。
holiday-・・・n・[・T・・ (3)_ed.jpg

holiday-TGC ・{・・ (37)_ed.jpg

 ところで、今回の「TGCガールズコレクション」は、キッズ向けの人気ブランド「BANACHI」【写真】の他、多数のん日本企業や日本のファッション・ブランドが協賛していた。資生堂や三菱鉛筆、全日空…。それに青森県や津軽市なんかも。これは観光客を狙ってのものか…いずれも何だかんだ言っても中国の巨大なマーケットを狙っているってことである。
ところで、吉川銀二だが、前回の北京での開催後のこと。
「来年は日中国交正常化40周年という節目の年だけに、何としても出身地である福岡でアジア規模のファッションショーを開きたい」
と意気込んでいたものだ。
関係者によると、今回の「TGC上海」で青森県や津軽市が協賛になっているように、日本の数都市から共同開催のオファーが非公式に来ていたそうだ。しかし、その中でも福岡での開催に向けて吉川銀二が積極的だったと言われる。
福岡市での開催については、福岡市長も大ノリだった。
「福岡市長とは古くから親交があるし、福岡のためにアジア規模の大きなファッションショーをやりたいと思っていた。ファッションには国境はないですからね。とにかく福岡が中国と親睦を深める大きなチャンスだった」
と銀ちゃんは言うのだが、何故か、途中から雲行きが怪しくなってきた。結局は、開催は見送られたという。福岡での開催を期待していただけに一体、どういうことなのか?
「ハッキリ言って、一部からヤッカミと言うか、横ヤリがは入った。市長も頭を抱えたようだけど、正直言って信じられないね。今や、中国は日本にとって重要なパートナーじゃないですか。その中国と友好を深めようとすることは、福岡市にとってもメリットは大きいしプラスになることじゃないですか。それを何で潰そうとするのか理解出来ない」。
これも「利権」の問題なのか?
「まあ、市長とも話したけど、こういったことは地道な積み重ねなんだろうね。俺も色々と学んだよ。とにかくコツコツと頑張っていくしかない。これからは日本だけではなくアジアを目指していかないと…。今年は無理でも将来の開催に向けて、これからは人脈を広げていきたい」。
と、妙に意欲十分だった。
いずれにしても、福岡市の開催に対しては周さんも大ノリだった。また、「TGC」の上海では現場を担当した音楽プロデューサーの月光恵亮氏(B’zやZARD、倉木麻衣らが所属する「ビーイング」を長戸大幸氏と立ち上げた。その後、独立してBOOWYやリンドバーグ、ZIGGY、氷室京介、田村直美、松田樹里亜などをプロデュースしてきた)も全面協力を約束していただけに残念である。
因みに、次の「TGCガールズコレクション in 上海」は、9月8日に開催されると言う。周さんは「これからが本番」と言っていた。

TGCガールズコレクション in 上海…佐々木希、市井沙耶香、高垣麗子ら総勢60組のモデル、w-indsやキム・ヒョンジュンらライブ!!

※会場のメルセデス・ベンツ・アリーナ
120323_191303.jpg
中国では最大級のファッションショー「TGCガールズコレクション」が24日、上海市のメルセデス・ベンツ・アリーナで行われた。昨年5月に第1回目が北京で行われたが、第2回目の今回は会場を上海に移して開催された。今年は「日中国交正常化40周年」という節目の年だけに、関係者は「アジアの文化の架け橋になるようなイベントに育てていきたい」と、韓国も加え、初めて”日中韓”による合同ファッションショーが繰り広げられた。
2回目となる「TGCガールズコレクション」は、中国の若者文化の情報発信基地でもある上海の開催となった。上海と言えば、一昨年は万国博覧会が開かれたり、中国の中では香港と並んで国際的なイメージが強いが、実は今回のようなファッションを中心としたエンターテインメントのイベントが行われたのは今回が初めてだという。しかも、今回のテーマは「ビューティフル・ドリーム、ビューティフル・ユー」。女の子たちの「可愛くなりたい」という夢の実現を基本的なコンセプトに繰り広げられた。何とも、中国とは思えないようなコンセプトだった。
しかも、昨年の北京での開催に続いて今回も「友愛の伝道師」として鳩山由紀夫元総理が会場に駆けつけ挨拶。とにかく、鳩山さんの表情が明るかった。やはり前日に習近平国家副主席との会談を終えた安堵感もあったのかもしれない。「私の女房(幸夫人)は、実は上海の生まれでして…(元宝塚歌劇団47期生。星組娘役だったが、生まれは上海)、そういった意味でも上海には親しみを感じます」なんて挨拶していた。
holiday-TGC ・{・・ (52)_ed.jpg

