千春が…、鳩山(由)、小沢、伊吹、福島、テリー、弘中弁護士…。収監中の鈴木宗男を叱咤激励する会に1000人!!

受託収賄などの罪で実刑判決が確定したことから現在、服役中の前衆院議員で新党大地代表の鈴木宗男氏の「叱咤激励をする会」が21日夜、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ「鳳凰の間」で行われた。
宗男さんの”激励パーティー”と言っても、実際には、新党大地の政治資金パーティー的な要素はあるんだろう。それにしても、台風15号が直撃する中、宗男さん不在にもかかわらず、新党大地の代表世話人である松山千春はもちろんだが、小沢一郎・元民主党代表や鳩山由紀夫元首相、さらには元自民党幹事長の伊吹文明氏、社民党の福島瑞穂党首、国民新党の下地幹郎・政務調査会長、テリー伊藤、弘中惇一郎弁護士、元外務省で作家の佐藤優、民主党の原口一博・元総務相など約1000人が詰めかけた。佐藤さんなどは、ステージで土へ座をし「(出所したら)鈴木宗男さんを助けてやって下さい」と訴える場面も。いずれにしても激励会は盛り上がった。
その中で宗男さんの獄中からのメッセージとして「真実を明かすまで戦いづづけていきたい」。思えば、宗男さんも収監されて1年が経とうとしているが、今や「模範囚」らしく、刑期途中での仮釈放も実現しそうなことも明かされた。と言うのも、すでに国会議員も超党派議員によって仮釈放の嘆願書が集められているとか。その数、150人以上もいるというから、宗男さんって想像以上に人望が高かった!?
 
【主な出席者の挨拶】
■鳩山由紀夫元首相
__.jpg
「本人不在で、今日のような台風のど真ん中の時間帯に、これほどまで大勢の人が集まるとは、こんな政治家は鈴木宗男先生を除いて他にはいないと私は確信しています。今、日本はまさに国難のど真ん中であります。この国難の時に、本来の力を発揮できない政治家がおられることは、この国にとって本当に不幸なことだと思います。もし、鈴木宗男先生が、政権の…、官邸の中におられたら、どんな対応をなされたか考えます。鈴木宗男先生は、『いま政治がない』と心配なされていますが、もし、彼がいたのなら、国民のために一生懸命にやっていたと思うし、頑張って、それこそ力を発揮してくれていたはず。そう思うと残念でなりません。来年を待たずして1日も早く出所されることを待とうではありませんか。北海道に縁がある人間として、北方領土問題を解決したいし、一緒に行動をしたい。国益のためにも鈴木宗男先生の1日でも早い復帰を期待しょうではありませんか」

■社民党・福島瑞穂党首
「宗男さん本人がいないのに、これほどの方々が集まると言うのは、正直言って羨ましい。宗男さんの実力を改めて実感しました。今日は、私も是が非でも出席したいと思っていました。宗男さんは尊敬する政治家の1人です。国会でも頑張って質問をし、それこそ大地に根ざして人々のために泥臭く政治をしていた人だと思っています。宗男さんの政治家としての姿勢には学ぶものが多くありました。今回の震災でも、もし宗男さんなら、どんな活動されたのか…。早く、社会に出られ、人々のために言い活動をしていただきたい。そのためにも、今回は仮出所の嘆願書に署名をさせていたがきました。1日も早く社会に出てこられ、一緒に活動したいと思っています。宗男さんの社会復帰をみんな待っているのよとエールを送りたい」

■自民党・伊吹文明元幹事長
「宗男さんは、本来は我々自民党の盟友だった。鈴木さんと私は同じ、昭和58年に初当選し、以来、ずっと人間としての付き合いをしてきた。党派の違いはあっても、お互い乗り越え、これほどまで仲良くやってこれたのは、辛い時は助け合うと言う原点を持ち続けてきたからだと思う。宗男さんも、今や模範囚だと聞きます。もう、出てきても当たり前だと思うし、私も党派を超え仮釈放にサインをさせていただきました。一回りも二回りも大きくなって、人間味を増した宗男さんに、これからも頑張ってもらいたい」

