Archive for 2月 23rd, 2012

エステも“韓流”…TBCのチャン・グンソクにスリムビューティハウスはキム・ヒョンジュンで対抗!!

木曜日, 2月 23rd, 2012

holiday-・L・・・E・q・・・・・W・・.jpgエステの最大手、スリムビューティハウスはテレビの新CMに韓国の若手俳優で歌手としても人気急上昇中のキム・ヒョンジュン(26)を起用する。エステではTBCが、やはり韓国の俳優、チャン・グンソク(24)を抜擢し業績を上げている。そういったこともあって、スリムビューティハウスも新たな女性顧客獲得を狙うことになったのだろう…。いずれにしても、今春からエステも熾烈な”韓流対決”が展開されそうだ――。
「今年、最もブレイクする韓流スター」として注目されているキム・ヒョンジュンに目をつけたのがスリムビューティハウス。聞くところによれば、同社は東洋医学を基本に最新のエステティック技術を取り入れ「オリエンタルエステ」を提唱しているんだとか。で、今年は「女性を応援するキャンペーン」を展開することになり、そのイメージ・キャラクターとして抜擢したのがキム・ヒョンジュンだったというわけ。
ところで、キム・ヒョンジュンというのは何者なのか?
86年6月6日韓国生まれ。韓国でポップスグループ「SS501」のリーダーとして05年にデビューした。その後、活動に空白期間はあるが、俳優として活動を再開、韓国の人気ドラマ「花より男子」(09)や「イタズラなKiss〜Playful Kiss〜」(10)などに出演し、数々のアワードを受賞。さらに日本でも今年1月25日にシングル「KISS KISS」でソロ・デビュー、今や歌手としても人気急上昇中だという。同曲はオリコン初登場2位にランクされた。既に20万枚を突破するほどのセールスとなっており、今年、最もブレイクするアーティストとして期待されている。
「エステの場合、パーフェクト・ボディの女性タレントを起用するケースが多いが、今回は敢えて男性キャラクターを起用した」
と広告代理店の関係者は言うが、口さがない業界スズメの間からは
「いやいや、何だかんだ言っても、今回のチャン・グンソクの起用は明らかにTBCのグンソクに対抗してものだよ」
と言い切る。
もっとも、スリムビューティハウスはヒョンジュン起用について「新CMは、褒められたいと思う女性をターゲットにしている」からだそうで、15秒と30秒の2パターン制作されたCMは、ヒョンジュンが「キレイですね」「好きになってもいいですか?」と囁くストーリーになっているのだとか。今や、そういったセリフは、日本人の男から言われるよりも韓国の男から言われた方がいいのか?全く、どうなってしまったのか!? この国は!!
しかも、今回のCMは日本人と韓国人の合同チームによって、韓国ソウルで制作したそうで「もっとキレイになりたい」と女性の心をくすぐることをコンセプトに、映画のワンシーンのようなCMに仕上げているそうで、制作関係者は「女心をワシ掴みにする」と豪語しているほどだ。
「CMは全て日本語のセリフで、監督からの演出も日本語で行った。ヒョンジュンは日本語を熱心に勉強していて、通訳を全く通さず自分が納得するまで何度もテイクを重ね周囲を驚かせた」(関係者)
何だかよく分からないが、もはやエステも”韓流ブーム”になることは間違いなさそうである。
因みに、CMは23日から放送されるが、これとは別にウエブでしか見られない限定のコンテンツも公開するというのだが…http://slim.jp/。
いずれにしても、ここは、すでに日本では人気が定着しているグンソクに、ヒョンジュンがどこまで迫れるかが注目される…とでも言っておこう。