いずれにしても、ステージの方は日本からは元モーニング娘。の市井沙耶香を始め佐々木希や高垣麗子、道端アンジェリカ…。その他、中国、韓国からも有名、人気モデルが参加、総勢60組のモデルが各々のスタイルで“可愛さ”や“美しさ”を競った。「前年以上に出場希望者が多く、参加者を選ぶのに苦労した」(関係者)らしいが、日本では有名でも、中国では知名度はイマイチと言った部分も…。そういったことで見たら、何だかんだ言ってもAV女優の蒼井そらの人気は凄いってことだろう。また、モデル以外では中国で人気が高いw-indsを始め、中国の女性ユニット、ラビッド、今年1月にCDデビューして以来日本でも人気で、エステの最大手、スリムビューティハウスのCMなんかにも起用されている韓国歌手、キム・ヒョンジュンがライブ・パフォーマンスをした。
しかし、観ていて思ったのは中国と言うのは、お目当てのモデルやアーティストがで終わってしまったら、さっさと帰ろうとすることだ。w-indsのステージが終わったらドッと帰り始め、最後の方でキム・ヒョンジュンが歌い終わったら、もう嵐が去った後のように静まり返っていた。そういった意味で考えると、中国でのイベントは実に難しいかもしれない…。
因みに、今後「TGCガールズコレクション」は年2回の開催を予定していて、ファッション、そしてエンターテインメント面で中国と日本、そして韓国との関係を強固にしていきたいと言っていた。

及川光博“最後”の「相棒」は20.5%獲得。及川出演の3シリーズ全57話の平均は18.2%に!!

及川光博が”特命係”から卒業する、テレビ朝日「相棒 Season10」の最終回の視聴率が20.5%だったという。今回のシリーズは初回が16.3%で、2回目に18.4%を上げた他は15〜16%前後をウロウロしていたが、さすが最終回では威力を発揮した。
言うまでもなく及川は、寺脇康文からバトンタッチする形で、09年の”Season7”の最終回から出演、その後は、”Season8”"Season9”、そして、現在放映中の”Season10″と…。これまで3シリーズに亘って”警視庁特命係”で主演の水谷の”相棒”として出演してきた。その3シリーズ――全57話あったらしいが、平均視聴率は18.2%だった。57話の平均が18%超えるなんていうのは、このドラマ低調時代の中では凄いことである。だいたい、現在放送中のNHK大河ドラマ「平清盛」だって、16%…下手をしたら15%なんてことになるかもしれないんだから。
いずれにしても、及川は昨年、同ドラマに出演していた女優・壇れいと結婚したことから、”特命係”の”相棒”である水谷豊の逆鱗に触れたとか、及川の人気に水谷が嫉妬したとかで、業界内には「今回のシリーズが最後」なんていう噂が流れていたが、今回は、ある意味では噂通りとなった感じも…。もっとも関係者は、そういった降板理由を一蹴している…。確かに、今回の場合は”卒業”という表現で”降板”とは言っていない。そういったことでは今後も、何らかの形で出演するってことなのか?実に玉虫色の”卒業”である。
とは言っても、これで一応”特命係”から卒業したということで、ドラマから解放された及川は今後、本格的にアーティスト活動に全力をあげるという。まず、これまたタイミングを狙ってドラマ「相棒 Season10」の最終話となる3月21日にオリジナル・アルバム「銀河伝説」を発売した。実に商魂たくましいというか計算高い!! それも、及川にとってはデビュー16年にして初めて”及川光博&The FANTASTIX”というバンド名義でのアルバムだった。
因みに、この”及川光博&The FANTASTIX”というのはドラム、ベース、キーボード、ギター、管楽器の編成で、及川を含めて8人組バンドになるんだとか。まあ、「相棒」を卒業したら新しいスタイルでやっていこうという、及川なりの意気込みなのかもしれない…。
しかも、所属レコード会社の「喝采」によると、今回のアルバムというのは、CDパッケージのみでの発売を予定していて、いわゆる「レコチョク」や「iTunes」を含めたデジタル音楽配信というのは行っていない。「CDショップの奮起を期待したい。全国ツアーとも連動して、CDの販売施策も考えています」というのだ。要するに、ドラマと言う呪縛から解け、しばらくはアーティストとして活動するから「まずはアルバムを買ってくれ!」っていうことなのだろう。事実、アルバムは「これまで以上に売れている」という。
また、アルバム発売に連動して、新バンド”及川光博&The FANTASTIX”では全国ツアー「及川光博ワンマンショーツアー2012『銀河伝説』」も3月24日の東京・八王子市民会館(オリンパスホール八王子)を皮切りに繰り広げるという。
…実に慌ただしい。これでは「相棒」を続けていくのは無理ってことか。
しかし、今気になるのは、もう”卒業”してしまった及川なんかのことよりも次の”相棒”が誰かってこと。もしかして…。

