架空の投資をデッチ上げ40億円以上も私的流用していた元電通の部長が詐欺で特捜部に逮捕されたが…。

東京地検特捜部は、大手広告代理店「電通」の「電通エンタテインメント事業局」企画業務推進部長だった大森章道を詐欺の疑いで逮捕したという。
大森は、平成20年10月29日、電通が扱っていたイベントの制作費を立て替えたら、電通などが出資する「シブヤエンテーテインメントレビュー21共同事業組合(SER21)が手数料5%を上積みして返済すると嘘をついて、知人から約1億5750万円を騙し取った――というもの。
それにしても、この事件、実は【ヘッドロック】では今年2月28日と3月1日に詳しく記述しているのだ。そういった意味では、ようやく逮捕と言ったところだろう。
しかし、今回は約1億5750万円を騙し取ったとしているが、実は、そんなものじゃなかった。
大森は、架空の投資話をデッチ上げ40億円以上ものカネを集め、私的に流用していた。この事件は、電通とテレビ東京が02年に共同で設立し運営していた東京・渋谷区のライブスペース、SHIBUYA BOXXを巡ってのものだった。
当時、取材した電通マンによると、特捜部による大森の内部調査は1年前から行われていたと言う。
「電通の総務局には、検察出身者が何人かいて、その検察出身者が大森を徹底的に調査したようです。ところが、なかなかオチなかったそうです。とにかく内部調査が大変だったと聞いています」
また、電通エンタテインメント事業局の関係者は
「どうやら、会社のパソコンや携帯電話からは証拠となるものが全く出てこなかったようです。そういった意味から大森の私物のパソコンや携帯電話を使っていたと言われていました。そういった意味で言うと、今回の事件と言うのは、大森の出来心というのではなく、最初から狙ってやっていた…。明らかに確信犯だったんです。だいたい、父親が役員を務めていた広告代理店などを2次委託先に指定していたんですから」。
いずれにしても、前出の電通マンは「去年、20億円ぐらいの横領だと聞かされていましたが、それが40億円と聞かされた時は正直驚きました」とタメ息をついていた。
当時、大森は、建設費がかさんで資金繰りが大変だったSHIBUYA BOXXのために始めたとし、集めたカネは施設運営費に回したと言っているが、大森が個人的にBOXXを経営しているわけではないと思うが…。
しかも、大森の横領事件に関しては「暴力団が絡んでいる」との見方をしているムキもあった。
「(特捜部が)捜査をしている中で、入金先など入金経路は全て判明しているようですが、支出については全容がイマイチ判明していないと言われていました。入った金がどこに出ていって、何に使われたのか…その部分での大森の説明に対して、実は捜査が進んでいないと聞いています。そういった意味から暴力団絡みの事件ではないかとも言われていたんです」(関係者)
しかも、この事件を巡っては現在、業務委託先の3社が電通などを相手取って、未払いの委託料など計約46億8700万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こし争われている。
因みにだが、当時の報道では
≪知人が役員を務めていた大阪市のコンサルタント会社など約10社を1次委託先とし、組合や電通などの名義で施設の運営関連業務などを発注。 その際、以前に父親が役員を務めていた広告会社など数社を2次委託先に指定、 1次委託先から2次委託先に作業代金を前渡しする契約を結んだ。 しかし、実際には広告会社などは目的の作業をせず、渡された資金は別の1次委託先への支払いや施設の土地の賃料など主に施設の資金繰りの穴埋めに使われた≫
それにしたって、部長とは言え、一事業局の一部長が40億円を超える巨額の金を集め横領出来るとは凄いことだ。が、結局、何だかんだと言っても判明したのは約1億5750万円ってことなのだろう。
ところで、大森に対して電通は昨年3月、これらの取引を「作業実態がなく、架空だった」として懲戒解雇していた。

僅か8ヶ月で…シティグループがEMIミュージックの売却先を5 社に絞る。10 月21日までに買収候補者に通達!!

