何で謝罪するの?宮根誠司の“隠し子”騒動…既に認知しているし子供には罪がないのに…

こういう場合って一体、誰に謝るんだろう…。
日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」やフジテレビ「Mr.サンデー」で司会をやって人気のフリーアナウンサー宮根誠司氏。女性誌に「隠し子がいる」と書かれ大騒動になった。結局、宮根は、隠し子について「全て事実です」と認め「心を新たに皆さまの期待、信頼に少しでも応えられるように一から頑張っていきたい」と、「情報ライブ ミヤネ屋」で謝罪した。
隠し子を報じた6日発売の「女性セブン」によれば、現在32才の飲食店経営女性との間に4歳になる女児がいて「認知もしている」というのだ。宮根は「ずっと黙ってるわけには…」と語っているから、まあ、ある意味で”公表した”とも思える。
いずれにしても、現在の奥さんとは二股で交際していたというわけだが…。しかし、その奥さんにも7ヶ月前に女児が生まれているというから、この少子化の世の中で、何と”子宝”に恵まれていることやら…である。
それにしても、確かに”お騒がせ”ではあるが、そんなことで謝罪の必要はあったのか?だいたい、認知しているんだから、既に責任は取っているわけだ。それでも問題があるとしたら、奥さんとの間だろうが、そんな”隠し子”と言っても、すでに子供は4歳…。認知もしておいて、そんなもの隠してはいられないだろう。
いずれにしても、宮根が謝罪してしまったら、子供が可哀そうだろう。宮根も「子供はどちらも宝ですから、両方ともかわいい」と心境を語っているわけだから、そんな謝罪なんてすべきではなかったんじゃないか。それでも問われるとしたらモラルの問題だろうが、ま、芸人の下半身にモラルを問うても意味がないし、それより生まれてきた子には全く責任はないんだから…。