日本の芸能界のトップか!? “事実婚”で学ぶ?ドリカム吉田美和が19歳年下ロッカーと結婚!!

REAMS COME TRUEの吉田美和の結婚には驚かされた。
もっとも驚いたと言うのは、何も「結婚する」ことに対してではない。前”事実婚”夫の映像ディレクターの末田健さんが亡くなってから、すでに5年が経とうとしている。しかも、既に46歳である。結婚したって何も不思議ではない。しかし、相手の男が19歳も年下だと聞いたら、それは驚く。例えば、それが”逆”の立場でも何か言われるに違いない。口さのない輩からは、例え、そんな歳でなくても「淫行」なんて言われかねない(?)
しかも、吉田美和のお相手と言うのはロックグループの「FUZZY CONTROL」(ファジー・コントロール=通称”ファジコン”というらしい)のボーカル兼ギターの”JUON(ジュオン)”だという。お恥ずかしながら、聞いたこともないバンドだったが、玄人の間では名の知れたバンドだと言う。で、この”JUON”というのは本名が鎌田樹音で沖縄出身の男。しかも、母親が、懐かしのシンガーソングライター”りりィ”と聞いて、それも驚いた。「私は泣いてます」。今回の結婚に、お母さんは「ベッドの上で泣いている」かもしれない…それも、嬉しさの余り…。「息子はいい女性をモノにした…」「これで安心だ…」と…。
しかし、JUONは吉田美和を「守っていきたい…」とか言っているけど、逆の立場になることは目に見えている。普通なら女性の誕生日に婚姻届を出すケーが多いが、吉田の場合は、男の誕生日である3月8日に入籍したと言う。「なかなか気を遣っている…」と思ったら、3月8日は“美和の日”だって。なかなか食わせない女である。恐るべし吉田美和!! しかも、結婚を発表した日(3月21日)は、DREAMS COME TRUEの23年目の記念日だって。何から何までデキ過ぎている。これじゃ、この先も…。ま、そこは沖縄出身の鎌田クンである。そんなことは「なんくるないさー」ってなものかもしれない?
それにしても、最近は、男の年の差婚が多い。
小雪と松山ケンイチは8歳の差だったが、ほしのあきなんて三浦皇成と13歳の年の差婚で驚かせた。
しかし、一番有名なのは、既に離婚したが大澄賢也と小柳ルミ子の14歳歳の差婚か。昭和天皇が崩御した日に”結婚”なんていう記事が出て”目がテン”になったが、とは言っても、当時36歳の小柳と23歳の大澄の結婚は衝撃的だった。
しかし、の14歳に挑戦したのが元歌手で、最近は女優としても活躍中の秋本奈緒美と俳優・原田篤との15歳の差。秋本も元気がいい!!
他に、10歳年下の一般男性と結婚した元宝塚の花組男役トップスターの愛華みれ。同じ宝塚では11歳年下のインテリアデザイナーの森田さんと結婚した宝塚月組のトップスター大地真央や8歳年下のバレエダンサー西島千博と結婚した女優・真矢みき(宝塚月組)なんかもいた。そう考えると、やはり宝塚は”役者”が揃っている?
後は、歌手のカヒミ・カリィは9歳下のタップダンサー熊谷和徳と結婚しているし、あのジョン・レノンとオノ・ヨーコも7歳の年の差結婚だった。
もっとも、芸能界だけではなく、野球選手には多い。
楽天の田中将大投手とタレントの里田まいは4歳差だし、イチローと元TBSアナウンサーの福島弓子なんかは8歳差だった。松坂大輔と元日本テレビアナウンサーだった柴田倫世も6歳差。それに、元中日ドラゴンズの落合監督の場合なんて9歳差、巨人軍の原監督も6歳差…。こうしてみると、実は男の年の差結婚も多いってことだ。
しかし、そうは言っても、吉田と鎌田の”19歳歳の差結婚”は、今のところ日本の芸能界ではトップということか!? もっとも吉田の場合は、前回はワケあって”事実婚”になったが、今回は正式な結婚。やはり、前回の”事実婚”で、何かと学んだことが多かったってことだろうか?