洋楽通として知られる高橋裕二さんが自らブログ「洋楽天国」(http://yogakutengoku.blog135.fc2.com/)で「EMIミュージック」の売却・買収について記述している。それによれば、欧米の各紙が一斉に報じているそうで「EMIミュージックのオーナーである米金融最大手のシティグループがレコード部門と音楽出版部門のバラ売りを決めたようだ」としている。何でも、一括売却よりもバラ売り売却の方が高額になるからだとか。シティグループは、今回の「EMIミュージック」について、10月21日迄に売却すると買収候補者に伝えているという。
それにしても、シティーバンクがEMIミュージックを買収したのが今年2月。それから、僅か8ヶ月である…。

報道によると買収の候補者は5社に絞られたという。5社のうち4社は戦略的買収者で1社は投資を目的にした買収者だ。5社は以下の通り。

1.ユニバーサルミュージック(親会社はヴィヴェンディ)
2.ワーナーミュージック(親会社はアクセス・インダストリーズ)
3.ソニー
4.BMGライツ・マネージメント
(投資ファンドKKRとの合弁会社)
5.ロン・パールマン(投資ファンド、マックアンドリュース&フォーブスのオーナー)

ロン・パールマンだけが投資目的。他の4社は今の組織と一緒にして市場で大きなシェアを獲得し、人件費を中心に大幅なコスト・カットを実行し利益を生みたい。ユニバーサルミュージックとワーナーミュージックはレコード部門を買いたいようだ。
ソニーは音楽出版「Sony/ATV」をマイケル・ジャクソンの遺産管理団体と保有し、BMGライツ・マネージメントも音楽出版を持っている。よってこの2社はEMIミュージックの出版部門を買いたい。
ロン・パールマンは買収金額が低かったらEMIミュージックを全部買いたいが、駄目ならレコード部門だけでいいと考えているようだ。EMIミュージックのロジャー・ファクソン最高経営責任者は出来るならまとめて買って欲しいと主張している。
先週ソニーは買収資金をアブダビの投資ファンド「ムバダラ」から調達した。ユニバーサルミュージックは親会社のヴィヴェンディに潤沢な資金があるという。当初買収の可能性が最も高かったアクセス・インダストリーズがここに来てこの案件から降りるかもしれないという。ワーナーミュージック買収に金を使いすぎたのと、EMIミュージックを保有する米金融最大手シティグループの交渉の遅さが原因だそうだ。アクセス・インダストリーズのレン・ブラヴァトニクが1番早くシティグループと交渉していた。
何が何でもEMIミュージックを買収したかったワーナーミュージックのエドガー・ブロンフマンは皮肉にもレン・ブラヴァトニクによって最高経営責任者から会長職に追いやられ今年中にワーナーミュージックを去るようだ。
今年(2011年)のアメリカ・レコード業界の今現在の市場シェアは以下だ。(業界誌ヒッツより)

1位)ソニーミュージック 29.8%
2位)ユニバーサルミュージック 29.3%
3位)ワーナーミュージック 11.9%
4位)EMIミュージック 9.3%

ところでEMIミュージックの出版部門を買いたいのはソニーだが、ソニーが持っている音楽出版「Sony/ATV」はソニーとマイケル・ジャクソンの持ち物で、ソニーミュージックは音楽出版部門とは関係がない。先週関係者の話として新たに浮上したのが、ソニーミュージックがナップスターの創業者ショーン・パーカーをコンサルタントに起用したロン・バークルが率いる投資ファンドのユカイパと組んでEMIミュージックのレコード部門を買収するという話。親会社とバラ売りに参戦するという事だ。

【ヘッドロック関連記事】
音楽には全く興味ないシティグループが英EMIミュージック全株式取得!! 今後はワーナーミュージックに売却も!?http://022.holidayblog.jp/?m=20110202)
ワーナーミュージックのブロンフマン会長は音楽出版会社「ワーナー・チャペル 」売却でEMIミュージック買収を狙っている!?http://022.holidayblog.jp/?m=20110225

68歳のチャスラフスカに「今でも平均台に乗れる!?」…徳光和夫が“五輪の名花”と22年ぶり再会に大興奮!!

