テレ朝「サンデー・フロントライン」終了で小宮悦子が御役御免!! 後釜に古館プロの長野智子!?

“悦ちゃん”こと小宮悦子の後釜は長野智子!?
小宮が司会を務めるテレビ朝日系「サンデー・フロントライン」が9月いっぱいで終了し、後番組には、やはりフリーキャスターの長野智子を起用した新しい報道情報番組がスタートすると言う。
それにしても、これも“若返り”って言っちゃ若返りかもしれないが、やはり、裏街道で囁かれたAPF通信社代表の山路徹との“不倫騒動”もビミョーに影響していたりなんかして…。いずれにしても、小宮にとっては唯一のレギュラー番組だっただけに、番組がなくなるのは痛手であることは間違いない。
しかし、キャスターとして、それなりにプライドのある小宮である。番組がなくなることより、「何で、あの子が…?」なんて、自分の後釜が長野智子っていうのも納得できないかもしれない。
しかし、今回、小宮の降板というのは、何もギャラが高いと言うことの理由でもなさそうで、単に「御役御免」と言った感じのよう。言い方を変えれば「リストラ」ってところだろうか?ま、政界も徐々にだが若返っている。古狸――ジジ転がしだけの悦ちゃんは、もはや御用済みって話だろう。だいたい、局内から「反対」の声もなかったというのも寂しい限り。これも時代の流れか?
もちろん、後釜の長野智子だって「選ばれた」ってことでもない。
「『サンデー・フロントライン』の後番組に誰を起用するのか、局内でも問題になったようですね。一時は、田原総一朗や鳥越俊太郎の再登板なんて声も上がったといいます。しかし、田原も鳥越も『それはないだろう…』と言うことになった。要は、このテの番組は人材難なんですよ。結局、悩んだ挙句、消去法で長野智子になったようですね」(業界通)。
もっとも、長野と言えば、所属事務所は古舘伊知郎の「古館プロジェクト」。その古館が「情報ステーション」のキャスターを務めていることも大きい。それに、長野は、フジテレビのアナウンサーを辞めた後、00年に鳥越と共に「ザ・スクープ」を担当して以来、テレビ朝日の専属アナのようになっている。現在は、「サンデー・フロントライン」の後に放送中の「サンデースクランブル」の司会を務めている他、毎月一度の「激論!朝まで生テレビ」でも司会を担当している。
10月からは、長野は「サタデースクランブル」を降板し、下平さやかアナにバトンタッチする。
長野は、上智大学に在学中だった82年に文化放送の深夜番組「ミスDJリクエストパレード」に抜擢され、川島なお美や向井亜紀、斎藤慶子、松本伊代、飯島真理、千倉真理なんかと並んで人気になった。85年にフジテレビに入局、90年に結婚を機に同局を退社した。来年50歳を迎える。