「原点をミタ」。松山千春が弾き語りでプレミアム・ライブ!! 舞台で主演の三浦祐太朗には「見守り続けたい…」

今年、デビュー35周年を迎えた松山千春のプレミアム・ライブが”春分の日”の20日、東京・渋谷のマウントレーニアホール 渋谷プレジャープレジャーで行われた。
今回のライブは、1月25日に発売したデビュー35周年記念CD−BOXの購入者の中から200人が招待された。応募者は1万人を超えていたと言うから、招待された200人と言うのは実に運がいい。もしかしたら、これで”運”を使い果たしてしまった人も…。
ライブは、午後5時から行われた。
ステージは、デビュー当時と同じスタイルで生ギター1本。「です。」「君が好きさ」「長い夜」「ひき潮」「恋」「22歳の別れ」「エゴイスト」そして「旅立ち」…。
これだけ歌って、当初は1時間と言うスケジュールだったが、正直言って1時間で終わるはずがなかった。弾き語りだから、当然、語りも長くなる。結局、1時間半。今度は、そこからアンコールで「大空と大地の中で」と「ふるさと」を歌ったから、最終的には55分オーバーの1時間55分のステージとなった。プレミアム・ライブと謳いながらも、通常のコンサートに近いものとなった。
holiday-IMGP0009_ed.jpg

「今日は、原点にかえったような気分だった」という千春、ワイドショーのレポーターから「35周年を迎えて、35年は長かったですか?」と尋ねられた千春は
「このビジュアルだからな。デビュー当時とは何から何まで変わってきている。そういった意味では長いかな…。デビュー当時は髪も長くて、実に爽やかな青年だったしな」と言っていた。
holiday-IMGP0010_ed.jpg

また、きょうは、舞台「旅立ち〜足寄より」のオーディションでクランプリを獲得、千春役を演じることになっている三浦祐太朗も会場に顔を出し、千春と初体面。レポーターから、祐太朗について尋ねられた千春は
「ヤツは、(三浦)友和似だな。しかし、実にいい青年だった。オーディションの模様は、後でビデオで観たけど、ヤツ(祐太朗)は、俺の2フィンガーを取得していましたからね。感動しましたね。今の時代、フォーク歌手でも2フィンガーで弾くのは俺ぐらいなんじゃないの?それをやってくれたんですからね…。いや、彼なら立派にやってくれると思う。それに俺とは違って育ちもいいしな。これからが楽しみだし、ぜひ舞台も観てみたい。歌手としても期待しているし見守り続けていきたいと思っている」と期待とともにエールを送っていた。
しかし、千春も「(山口)百恵と友和には世話になったからな。CMも俺の『季節の中で』(グリコ『アーモンドチョコレート』のCM)が使われたし、ヤツ(祐太朗)の両親とも何かと縁があるんですよ」。
いすれにしても、千春のステージを初めて観たと言う祐太朗は興奮気味で、ただただ「凄い!」。「千春さんの素晴らしいところを学んでいきたい」と言っていた。
4月14日からは厚木市民会館を皮切りに春の全国ツアーもスタートする。また、舞台「旅立ち〜足寄より」は、7月30日から8月3日まで東京・青山の草月ホールで開催。

単なる“キャラ”だけか!? 芸能界の「恐妻」「鬼嫁」は…小栗旬と結婚した山田優も仲間入り?