1964年(昭和39年)の「東京オリンピック」で、その優美な演技から「体操の名花」「オリンピックの名花」と称えたチェコスロバキアの女子体操選手、ベラ・チャスラフスカが20年ぶりに来日。今回の来日は、東日本大震災の被災地復興支援と「世界体操2011」への出席が目的らしく、愛娘のラドカさんと来日したという。
 そのチャスラフスカが8日午後、東京・有楽町のニッポン放送に、同局の看板番組「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」でパーソナリティーを担当している徳光和夫を訪ねた。

・`・・・X・・・t・X・J・x_032[1]_ed.jpg
チャスラフスカさんと言えば、冒頭で書いた「東京五輪」の体操で3つの金メダルを獲得した。一方の徳光といえば、今年8月に日本テレビ「24時間テレビ」で24時間マラソンにチャレンジして”完走”した実績を持つ。ま、因果関係は全くないが、70歳を迎えた徳光にとっては「それも金メダルぐらいの価値がある」と自負しているに違いない。しかも、間もなく「アナウンサー生活50年」を迎える。そう考えたら、なかなか出来るものじゃないかもしれない…。
余談はともかく、徳光が自らのアナウンサー生活の中で「最もエポックな仕事だった」と言うのは「日本テレビのニュース番組『プラス1』を担当していた1989年(平成2年)に、(チャスラフスカの出身地である)チェコのプラハにあるヴァーツラフ広場でチャスラフスカに逢った事」なんだとか。
チャスラフスカさんは、68年(昭和43年)に「民主化運動(プラハの春)」を支持したことから公職を追放された。その後、社会主義体制が崩壊したことから名誉も回復、「チェコ・日本友好協会」の名誉会長に就任している。
徳光がチェコのプラハに着いた日は、まだ社会主義体制で、その翌日から自由主義になる瞬間だった。その時、約100万人が集まるヴァーツラフ広場の壇上でチャスラフスカにインタビューをしたのだという。
徳光は、当時のチャスラフスカについて「私たちは秘密警察が怖くて、家庭で現政権や国家体制に対しての批判なんてとても出来なかった。ただ、家庭の中で“正義とは一体何なのだろうか”“人間の正しい生き方というのはどういうことか”ということを子供が小さい頃から話し合ってきました。そのことが実を結んで、今、彼らは立ち上がったんだろうか」と涙ながらに語っていたことが印象的だったと振り返っていた。
そのヴァーツラフ広場での“出会い”から22年の歳月が過ぎた。
今回、チャスラフスカも22年前にヴァーツラフ広場で徳光に会った事を鮮明に覚えていたこともあって再会となったようだ。まあ、徳光は今夏、36年ぶりに伝説のプロレスラー、デストロイヤーに再会しているだけに、22年ぶりは大したことがなさそうだが、徳光は大興奮だった。やはり「体操の名花」とか「五輪の名花」と言われ、当時、日本中を沸かした“伝説の体操選手”だからだろうか…。余りにも興奮し過ぎ?たのか、すでに68歳になるチャスラフスカに開口一番「今でも平均台に昇れますか!?」なんて質問を飛ばしていた。
因みに、チャスラフスカのニッポン放送・徳光訪問の模様は、来週15日の「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(毎週土曜日・朝5時〜10時50分)で放送される予定だ。

韓国のチャン・グンソクが“お忍び”で渋谷のライブハウスに駆け付け米ユニット“LMFAO”とシャッフル・ダンス!!