■テリー伊藤
「僕は、鈴木宗男という男が大好きです。特に、収監されてからの鈴木宗男は大好きです。もし、自分が、彼のような立場だったら、あれほどまでに毅然としていられただろうか…と考えます。収監される2週間前に一緒に食事をしました。ラーメンを食べたんですが、その時に彼は娘さんの手紙を見せ、誇らしげに語っていました。その時に、こんな家族がいるんだと思い、ますます鈴木宗男のことが大好きになりました。あの男は悪いことはしない。本当は、もう出てこなければならない。日本が、こんな状況だからこそ、出てこなければならないと思っている。そして、来年はいい仕事をしてくれるはず」。

■元外務省、作家・佐藤優氏
「前科一犯の佐藤勝です。いま、全世界は帝国化しています。そういった中、日本は大震災によって弱い国になっている。この弱くなった状況の中で、あらゆる国からつけ込まれている。それが現実です。そういった中で彼は、間もなく出てくると思うけど、しかし、5年間は公民権が停止されるんです。その間に、もし鈴木さんが政治活動をしたりしたら、それこそ何を言われるか分からない。だが、それでは困るんです。ぜひ、その時は、みなさん、鈴木さんを助けて下さい。(土へ座をする)とにかく、みなさんの助けがないと、彼は今後、政治活動が出来ないんです。鈴木宗男というのは、ヘソの緒がついている時から政治家なんです。ですから、政治家として全うさせ、そして死なせてやって欲しい」。

■弘中惇一郎弁護士
「宗男さんからは真相が明らかになるまで、最後までやって欲しいと言われています。宗男さんの場合、刑事事件としては運が悪かった。村木さんの無罪判決が出る寸前に最高裁は上告を棄却してしまった。多分、そうでなければつじつまが合わなくなってしまうと最高裁も判断したのだろう。今、検察は完全に自信を喪失してしまっている。かつて、特捜事件というのは無罪はなかったものだが、今は、次々に実証が明らかにされる。大阪では検察と元検察が、どっちが悪いかと大論争なんかを繰り広げているほどだ。10月、私は検察から講義に来てくれと呼ばれている。若い検察官のために講義をして、教育して欲しいと言われているんです。ですから、私は冤罪事件の構造について語ろうと思っている。今回の宗男さんの事件については、必ず真相を明かしたいと思っているし、それによって再審に繋げていきたい。これが、これから政治活動を続けていく宗男さんのためだと思っている」。

■「新党大地」代表世話人・松山千春
___ed.jpg「今まで、何人もの人が語ってくれましたが、鈴木宗男という男は、そういう男です。悪いことは出来ません。ま、ちょっとはしたかもしれませんが…。しかし、3月11日の大震災、原発事故、そして今回の台風による被害に対して、宗男さんだったら迅速に動いていただろうと…つくづく思います。小沢一郎さんがいますが、正直言って、大物で立派な政治家が出てこなくなった。しかし、それは、あなた方にも責任があるんですよ。とにかくマスコミと一緒になってアラ探しばかりしている。大臣になったからって、アラばかり探って批判していたら何も出来ないだろう。多少、女にチョッカイ出そうが、領収書が多少間違っていようがいいじゃないかって。誰にだって多少の間違いはあるだろうし、寛容さがあってもいいんじゃないかって。だいたい、小沢さんの一件だって、検察が2回も証拠がなく起訴を見送っているんだから、本来なら、それでいいじゃないかって。それなのに検察審査会では強制起訴。こんなことばかりやっていたら、政治活動なんて出来なくなってしまう。そ
れにしても、鈴木宗男さんに関しては、一番被害を受けているのはオレですよ。本来なら歌っていればいいはずなのに…。デビューした当時なんて、コカ・コーラかなんかのCMにまで出て,爽やかな男だったんですよ、オレは…。それが、宗男さんが隣に来たばっかりに…。しかし、いろいろな方々と、こうして巡り合うことが出来たことは、大きな宝だし、誇りだと思っています」。

■小沢一郎・元民主党代表
__.jpg
「どんな厳しい状況の中でも、自分の信念を曲げることなく不撓(ふとう)不屈の精神で正義と真実を求めて敢然と戦う人物に私は政治生活の中で2人出会った。1人は政治家としての師である田中角栄元首相。そしてもう1人は鈴木宗男元議員でした。鈴木先生に対しては、心から尊敬と敬意を示している1人です。そういった意味で1日も早く政治家として復帰して頂きたいと願うばかりです」。