ここにきて芸能人の結婚が増えている。で、気になるのが、結婚後の”夫婦生活”である。
高嶋政伸と美元のように、結婚して僅か4年で離婚問題がドロ沼化するようなケースもある。もっとも、この2人の場合、双方の意見は食い違うばかりで解決の糸口は全く見えていない。だいたい離婚騒動で裁判が始まって1年も経つのに「すぐにでも離婚したい」政伸に対して、美元は「結婚生活を続けたい」っていうんだから、2人の現状がどうなんているのかサッパリ分からない。
もっとも、ここでは離婚問題を書こうとしているわけではない。芸能界と言うところか、いかに「恐妻」とか「鬼嫁」が多いかの話である。
芸能界の中で、誰もが認める「恐妻家キャラ」の芸能人夫婦といえば、川崎麻世とカイヤだろうか。もっとも、その夫婦生活も7年もの間、別居生活を送っていると言うから、もはやキャラに”商品価値なし”。しかも、離婚しないだけで麻世もカイヤもやりたい放題。
この2人に似たようなのが、タレントの利恵夫人を持つ野々村真かもしれない。しかし、麻世とカイヤとは違って、こちらは奥さんの力を借りさえすれば、まだまだ商売(話題)になるかもしれないが…。ま、芸能界を生き抜くためにキレイごとなんてのは言っていられない!?
それはともかく、最近出来上がった夫婦で危惧されると言ったら何と言っても俳優の小栗旬と結婚した女優・山田優だろう。
3月14日に入籍した時、都内で単独会見を行った山田は、小栗が浮気をした場合のことを聞かれ「これから(浮気)したら、シメます!!」。山田なんかにシメられたら怖そうだ!! とにかく、小栗には”前科”が多い。これは、おそらく小栗の”性癖”に違いない。そういったことから考えたらシメられるのは時間の問題だろう。世間がうらやむ美男美女の夫婦はカカア天下になること確実。
他には、元モーニング娘。の”辻ちゃん(辻希美)”を奥さんに持つタレントの杉浦太陽なんかは「出会ったころは『辻ちゃんです』ってリボンをつけてたのに、子ども産んで強くなって、けっこう怒られてます」。これもかなり厳しそうだ。
定番になるが、その他ではジャガー横田の旦那さん、木下先生。しかし、木下先生は北海道では有名なバンドマンだったそう。しかも、いつもジャガーに叩かれひ弱なイメージのあるが、学生時代は空手部の主将もやっていたらしい。
ロック・アーティストのIZAM。奥さんは元アイドルの吉岡美穂だったが、この夫婦、テレビのバラエティ番組なんかでは恐妻家キャラを確立しちゃって、今や自虐ネタを得意満面に披露しているが、実はかなりの”おしどり夫婦”だろう。そうでなきゃ3人もガキを作らないだろう!!
AV嬢と遊びまくっている、お笑い「次長課長」の河本準一も、実は”恐妻家”をウリにしている。河本の女房は、言わずと知れたアイドル・グループ”大阪パフォーマンスドール”のメンバーだった重元直美である。9年前の03年3月に結婚。すでに2人の間には2人の子供がいる。もっとも、業界的に「重元は、吉岡美穂に匹敵するほどの恐妻家」なんだとか。ただ、所詮はお笑い。どこまでが事実なのか…!? 日本テレビ「行列のできる法律相談所」の企画だった「気の毒な夫No1決定戦」では、第2回のチャンピオンに輝いている。ま、私生活を見たわけじゃないから真実は闇の中ってとこか…。
あとは川合俊一なんかも”ドS”キャラの妻・元女優の中野みゆきに尻を叩かれているとか。
これまで公にしている暴露話もキリがない。
「食事は3日前に予約しないと作ってくれない」
「犬にステーキを出し自分にはカップラーメンなんてこともよくある」
「自分に敬語で話していたのは最初だけで、今は呼び捨て」
などなど嘆くことしきりだ。
いずれにしても、、ここは奥さんが主導権を握って旦那さんはちょっと肩身が狭いけれど、それで家庭がうまくいっていればいいんじゃないか?