・N3_ed.jpg・N2_ed.jpg・N_ed.jpg

チャン・グンソク、お忍びシャッフル!! 韓国の人気俳優でアーティストとしても活躍中のチャン・グンソクが6日夜、東京・渋谷のライブハウス”DUO”で行われた米ヒップホップ・ユニット”LMFAO(エルエムエフエーオー)”のライブにお忍びで駆け付けた挙句、大胆にもステージに飛び入り出演し、LMFAOと「ショッツ」をシャッフル・パフォーマンスした。
今回は「LMFAOのライブを観たい」というチャン・グンソクの希望が日本で実現した格好だ。裏情報では…。
実は「LMFAOが日本で初のライブをやる」という情報に真っ先に飛びついたのがチャン・グンソクだったようだ。もともと、ファンで「彼らのステージを観たい」と思い続けていたグンソクは今回、LMFAOのライブに合わせて来日のスケジュールを組んだとも言われている。
グンソクは、まずユニバーサル・コリアに確認したようだ。グンソクの要望は、すぐに日本のユニバーサルインターナショナルに届けられ、スケジュール調整されてきた。このためライブ前にはグンソクとLMFAOとの初体面も実現した。
ところで、LMFAOだが、彼らはレッド・フーとスカイ・ブルーからなるヒップホップ・ユニットで、06年に米ロサンゼルスで結成された。しかし、この2人の毛並の良さは半端じゃない!! 何と、米老舗レーベルで、あのスティービー・ワンダーも所属する「モータウン・レコード」の創始者、ベリー・ゴーディ―Jr.の息子(レッド)と孫(ブルー)なのだ。しかも、デビューは、ブラック・アイド・ピースのウィル・アイ・アムのレーベルと契約を結んだ。それだけに、ノリはブラック・アイド・ピースに似ている…。とにかく、ノリは抜群である。
しかも、彼らの”シャッフル・ダンス”は世界的なブームを巻き起こしている。シングル「パーティー・ロック・アンセム」は、米ビルボード誌で6週間連続1位、UKシングル・チャート4週連続1位を獲得。さらにプロモーション・ビデオが観ることの出来るYouTubeは、全世界で2億2800万アクセスを記録するほどとなっている。
そんな彼らのライブ・パフォーマンスだけにチケットは即日完売となり、会場は約800人のファンの熱気に包まれた(日本初公演)。
そんな彼らの記念すべきライブにチャン・グンソクが訪れたわけだが、会場に着くやグンソクはソワソワ。まだかまだかとレッド・フーとスカイ・ブルーを待った。
そして…。リハーサルが終了後、LMFAOがグンソクの元に現れるや、もう大喜び。グンソクは「会えて、本当に嬉しい」と興奮していた。グンソクはLMFAOに「一緒に躍りたい」と訴え、その場でグンソクとLMFAOによる”シャッフル・コラボ”が実現した。
「一緒にシャッフルするのが夢だった」と意気投合。グンソクからは、11月26日に行う自らの東京ドーム公演に「出演してもらえないか」と無理難題も。しかし、さすがにグンソクの誘いであっても都合と言うものがある。LMFAOは「行きたいけど、スケジュールが詰まっていて無理だね」。
しかし、シャッフル・コラボでフレンドリーな関係になったグンソクは「今度、東京に来た時は僕が案内する」と何と東京での案内役まで買って出た。グンソクって、そんなに東京に詳しいの!? と思っていたら、続いて「今度は韓国にも来てほしい。その時は絶対にソウルを案内したい」ともアプローチしていた。
その後、グンソクは当然だが彼らのライブも楽しんだ。しかも、楽しんだばかりか、気分が高揚して、アンコールではステージに飛び入り。彼らのアルバム収録曲「ショッツ」をシャッフルした。突然のサプライズ出演に詰めかけたLMFAOファンも大喜びだった。
それにしても、グンソクがライブを観に来ることは「お忍び」だと聞いていたが、9月30日のツイッターでは、会場こそは書いてなかったが「観に行く」と呟き、今回も会場から呟いていた。また、僕も、ニッポン放送「松本ひでお 情報発見 ココだけ」の「業界・ココだけ ちくリークス」で、会場から様子を喋ってしまった。これじゃ、ぶっちゃけ「お忍び」でも何でもない!?
それにしても、LMFAOのライブ・パフォーマンスは初めて観たが実に素晴らしく見応えがあった…。

夢だった世界進出へ第一歩!? クリスタル・ケイがユニバーサル インターナショナルに移籍!!

・N・・・X・^・・・E・P・C.jpg 今年、デビュー12年目を迎えた女性シンガーのクリスタル・ケイが、エピックレコード・ジャパンからユニバーサルインターナショナルに移籍する。「心機一転、ワールドワイドな音楽活動を展開していきたい」と、どうやら世界進出を視野に入れた移籍のようだ。彼女自身、以前から米国での活動を口にしていた。移籍しての第一弾曲は12月7日に発売される。
クリスタル・ケイと言ったら、米ニューヨーク生まれのアフリカ系アメリカンの父親と、北朝鮮生まれの日系三世のシンガーである母親との間に生まれた異色のシンガー。そういった意味で考えると彼女が、ワールドワイドに活動したいと思う気持ちも当然と言えば当然だろう。
とにかく、育った環境もあったのか、幼少の頃から洋楽に慣れ親しんでいたと言う。特に「ブラック・ミュージックは幼少の頃からもっとも身近な音楽だった」とも。
彼女は、99年7月にシングル「Eternal Memories」でデビューした。当時、まだ13歳(現在は25歳)の少女だったが、そのデビュー曲は、菅野美穂が出演するサントリー「ビタミンウォーター」のテレビCM曲に起用され話題になった。
そのクリスタルがアーティストとして一般的に注目されたのは映画「サトラレ」の主題歌「LOST CHILD」を歌ってから。その後はm-fioとライブなどでコラボするなどで認知度を上げ、02年に出したm-floのTakuがプロデュースした「hard to say」がロングヒットとなった。また、07年に出したアルバム「ALL YOURS」は、オリコンのアルバムチャートで1位にもランクされるなど、実力派アーティストの1人として数えられてきた。
しかし、冒頭でも記したように、彼女は「元々、全米進出を希望していた」。それだけに、全米進出を視野に入れた音楽活動を地道にやってきた。その1つだろうか、5年前の06年2月には、ジャネット・ジャクソンらを手がけ、全米で活躍するプロデューサー・チーム”ジャム&ルイス”をプロデューサーに迎えたダンス・チューン「Kirakuni」(アルバム「Call me Miss…」に収録)などにもチャレンジしている。
そういった夢を抱き続けてきたクリスタルの希望もあって今回、ユニバーサルインターナショナルへの移籍が決まったというのだが…。
ユニバーサルインターナショナルは、レディー・ガガをはじめブラックアイドピース、ボン・ジョヴィ、マライヤ・キャリーなどが所属している。それだけに、クリスタルは「小さい頃から慣れていたり、今でもよく聴いたり尊敬できるアーティストと同じレーベルに所属できて、こんな嬉しいことはない。アーティストとして、これまで以上に飛躍できるように頑張っていきたい」と意欲を見せている。
ユニバーサルでは「これまでは、邦楽アーティストとしての活動がメーンでしたが、今後は、当社のもつネットワークを最大限に生かし、当然、活動の場を海外に広げることも視野に入れている。もちろん海外の大物アーティストとのコラボレーションやジョイントも計画している」と期待を寄せていた。

溝畑宏長官…熱いキスのお礼!?  レディー・ガガに観光庁から「日本の観光の振興、発展に貢献し た」と「観光庁長官表彰」

6月に来日した際に、世界のレディー・ガガから頬にキスされ、キスマークまでつけてもらったことが、よほど嬉しかったに違いない。溝畑宏氏が長官を務める国土交通省の外局「観光庁」はレディー・ガガに「観光庁長官表彰」を贈った。もちろん、理由は「日本の観光の振興、発展に貢献した」こと。
観光庁が実施している「観光庁長官表彰」。これは国際競争力のある魅力ある観光地づくり、外国人に対する日本の魅力の発信など観光の振興、発展に貢献した個人や団体に贈られるものだと言う。
言うまでも泣く、ガガは3月11日の東日本大震災の際は、日本人のアーティストなんかより早くチャリティーに動いた。「日本のために祈りを」と記したチャリティー・ブレスレッドを制作し、自らのツイッターを通して、全世界のモンスター(ファン)に販売、何と3億円余りも集め、震災地へと寄付した。

※日本語で「日本の為に祈りを。」と記したカップでコーラを飲むガガholiday-・K・K・・・・ (1).jpg
また、6月に来日した際は「日本は安全なところ」ということをアピールするために東京中を歩いた。とにかく、ガガと言えば、米経済誌「フォーブス」では「世界で最も影響力のある芸能人」の女性1位にランクされている。東京・六本木の「寿司三昧」や「しゃぶ禅」なんて、ガガが来店しただけで大宣伝になったほどだ。
観光庁も「被災地支援イベントに来日し、世界中の観光客が日本を訪れるよう発信して観光復興に寄与するとともに、チャリティ・リストバンドでも支援に貢献した」が評価している。まあ、当然だろう。
きょう3日、東京・霞ヶ関の観光庁で表彰式が行なわれたが、その冒頭、溝畑観光庁長官は「東日本大震災以降、日本の厳しい状況の中、いち早く心をもって情報を配信し、観光に貢献してくれました」との開会の辞があり、レディー・ガガを表彰した。もちろん、ガガは来なかったが、ガガ本人から感謝のコメントが寄せられた。実に律儀である。
それにしても、ガガを表彰した溝畑宏長官。またまたガガの真似をして、手でガガを表現していた。まあ、ノリがいいって言えばノリがいいだけなのかもしれないが…。
holiday-IMG_3017_ed.jpg

<レディー・ガガから届いた感謝のコメント>
「日本という国を知り、そしてこの国を愛することを大変喜ばしく思います。
日本は国としてのみならず、希望に満ちた心と素敵な人々に満ちたコミュニティーです。
このような強さを目の当たりにすることが出来たことは私にとっても大変光栄なことです。
私は常に私を暖かく迎え、そして勇気の真の意味を教えてくれた日本のためにアーティストとしてのみならず、この地球の一員として引き続き戦い、また支援を行っていきます。
愛を込めて
レディー・ガガ

因みに、ガガの他、福島県いわき市の温泉施設「スパリゾートハワイアンズ」のダンシングチーム「フラガール」にも「観光庁長官表彰」が贈られた。

やっぱり!? 予定通り!? 伝説のロック・バンド“バロック”が7年ぶりに本格的に活動再開へ!!

7年ぐらい前に電撃解散した伝説のロック・バンド”baroque(バロック)”が、本格的に活動を再開することになった。ビジュアル・シーンの歴史を大きく塗り替えたという”バロック”の復活は、ロック・ファンから注目を集めそうだ。
holiday-・o・・・b・N_ed.jpg
“バロック”というバンドは、エイベックスからデビューしたロック・グループ、カニヴァリズムのメンバーで、ベストセラー本「鬱病ロッカー」で話題になった怜、そして圭。さらにboogiemanの晃と万作の4人が01年に結成。03年には全国ツアーを敢行し、ファイナルの東京・渋谷NHKホール公演は僅か5分でチケットを完売するほどの人気となり、その年の夏には東京・日本武道館でワンマンライブも行った。「武道館公演は、01年の結成から2年3ヶ月で史上最速だった」(関係者)。
とにかく「クラブ・ミュージックやヒップホップの要素も取り入れたスタイリッシュなミクスチャー・サウンドは後続のロック・バンドにも大きな影響を与えた」と言われている。しかし、そういった人気だったにも関わらず04年の年末になって突然「baroqueは君たちに預ける」などと、意味不明な言葉だけを残し、東京・江東区のZepp Tokyoでの公演を最後に解散してしまった。
ところが、その解散から7年が経った今年7月17日、神奈川・横浜赤レンガ倉庫野外特設ステージで「お代は結構要りませんから」と、意味不明な1夜限りの”雄叫びライブ”を行った。しかし、そうは言っても伝説のバンド”バロック”の電撃ライブである。当日は全国からロック・ファンが集結。30度を超える炎天下の中、1万人以上が詰めかけた。ライブを仕切ったイベント関係者は「バロックの人気の根強さを再認識した」と驚くほどだった。
しかし、ここにきてついに本格的な再活動が明らかにされた。ま、明らかにされたと言っても、そんなのは計算通りって言っちゃ計算通り。正直言って、みんな「やっぱり…」と思っているに違いない。
そんなわけで、”バロック”の活動再開の第1弾ライブは、来年1月6日に東京・後楽園のTokyo DOME CITY HALLで行なわれるという。当日はもちろんオールスタンディングになる予定で、エキサイティングなライブ・パフォーマンスが繰り広げられそうだ。